人気ブログランキング |

糞害に憤慨!

「糞害に憤慨」
 
 とは、家の近所の高野川沿いの家の塀に貼ってある注意書きです。

 の忘れ物は汚いから持って帰る気は起こらへんのは理解できます。けど、けどですね、飼い主やない者、ましてや犬を飼うてない者(飼う気の無い者。)には汚い以前です。どうか回収をお願いします。公共の道路やら、公園ぐらい下を見ずに歩きたいです。

 それに、飼い犬の忘れ物を回収してる方にも言いたいです。あなたにとっては持ってて当然の物体でしょうが、犬を飼うてない者には汚い以前です。他人の横を通過するときには犬を連れてる手に持って、犬も忘れ物も他人に近づけんといてください。それに最終の処理も責任を持って欲しいです。町内の行事で掃除をしてると疎水やら生垣に袋に入った忘れ物が入ってます。みんなで「最近の犬は行儀えェなァ。忘れもん袋に入ってるわ。」て言うてます。

 ついでに、犬の処分の話題がテレビやらに出ます。確かにかわいそうですが・・・。

by ashita-doko-doko | 2017-08-29 13:27 | 日記・その他 | Comments(0)

 「片頭痛は何年付き合うても理解できまへん。私の家内の方がよほど理解しやすいです。」

 何日か前から十薬(他に重薬・ジュウヤクの表現もあります。)を飲んでます。排便も2日間開いてもちゃんといいのが出ます。その間約1週間片頭痛は出ませんでした。ではと安心して「鶏冠山・竜王山ハイキング」に行きました。登山口の駐車場ではいいウ○コも出ました。ところが2日連続の片頭痛です。

 「これはやっぱり効き目が無いのか??」と思いましたが、5日間の間出てません。昨日26日の炎天の一条戻橋の散歩へ行った後も出てません。

 一応は十薬が効いてるようなんで当分続けてみます。

 「ご注意:飲まれる方はご自分で調査後に、ご自分の決定でお飲みください。」

by ashita-doko-doko | 2017-08-27 15:39 | 頭痛 | Comments(0)

 ちょっとは涼しいなったんで散歩に出ました。予定は所要時間を考えて「下総町ー建勲神社ー船岡山ー大徳寺ー下総町」のつもりで、キセル(所要時間と距離によって自転車で短縮。)で下総町まで自転車で行きます。

 前から知ってましたが疎水分線を利用して遊歩道が出来てまして一度通ってみようと来てみました。入り口は草がボーボー

e0359590_13410809.jpg

に生えてます。けど、中に入ると疎水分線を道が橋で渡ってきれいな遊歩道

e0359590_13410778.jpg

です。が、次の交差点つまり公園の切れ目で行き止まりでした。かというて、戻るようないい人でない私は柵を越えて交差点へ出ました。遊歩道としては通り抜けがいいんでしょうけど、「横断歩道のない所に出た。安全管理は?」ていうクレーム?対策にはこの方がマシなんでしょう。もう行く気が無いんで見てませんけど、次の入り口にはなんや「通り抜けは出来ません。」ていう注意事項が書いてありました。

 堀川紫明の交差点まで来たら船岡山へ行くより一条戻橋へ行って、式神?がほんまに居るかどうかを見たい衝動に駆られました。それで、堀川通りを南へ両千家の本部前、西陣病院も通過して、今出川を越えます。元誓願寺通りを下がったところから犬の忘れ物(?)を避けながら遊歩道へ降ります。戻橋公園を過ぎると階段を降りて「一条戻橋」

e0359590_13410705.jpg

の下をくぐりました。式神は見ていただいたとおりです。次の橋は「中立売通橋」

e0359590_13410969.jpg

です。見たとおりの石のアーチ橋で、京都の公儀橋で現存最古らしいです。今もそうやと思いますが車輌の通る道も石のままです。ここには鉄道遺産があります。京都市電旧北野線の橋脚

e0359590_13410645.jpg

です。さすがの明治28年開業の鉄道です。橋脚はレンガ積みです。中立売通りを西から来た電車はこの橋を渡って東堀川を南へ行きました。ここからは旧電電旧公社旧西陣局の前から小川通りと帰りました。

 予定の建勲神社はまた行きます。

by ashita-doko-doko | 2017-08-27 15:11 | 日記・その他 | Comments(0)

 ちょっとずつは動いたり登ったりせんとじーさんに一直線なんで、元の体に戻そうと干支の山鶏冠山に行ってきました。11月まで待ったら駐車料が0円になりますが、何年か前の午年の「鞍馬山」みたいにやっと行く気になったら今年残りが3日?ではせわしないです。

