実は、家を出るときも未だ「信楽起点柘植甲賀周回」「瀬田起点ミホミュージアム鑑賞周回」で迷うてました。結局はミホミュージアムが勝って、瀬田ーR422ーR307ーミホミュージアムー栗東ー瀬田の周回で行くことにしました。結論が出たら事前に調べてあった24時間700円のコインPに停めます。

 Pではいつもみたいにコーヒーを飲みます。今日は急に寒なったんでガスは低温対策のイソブタン95%を用意しました。これ以上寒い日はホエーブスを使います。

瀬田の唐橋から左岸を走って南郷洗堰

e0359590_22184275.jpg

を渡って右岸を走ります。南郷洗堰手前では「南郷水産センター」の前を通過します。子供が小さいときによう来ました。鯉やらのつかみ取り、錦鯉への餌やり、漁具の展示、低い観覧車とかがあります。その向かいは淀川工事事務所で南郷洗堰の仕組み、湖南アルプスの植林と治水、世界の豪雨体験があります、世界最高クラスの豪雨では傘なんか全く役にたたんのが解ります。ここから右岸を立木観音まで走ってR422は左折します。南郷と信楽の標高差を考えると当然なんですが結構登らされます。その上に拡幅された時に改修もされてるんで、自動車には走りやすいでしょうけど自力で走る者には下った後の登り返しがしんどいです。途中にチョットは長い富川トンネルがありますが、今日はライトを忘れたんで旧道を走りました。カーブの続く川沿いの1.5車線です。甲賀市信楽に入ると途端に茶畑

e0359590_22112567.jpg

が出てきます。さすがにお茶で有名な朝宮です。集落に入ったら国道をそれて県道を畑の集落経由でミホミュージアムを目指します。最初は植林された山でしたが途中から茶畑になります。畑の集落に登り切ると神慈秀明会の学校があったりと教団用地の大きさが解ります。川沿いに下りきって県道の田代集落に出ると、変則十字路の反対側へ渡ってミホミュージアムへ行きます。ただ、午前中でこの最後の登りが一番キツかったです。自転車を指定地に停めて中に入るとすごい人です。それもすごい欧米人率です。入場料はJAFの会員証で300円引きの900円でした。チケットを買うてトンネルと橋で展示棟に近づきます。ヴィトンの2018発表会をここで開催した理由がトンネルと橋のセットやったらしいです。ただ、ここまで招待客を運ぶ配車で京都の某M○タクシーは準備が大変やったそうです。

 
 「百の手すさび(もものてすさび)」
 
e0359590_16374648.jpg

 さて、今日のミホミュージアムの目的は「茶杓」の展示「百の手すさび(もものてすさび)」です。お道具一式、掛け物、お釜だけ、茶碗の展示はありますが、茶杓に限定した展示は少ないようです。私も「茶杓」が主な展示は見たことは無いです。それが今日は古くは利休さんから、新しいのは昭和50年代の数寄者までの自分で削った「茶杓」が並びます。そのほかには茶杓の構造と名称やら制作工程やらの解説があります。400年前の利休の茶杓が残ってますけど、昔はお茶会一度限りの消耗品やったんで記念品(?)に持って帰る方が居られたんでしょう。とりあえず、これでもかの茶杓らしいのとか、深雪用ポンツーンみたいな幅の広いの他「もうチョットまともに削れよ!」までありました。新作では谷崎潤一郎さんやら松園さんのがきれいな形でした。同時に関連展示もあって、小林一三さん所蔵のベネティアンガラスの菓子鉢がきれいです。


 ついでに通常展示も見ましたけど知ってる展示品が多かったです。その展示棟からの神殿(携帯のオマケなんで・・・。)

e0359590_19500137.jpg

ついでにI.M.ペイさん設計の建物他の写真です。まず天井、

e0359590_19022656.jpg

です。ルーブルのピラミッドと雰囲気が似てます。で、次が橋とトンネル、

e0359590_19460327.jpg

トンネルとトラス、

e0359590_19450321.jpg

トンネルの中からの展示棟、

e0359590_19453317.jpg

です。見終わったらエントランス棟の前のテーブルで自前の昼食を食べて帰りました。

 ここからは60kmを越えた走行距離にしようと金勝の山を越えて栗東経由で帰ります。こっち経由の目的のもう一つは大河原の交差点から栗東へ抜けるエグい坂を登って実力を見ることと、その後の劇下りでディスクブレーキを試すことです。結果は1枚残して押さずに登れて、ディスクブレーキもさすがに効きました。栗東へ下りた所が中央競馬会栗東トレーニングセンター(通称・栗東トレセン)です。当然のように銀行までが「栗東トレセン前支店」

