人気ブログランキング |

新QSLカード完成!

 今、新しいQSLカードを当たり前の「オノウエ印刷」に発注してます。最近は無料で校正ができるんで安心です。実は、写真説明の記入ミスを修正テープで消したはずが残ってて「」と編集され、無料校正でなかったらそのまま仕上がってしまうとこでした。


e0359590_10100177.jpg
 
 写真を探したり写しに行ったりしてましたが、結局今は亡きSA315B Lamaにしました。ちょっとでも山に関わった者としては記憶にも残したいですし、実はここのブログが検索されるのは「JA9193(このヘリ)」「ヤマダニ」「ホエーブス725」が多いんですわ。いまだに「Lama好き」は多いようです。


 参考に今使用中のカード用の「しらせ2・舞鶴市」です。


e0359590_10100162.jpg


by ashita-doko-doko | 2016-09-24 20:00 | アマチュア無線 | Comments(0)

 魚津市から静岡市までの415kmを8日間(?)で歩く(走る?)競技大会(?)です。「?」を3回も入れてますが、それほど普通の人間には存在が不明な競技ですが、ある意味人間は鍛えたらここまでの行動ができるという証明になります。ある人は毎日10kmを走り、ある人は会社を辞めて低酸素で坂を登る練習をしたり、ある人は18kgを担いでのフルマラソンを3時間06分で走ってギネスていう人もいます。


 私が1日で1.5日分歩いても頭痛が無かった頃には、速さは安全登山の一方法と考えてました。確かに特に危険な場所ではゆっくり確実にが要求されるでしょうが、同時にそんな地域には長くとどまらないことも重要です。ほかには2日間分/日を歩けたら天候の急変にも対応が早いです。結局は、登山を「楽しむ」には「速い」の要素も必要やと思います。


 今回一番素晴らしいと思えたんが岩崎勉さんのゴールでした。2012の時は南アルプスで道を間違えてリタイアでしたが、それでも私のレースは終わってませんと1日遅れでゴールされました。それが今年は完走です。仕事まで辞めて参加された甲斐がありました。


by ashita-doko-doko | 2016-09-24 17:58 | 登山 | Comments(0)

 MFJ-4416Bの落札には失敗しましたが。「https://www.amazon.co.jp/gp/product/B019GY2YHM/ref=od_aui_detailpages00?ie=UTF8&psc=1」(10/10現在在庫0です。最終ロットの在庫処分と思われます。)
なるパッチモンを見つけ昨夜発注し家から振り込みました。同商品で検索をするとノイズも少ない?とか結構いい評価を受けてるようです。


「上面」


e0359590_10095968.jpg


「下面」


e0359590_10100099.jpg


のようにかなり小さいです。ここにいろんな回路とターミナルを付けるとMFJ-4416Bの大きさになるんでしょうね。裏は完全に固めてあって入出力ケーブルの修理は不可能です。内部断線防止にもターミナル2回路と電圧計を付けたカタチのケースを一体にして固定した方が安心です。到着後に仮接続してテストしてみました。出力電圧を計測するとスペックどおりの13.8Vあって、電流最大の21Mhzで送信時に15A流れても約13.5Vを維持します。入力電圧は受信時の12.5Vが送信時には12.0Vに下がりました。ノイズは7Mhzでは気になりません。問題は11Vに下がるまでに何局と交信できるかです。


「Sep.12.2016」
 電圧が11Vまで下がったらLEDが点灯する回路を作成しました。回路はJG3ADQ局のHPから頂いて、簡易プリント基板を作成しました。とは書きますが、久しぶりのプリント基板の半田付けで、それもこの数年目の老化が激しいので簡単ではないですわ。2SC1740を熱で逝かれさせたかと自覚したころに完成しました。ただ定数がNi−MH専用の9Vなんでバッテリー電圧との差を考えて3.9kΩの抵抗を挿入し修正してます。


e0359590_10100029.jpg


「Sep.19.2016」
 以前作ったバッテリー電圧計を内蔵しました。結果、中が混んで


e0359590_10100071.jpg


ますが接続するとまともに動いてます。次は完成したユニットの写真です。


e0359590_10100124.jpg


 『Oct.10.2016』
 
移動運用で約2時間半使用しました。使用後の電圧は待機中待ち受け11.5Vで、送信中10.5Vでした。電圧表示は簡易電圧計の方が経過が見えるので、当分電圧計を使います。


 それより、最近何も作らずしゃべるだけの「アマチュア無線士(士でない)」に堕落(?)して半田付け他の技能が落ちてるのと、加齢による視力の低下で予想通りの完成度ではありません。特にLEDの点灯の不安定さはコテでTrをあぶりすぎたのかも知れません。


 「Sep.24.2018追記」

 同じAmazonで同商品(?)が他ルートで出品されてます。入手希望の方はお調べください。


by ashita-doko-doko | 2016-09-19 08:33 | アマチュア無線 | Comments(0)