 上桐生のキャンプ場の駐車料500円を払ろて出やすそうな場所に駐車しました。まずはウ○コを済ませてコーヒーを飲んでゆっくりしながら靴を履き替えます。ではと、予定どおりからまずは鶏冠山方面への林道を行きました。落ヶ滝への道に入ると谷沿いに行きます。谷沿いなんで何度も谷

e0359590_22525945.jpg

を渡ります。岩の上はヌメルかと思いましたが風化した花崗岩主体の岩盤は滑りません。簡単な岩場

e0359590_22530072.jpg

も出てきますが簡単に越えていきます。途中で落ヶ滝

e0359590_22530116.jpg

へ寄り道します。すぐ下まで飛び石やら浅いところを歩いて行きます。
 また元の道に戻って上っていきます。この山では3段のこんな段差

e0359590_22530237.jpg

でも丁寧に石を積んで、昔から砂防への努力が見られます。
 尾根に上がるところに5cmほどの木が倒れて道をふさいでました。またいでは行けへん高さやったんでくぐりましたが当然ザックが当たります。休憩してると後から来たオッチャンが「1年ほどあのままや。くぐりも越えもできひん。誰か切ってくれへんか。」て言うので、見に行くと完全に根は腐って、隣の木の根が邪魔してるだけです。その根から逃がすと簡単に排除できました。オッチャンに感謝されました。「一日一善!」て言うときました。    
 そんなこんなの後、鞍部から鶏冠山へ登っていきますが地図で読んでるより斜面はきついです。偽ピークの後で登り切りましたが、実はこの辺からだんだんしんどいのです。

 せっかく重いのにFT-690Ⅱを持ってきたんでCQを出しますが、カラCQに終わりました。最近はCQを出してもあんまり呼んでもらえません。和泉市からCQを出してられたんでお声がけをさせてもらいました。この1局です。ここにも山ラン某局の足跡

e0359590_22530417.jpg

があります。この人とは何度も交信してますし、一度はたまたまお互いが山岳移動運用で会うたことがあります。

 CQを出しながらの食事も終わったんで竜王山向けて風化した花崗岩の道を進んでいきます。だいぶんと手前から天狗岩

e0359590_22530406.jpg

に人が登ってるのが見えてます。そこまで見えてるぐらいの日差しで日陰が無い上にさっきからしんどいので頭が心配です。天狗岩は手前から左を巻きます。巻き道は源頭を跨ぎます。風化した花崗岩の山で針葉樹の植林の組み合わせなんで、水は不足しているはずなんですが。風化花崗岩と岩盤の間に水蓄えてるのか。稜線の直下でも水が湧いてます。せっかくなんで空身で途中まで登ります。比叡山・比良・北山も見えます。取り合えず竜王山へ行けたら行こと進みます。けど磨崖仏への下山ポイントで下山することにしました。

 磨崖仏

e0359590_13382154.jpg

は2回目です。(この左にも彫ってありますが写真は無しです。)線は残ってますが彫られた頃と比較すると風化が進んでるんでしょう。ここからは河原みたいな道を下ります。
 やっと林道へ着くとさすがにいい道のはずが、途中から河原未満の状態になりました。それでもたまには元林道の証明のこんな標識

e0359590_13382238.jpg

があって元は林道であることが解ります。途中の水晶谷道の合流点付近からいい舗装路になって、高速下を通過したら逆さ観音(実際は観音さんやないらしい)

e0359590_13382240.jpg

の四阿で休んだ先でキャンプ場に近づいてヨハネス・デ・レーケさんの像(このお方の頭にヘルメットをかぶせたお方が居ます。)

e0359590_21472914.jpg

のある潜水橋まで帰ってくると、子供が水を掛け合うて遊んでます。別に濡れて困る衣装?も着てませんがいい気分はしません。

 今日は疲れました。最近は頭痛が出やへんようにと警戒して動いてないので余裕が全くありません。せめて、もうちょっと涼しい季節に動き始めます。駐車場でコーヒーを飲みながら車輌内で倒れてから文化ゾーンーR1ー浜大津ー山中越えで帰りました。

by ashita-doko-doko | 2017-08-25 08:52 | 登山 | Comments(0)

皆さん好き好きなんで、何も書きません。

自分でお考えください。

by ashita-doko-doko | 2017-08-25 08:41 | 日記・その他 | Comments(0)

広島のマジックがまた無くなった!!