e0359590_22345249.jpg

です。栗東でR1に出て瀬田まで走ります。途中旧東海道の通る旧草津川(通称・天井川)

e0359590_22345236.jpg

はGoogleの写真のように完全になくなってました。何年か前に来たときが私にとっては「最後の草津川」やったようです。写真を写した後は瀬田まで自分なりに疾走するつもりが、R1と京滋バイパスの分岐点で自転車が走って通過できる雰囲気でなくなってしまいました。ではと、なんとか地下のバイパス合流道路と歩道走行でR1に戻りました。ここからは日曜の午後のあんまり速くない自動車と並んで走りました。

 瀬田のコインPでは残ったパンでコーヒーを飲んで予定通りの「24時間分の700円」を払うて帰りました。速い人やったら自走も出来ますし、駅の近所やったらm輪行が当然です。けど、まだ今は輪行で傷をつけたくはないのと、汽車に乗っても往復640円なんで手間と乗ってからの顰蹙を考えると今回は車載で快適でした。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-25 20:35 | 自転車 | Comments(0)

 京都新聞では昨日から真木和さんについての記事が紙面をとってます。今日は、ヤマダ電機の森川監督と京都陸協谷口理事の言葉も載ってます。

 京都国体前に縁あって西京極陸上競技場で速報の印刷をお手伝いするようになりました。私が真木さんを知ったのは、京都国体のお手伝いをきっかけに私の居た会社が高校・女子両駅伝の区間記録と総合記録表の印刷外のお手伝いをしたころです。その時期は藤田監督が居られたワコールの全盛期で、駅伝監督もされた京都チームが優勝するのが当然でした。記録をコピーしててもテレビの中継もゴール(メインスタンド下で仕事をしてると、役徳でゴールが見られます。)にも興味は湧きませんでした。理由は当然、京都の優勝が当たり前で1位で走って優勝のゴールテープは見飽きてました。アンカーの真木さんに1位で襷が渡ると「もう今年も優勝や!」と思いました。
 その頃、私は登山での体力維持に早朝の愛宕山トレーニングをしてました。その往復中に2度やったか会いしました。どなたかからお聞きした平均所要時間は真木さんは25分、藤田監督は50分と記憶してます。(参考に、私は65分が平均値で最短時間は58分でした。)

 その後引退されて、たまに解説をされたり、歴代の記録が出たときにお名前を見るだけでした。乳がんやったそうですが、私が駅伝に興味を持つようになった真木和さんのお名前は忘れへんでしょう。

e0359590_10190489.jpg

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-25 10:16 | スポーツ | Comments(0)

 私はJAFに入ってます。あえて言うと、「未だに入ってるんか?」て言われます。

 さて、未だにJAFに年間4,000円も納入してる理由は?

1.ロードサービス
 はい、自動車保険にももれなく付いてきます。ですが、この10年ほどでもらい事故と脱輪で、2回保険屋さんにレッカーお願いしてます。その時に電話の受付の方に「JAFには入ってられますか?入ってられたら、当社の提携会社とJAFとの早く到着する業者を手配します。」て言われます。
 確率だけですが、二重の安全を期待できそうです。 

2.会員割引
 博物館・温泉は10-20%安いです。今日行った「ミホミュージアム」では1200円が900円でした。道の駅によっては買い物が5%安いです。他にも値引きを期待できます。私はこれで年間2000円は稼いでます。
 他に会報(JAFMate)にも、なか卯小うどんタダ、吉野家牛丼50円引き、ファミレス10%引きとかが付いてきます。

3.知識
 交通安全他の知識が得られます。

 最終は個人毎の価値観次第ですが・・・。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-21 21:40 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 今日はミヤタロードでタイトルのコースを走りました。ミヤタロードはスプロケットが7速と昔のロードですが、クロスしてるんで平地メインでは使いやすいです。

 まずは「流れ橋(正式名称・上津屋橋)」まで走ります。距離が短く快適な道を考えた結論が、新油小路ー洛南道路ー京都南道路です。私の家からは川端通りを下がって久世橋通りから新油小路に入ると直線です。高速の側道なんで最初は危険かと思いましたけど、実際走ってみると路側帯

e0359590_18040721.jpg

が広いんで原付にはともかく大型車にはそれほど顰蹙では無いと思いますし、交差点は直進と左折が分離して巻き込みの危険も少なそうで想像以上に走りやすいです。さて、心配してたんが宇治川の橋の上ですが、車道から橋の歩道に上がれるようになってました。宇治川の上は景色もいいし、家から15km走って来たんもあって休憩しました。さすがに360度見えますが、方向によっては送電線が邪魔  

e0359590_18101791.jpg

です。欄干

e0359590_19273002.jpg

は簡単に越えられそうなほど低く、その上に縦に入った柵が細いので走ると透けて川が見えるんで極度の高度恐怖症の人は渡らへん方がいいです。この橋を越えてからは左折用の側道があって巻き込みにさえ注意したら、今日のコース全線に言えますが他の道と比較してアホチャリが走ってないだけ安全でした。木津川の手前の佐山交差点を左折して土手に上がると「流れ橋」はすぐそこでテレビ番組水戸黄門の1シーンみたいに見えました。

 橋

e0359590_18164311.jpg

まで来たら早速渡ります。以前「探偵ナイトスクープ」で、流れ橋の板の数を数えるていうのがありました。視聴者と探偵が何度か往復して数えますが、何度数えても数が違うのを面白く放送してました。流れ橋では付属施設?の「四季彩館」でローソンの豆大福と自販機の茶を買うてゆっくり休憩しました。ここで入ってたメールを見ると、時刻によっては行こうとしてた吉祥院にある知人経営の喫茶店のオレンジからの「休日の今日も今から開店します。お待ちしてます!」ていうメールです。ではと、「今、流れ橋。昼飯に行くつもりやし。」と返事を送りました。

 終わったらサイクリングロードを八幡市経由で吉祥院まで走ります。さすが文字どおりサイクリングロードは自転車が多いです。レースに出るようなロード(衣装も含めて!)、買いたてのクロス、ヒラヒラのオネーチャン、MTB、地元人の電動自転車他です。それが皆さんキープレフトで走るのには関心しました。橋の下をくぐる以外は坂らしい坂が無いのでミヤタで来たんは正解でした。それと土手の上は見晴らしがいいので、ムチャクチャ小さい愛宕山

e0359590_22061240.jpg

が見えます。

 八幡の駅近くまで来たついでに「飛行神社へ」寄り道しました。やっぱり道路に面したF104のエンジン

e0359590_18234673.jpg

が主張してます。鳥居をくぐると次は大阪湾で引き上げられた零戦のエンジン

e0359590_18234746.jpg

です。次は絵馬の鑑賞で、いつものように「CAさんに採用されますように。」「JALに就職できますように。」「自分のグループ全員がパイロットになれますように。」ていうさすがの絵馬が並びます。お供えを見てみますと、朝日航洋、航空自衛隊OB、大阪航空局、中日本航空他が並びます。「奉納してないから、事故が・・・。」とは思いたくはありませんが、あの西ではない?邦航空?は見た範囲ではありませんでした。

 その木津川の対岸の三川合流点にはタワーが立ってます。知ってはいますが始めて登ってみました。360度見えます。高いので朝の宇治川の橋より見えます。例えば男山

e0359590_22253593.jpg

天王山

e0359590_22263555.jpg

北山

e0359590_22270519.jpg

ていうように見えます。タワーから下りて食事目的の吉祥院へと走ります。八幡までは土手の上でしたが、ここからはすぐ下に家が並んでて特別な道の感覚がありません。途中の河川敷に大きい石があって横に文化財の解説みたいな立て札があります。下りて読んでみると「若狭の地震の後で二条城の補修をした残りの石・・・。(拡大して貼り付けてます。)」

e0359590_21193500.jpg

らしいです。久世橋をくぐってから自転車道を下りてご飯を食べに行きました。その直前の愛宕山

e0359590_22331399.jpg

です。だいぶんと大きいなってきました。

 吉祥院の喫茶店では目玉焼きのせのドライカレーを食べて、コーヒーを飲んで、週刊現代読んで、ビッグコミックを見てゆっくりしました。この後は当然帰るだけです。頭痛の予感が無いので、天神川ー御池ー堀川経由でトムスへ寄りました。目的は、パッド付ライナー、26インチ1.95のシングルトラックのタイヤです。今日は優先順位からパッド付ライナーだけ買うて帰りました。