阪神よ最後まであきらめるな!!

by ashita-doko-doko | 2017-08-25 08:30 | 日記・その他 | Comments(0)


 「当局のマイクロフォンの構成」
 当局では、TS-590用(自作2SC1815スタンドマイク)、FT-690Ⅱ、FT-790Ⅱ用(付属品計2個)使用してます。スタンドマイクは常置場所の運用と、まじめに移動運用するときに使います。FTのマイクの1個は移動用品の箱に自作K/Y変換ケーブル(「その1:経過」参照)をつないで用意しておいてTS-590で使用し、FT-690Ⅱ、FT-790Ⅱでリニアをつけて運用するときは変換ケーブルを経由させずに使用しています。
 FTのマイクもう1個は、山岳移動用に山用のミレーのザックに入れてます。これでまず忘れ物はありません。
 が、無いのでは忘れ物が心配です。 


 「さて、結末です。 」

 ではと、ダイナミックマイクのユニットを探す過程で「ハンドマイクの中身をECM化するのは・・・?」と検索すると、JF4CAD局の「八重洲製マイクのECM化」 を見つけたんで現時点で一番確実で安い方法の「中身のECM化」の試作に決定しました。がこのマイクには+電流が来てません。網線を入れても5本です。


「さて、構想だけで終わりかな・・・。 これで再起不能やったら後悔が残る!」

 ところなんですが、実は当局は「UP/DWN」をあんまり使いませんので、この内の「UP」の赤線(微妙な響き?)に+電流を流すことにしました。つまり、マイクの中での心臓のバイパス手術(?)を思いついたんです。

「作業内容は次の4点」

1.マイクコネクタ①の赤線を②に半田付けし直して+電流をマイクに引き込む。
2.マイク内部の赤線(微妙な響き?)をカットし延長。
3.ダイナミックマイクを取り払いECM、3.3kΩ、10μF電解コンを取付け。
4.「UP/DWN」のキーを誤使用防止に取り払う。(この有無によりECM/ダイナミックの識別可能。)

 復活したんで早速使います。FT-690Ⅱのメーターを見ますと変調は十分そうで、「8」と交信してみましたら、「低音がきれいに出ています。回り込みはありません。」ていうレポートを頂きました.

 感謝、JF4CAD局。

by ashita-doko-doko | 2017-08-23 21:52 | アマチュア無線 | Comments(0)

 悪のスパイラル3点!

1.私の頭痛
 まずは個人的な話から。何度も書いてますが、私は「片頭痛患者」です。月に平均値で7.3回出ます。ということは5日に1回は確実に出ます。ではと、出やへんようにハイキングは行きたいけどあんまりいきません。けど行きたいですし、軽い運動から初めて出にくい体にせんとあきません。その挟まれた感情がたまりにたまると大文字山か南禅寺の裏山へ散歩のつもりで行きますが、トレランの練習を見ると思わず私も走って当然頭痛で倒れます。すると行く回数が減ります。それでも行くとまた苦しみます。

2.アパレル業界
 いまアパレル業界がしんどいらしいです。何年か前と比較するとスカートの販売単価は約60%に落ちてるそうです。その週刊誌の記事によると「ユニクロの価格が基準になった。」「ファッションへの出費は他の用途に使いたい。」「インスタが原因(私には解らん。)」が理由のようです。紳士服も省エネでほぼ5-9月はスーツを着やへん事やら、スーツを着なくてもいい就労体系があるなどの理由で売り上げが落ちてるようです。
 けど、私なんかのファッションに全く興味が無い者が見たら、流行という名の下に存在価値の無意味な変化を押しつけて、売れ残る前(流行が終わるまで)にバーゲンで在庫を一掃。というような商法が何十年も継続できるはずがないです。古い話ですが紳士用のスーツまでが、買うた瞬間からくたびれてるソフトスーツとか、3タックとか、三つボタン四つボタンとか、一時しのぎの訳の解らん変化を売るなて言いたいです。それと、いろんな職場はありますが、取引先に会う機会がある人はスーツを会社に置いて相手に会わせて着替えるマナーを持つべきです。

3.日本酒
 現役の頃酒(日本酒)が好きていいますと、「鼻に来るにおいが嫌。」「飲み屋の雰囲気が嫌。」「翌日しんどい。」て言われました。つまり利益率を上げようしたのか、安酒を売って裾野を広げようとしたのかの被害者らです。で、その結果が日本酒から人が離れる原因や無かったんでしょうか。学生の頃からお酒大(1.8合で800円?)で酔うことだけが存在価値の酒を、社会人になっても飲むていうのもおかしいです。社会人になったら、管理職になった時のことを考えていい物をいいマナーで頂く練習をすべきです。酒造会社もそういう文化を創るべきです。(今でもやってるんでしょうか、古今烏丸で酒バーてやってましたがいい催しと思います。)
 京都市には「京都市清酒の普及の促進に関する条例(お酒で乾杯条例)」が有ります。この条文に「まともなランクのお酒」とか「1本3000円以上」とか「吟醸」とか入れて欲しいです。しょうも無いランクで乾杯したらかえって恥です。

by ashita-doko-doko | 2017-08-20 16:56 | 日記・その他 | Comments(0)