 *余談です。*
 「最近26インチのタイヤが少ないです。その上に2.05以上の幅が多いので、昔のクロカン用のフレームには入りません。なんとか数品種探せたので来月買います。」

 結局は50.4km走りました。今年の夏は暑つかったですし、秋になったら雨が降るしで、久しぶりの50kmでした。翌朝も頭痛は出てませんし正解でした。と喜んでましたら、足に軽い筋肉痛が出てます。それとまた膀胱炎の兆候です。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-09 22:48 | 自転車 | Comments(0)

 今日は耳鼻の治療に石川医院に行きました。
 で、それだけではもったいない(?)ので、東山ドライブウエイを遠回りして走ってきました。医院は岡崎なんでその後東大路を五条通まで、駐車場へ行く観光の車輌やら、タクシーやら、搬入車輌を避けながら五条まで下がります。この東山五条の交差点からバイパスのトンネルまでのルートはいろいろあって、最短は五条バイパス、安全策は1本南の道の馬町交差点経由、裏技では清水寺の境内通過とか道はあります。今日は安全策の馬町経由で行きました。坂を上り始めた所の路地の入口に道標(南面・西面を合成。)

e0359590_22483928.jpg

がありました。もともとここにあったのか、東大路拡幅時に移動させたのかは不明ですが、向きがおかしいように思いました。さすがに馬町で通学の女子大生が歩いてます。途中には清水焼きの元産地だけあって府の「陶工高等技術専門校」

e0359590_22533105.jpg

がありました。バイパスに出たら草だらけの歩道を押してドライブウエイへの道を行きます。この道は京都中央斎場への道を兼ねてるんで、ベンツ他の特装車(?)が数台のハイヤーを引き連れて走ります。参考に東山ドライブウエイは一応「二輪通行禁止」ですが自転車は走行可能です。先日の台風で木

e0359590_22321188.jpg

が倒れてます。結構簡単に疲れずに阿含宗の三叉路に着きます。ここで子連れの狸が居ましたが、子は東の斜面に親は西の倒木の中に逃げました。ここから左折してチョット走ったら将軍塚の駐車場で、今日も観光バスが停まってます。無線以外でここへ来るのは久しぶりなんで京都市内

e0359590_17454282.jpg

を見てみますと、台風は接近してますがまァぁまァ霞んでますが見えてます。ここでも木が倒れてて

e0359590_14212144.jpg

市の言い訳(ですけど、予算と人員に対して倒れた木が多いんでしょう。)

e0359590_14205090.jpg

が貼ってあります。見たらこれ以上ここに用事も無いので帰ります。

 蹴上へ下りて南禅寺から北へ出たH高校には大学合格実績

e0359590_22561155.jpg

が貼ってありました。結構いい大学に合格しとります。

 この後は銀閣寺前の交差点を通過して、「まさか、大文字焼き屋さんは開いているか?」と、確認しましたがやっぱり閉まってました。この後はイズミヤで昼食のおかずを買うて帰りました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-06 18:08 | 自転車 | Comments(0)

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 実際は28日間で5回(5.6日に1回)でした。今月は台風21号で出ました。それも沖縄近海と種子島近海の通過中に計2回出ました。特記事項として「お茶のお教室」が終わった途端に出ました。他の2回は特定できません。

 もし3回で済んでたら「ミグシス2錠/日!」て言えるんですけど・・・。


『今日の診察の特記事項』
 「アルバイト3日では少ない。もっと仕事したらいいのに。」と、「体重は増えてないか?」の2点を主治医から言われました。それより頭痛日誌を忘れたんで言いましたら、『ここの診察で一番大事なもんを忘れんといて・・・!』て言われました。


『今日の診察後の食事』
 今日は1600の診察やったんでどこへも行ってません。


『今日の診察のついで』
 今日はミヤタロードで行きました。薬局へ行って帰りかけると1700なんで、ライトを点滅で点灯させようと取付けかけて「しもた!」と思いました。ライトのブラケットをGiantのロードに取付けたんを忘れてたんです。どうせ必要なんでトムスクラフトへ行って買いました。当然のようにその場で取付けて、点灯させて帰りました。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-05 18:55 | 頭痛 | Comments(2)