 昨日MKタクシーの白タク(??)を見つけました。

 湖南アルプスからの帰りに山中越え(府道下鴨大津線)を走りました。この道は浜大津と競艇場の間を避けると、R1経由での山科の長距離渋滞も南禅寺の無意味な渋滞も無いんで楽です。

 その山中越えで、前のアルファードが特別速くも無いですが無駄な減速もせずにロスの無いコースを走ります。あるコーナーで離合の減速時に見るとMKタクシーのハートマークが付いてるんで、「延暦寺かどっかのドライバーを派遣してるリース車かも?」という結論で家へ帰りました。

 で、家へ帰ってから業界人の子供に「・・・なんやけど・・・?」て言いますと「右上にピンクのマークが無かった?ワールドカップ特別仕様プレートやけど、自家用と事業用の区別が無いねん。」やそうです。

 それにしても事業用ナンバーとの識別が不可能ていうのもいかがなものかと思いますけど。

e0359590_09204868.jpg


by ashita-doko-doko | 2017-08-20 10:06 | 日記・その他 | Comments(0)

 今年も京都護国神社へ参拝しました。


 とは書きますが、昨日天気予報で雨なんで今日にしたんですが、結局は夕方まで雨は降りませんでした。まずは三条京阪の駐輪場へ走ります。ロック機?の番号は業界人には解る番号


e0359590_20030456.jpg


でした。(ロックをせずにおいたんですが、帰ってくるとロックされてました。)


 今日は花見小路から東大路の白川の橋へ出て山門(写真は内側から)


e0359590_20031131.jpg


をくぐってキッツい階段を登ります。今日も集会堂(今は御影堂が修理中。)へ上がってお十念の後、今年は阿弥陀堂へも参拝に行きました。蓮の池


e0359590_20032382.jpg

を通って最後に鐘楼へ行きました。(比較物が無いので写真は撮ってません。)    


 ここで、護国神社へ行くのに鐘楼の裏から円山公園の奥に出られそうな道をMapionで探してありました。行ってみるとやっぱり道路へ出られました。この吉水弁財天堂


e0359590_20032234.jpg


の所です。ここから円山公園と大谷祖廟の間を下っていきます。この付近、大谷祖廟のお墓詣り、観光客、人力車は見られますが歩きにくいほどでは無かったです。


 京都護国神社は鳥居の後のきつい坂の上です。今日も参拝をし、祈念碑の碑文を読みます。先日、NHKでインパール作戦の特集番組が有りましたが、京都から行かれた部隊の石碑もありました。大砲・馬のすべて、隊員の多くを失われたそうです。310万人の戦没者の多くが民間人・餓死・病死は異常です。図書館で借りた本の受け売りですが戦死者より戦病死(餓死?)の方が多かったそうです。ただ、残念なことがあって、来年からは参拝時に注意が必要と思いました。

 ここでの残念なことです。神社の方やと思いますが私の参拝中に前を横切りよったんです。以前、橿原神宮での参拝時にで神職の方が拝殿前を掃除をされてました。私が待ってると掃除を止められたんで参拝させていただきました。その私の参拝中御神体に頭を下げてられました。

 神武天皇戦没者の御柱の優先順位を、あえて知りたくはありませんが、常識としていかがなものかと思います。


 参拝後は坂を西へ下って(サガルんではなしにクダリます。)縁切りで有名な「安井金比羅宮」へ行きました。神社の周りにはこういう施設


e0359590_20032233.jpg


が有って、こういう休憩施設で悪縁を育てては、ここの神社で縁切りをして新しい縁をもらい、またそれが悪縁になったらを繰り返されるようで世の中の無常を感じます。(自分でもなんのこっちゃ解りませんけど・・・。)今日も絵馬の鑑賞?をしますが、さすがに最近は怖いんで写真は無しです。


今日の怖い絵馬シリーズ。(多少は編集してます。実際は○○は実名です。)

「ブラック企業を退職して、新しい会社と良縁を。(○○男)」

「私は・・・、子持ちの年上としか知り合えない私からなんとか脱却を・・・。(○○男)」

「関ジャニ∞のチケットが買えますように・・・。(○○女)」

「娘○○を、夫○○と別れさせてください。(○○女)」

「○○さんが奥さんと別れて、私とずっと結ばれますように。(○○女)」


ていうのがありました。「ブラック企業・・・。」なんかは時代を表してますし、関ジャニのチケットはそれほど欲しいという事にしときます。他はさすがに安井金毘羅宮やと納得します。


 最後に、先日からの壊れたあのマイクのパーツを買いにマルツへ行って三条京阪で自転車を回収して、田中でパンを買うて帰りました。


by ashita-doko-doko | 2017-08-17 10:00 | 日記・その他 | Comments(0)