 今回2日目はただ走っただけなんで「Vol.1鳥取砂丘まで。」と「Vol.2湯村温泉と帰り。」の2部に分割しました。。


 1600台に到着して部屋へ行きますと化粧部屋まである広い部屋ですが、喫煙経験者の私(やめて30年!!)でも恐れ入る煙草臭(ある種の休憩施設のあの臭気!)です。これには家内が切れて「あまりに臭気がひどいんで部屋替えて!!!」て電話を(私が)して替えていただきました。狭いですが丁度の狭さで落ち着くし6Fになって景色はいいしで替えてもろて良かったです。
 落ち着いたら荒湯へ散歩です。荒湯の付近の石の上は温泉で熱いほどです。ここでゆっくりと足湯


e0359590_10095835.jpg


を楽しみました。「夢千代の像」より目についたんは川沿いにある手形とサインの金属板です。たとえば「あの有名な御存じ島田紳助さん」


e0359590_10095911.jpg


「ミスタータイガース掛布雅之氏」


e0359590_10095997.jpg


「中国は広島生まれゼンジー北京さん」


e0359590_10095957.jpg


らの皆さんがおられます。(人選は独断と偏見満載です。)その散歩への通路ですがPから道路へ出ず、山沿いに屋根付きの廊下があって別館に入って道路へ出られました。その途中には道路へ出る通路もあります。本館・別館で全く廊下などの雰囲気が違うので、元は別の旅館やったんかもしれません。
 けど、「その頃私はみんなで宴会場に居ました。トイレぐらいは行きましたが。」て言うて、この通路から出て殺人をやって戻って来れるて言うネタで「ナンチャラ殺人事件」をやったら面白いて思いました。


 部屋に戻ったら晩ご飯に備えて温泉です。浴室に入ると温泉臭がしましたが、ちょっと慣れると塩素臭が気になります。食事は「♪温泉7*00円・・・。」やからと思う内容のバイキングでした。ここには露天風呂もあるんですが93段の階段を登ります。


 さて16日朝です。0600になったとたんに93段の階段を登って露天風呂へ行きました。1人で入る露天風呂は快適です。朝食もバイキングですが朝の方が変化があって面白かったです。特に自分で焼く鰯はおいしかったです。燃料2個で10匹焼いて私は内6匹を食べました。


 さて帰りですが、初めは「三田のアウトレットへ行こうか?」て言うてましたが、子供が明日は仕事なんで、「それより道の駅でなんか見ながら早よ帰ろ。」て言う事になって、私の「餘部の新旧の橋見て出石(いずし)蕎麦食べて・・・。」の提案は却下されました。問題は経路で、この付近は京都からある意味僻地でバイパスと中国道を使うと多少は速いですが、距離も伸びるし通行料を払うほどは速くもないです。それより温泉の前をR9が通ってるんで、せっかくのR9を福知山へ走りました。
 この後は、ループ橋を走って、ようか「道の駅但馬蔵」でお土産買うて、福知山で一応昼食食べて、和知ICから高速に入って、丹波PAで仮眠して、晩のおかずを買うて帰りました。



 例の問題で今回のチェックアウト時には「昨日は申し訳ございませんでした。」て、言うていただきましたが、「いえ、こちらこそ素早い対応で感謝してます。」て返事しました。
 ただ、今回で思いましたが某湯〇リゾートのチェーンの「♪温泉7*00円・・・。」を年中統一価格「♪温泉8800円?」に値上げして設備を考え直されたらいかがでしょうか?安い宿泊費はうれしいですが、部屋のテーブルの角は削れてるし、襖の取っては無いし、他いろいろはいかがなものかと思います。


by ashita-doko-doko | 2016-09-17 12:13 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 今回2日目はただ走っただけなんで「Vol.1鳥取砂丘まで。」と「Vol.2湯村温泉と帰り。」の2部に分割しました。


 途中でなか卯?でも行くつもりで南ICまで走りましたが・・・。ゆうべから家内は胃が不快らしいので、7・11でおにぎりとパンを買うて、私が走ってる間に2人はおにぎりを食べて、西宮名塩SAでトイレへ行ってドライバー交代後に私がメンチカツサンドを食べました。が、メンチカツは電子レンジで暖めるべきやったんと、そもそもマヨネーズがこれでもかほど塗ってあって垂れそうで車輌内で食べるべき食品ではありませんでした。そんなしながら佐用JCから鳥取へ高速かバイパスか存在価値の不明な道路を走ります。そういう道を走って「道の駅清流茶屋かわはら」へ着きました。さすがに梨がたくさんあります。残念ながら行きしなからかさばるのもなんなんで、トイレとラクダのきてぃちゃんだけで帰りました。昼食を食べてから「鳥取砂丘」に行きます。お土産を買うかどうかは別にして無料看板の駐車場に停めて道路を渡ると当たり前の「鳥取砂丘」


e0359590_10095612.jpg


です。家内と上の子供は初めてで、「ほんまに砂漠(?)や!」て感激してます。ここでは有料でラクダに乗れますし、有料でラクダの写真も撮れます。たかがラクダで金掛かるのも嫌なんで、この距離


e0359590_10095761.jpg


で撮りました。入り口から1.5kmほど歩いて海のそばまで行きます。数日前の雨で砂は多少は固まってるんで歩きやすいですが、映画モロッコの解説「ハイヒール脱いで外人部隊を追いかけますね。サヨナラ、サヨナラ。」を思い出すような砂漠です。やっと日本海が見える丘の上に来たんで「海まで行こか?」てけしかけますが、「下った後登る気力無いわ。」て言うのでやめて戻ります。戻りしなの窪地に水がしみ込んで消えていくんで


e0359590_10095892.jpg


さかのぼっていくと15cmほどの幅の流れ


e0359590_10095833.jpg


になって、もっと行くと源流


e0359590_10095815.jpg


がありました。帰りにもラクダが見えますが風向きが変わったんかラクダ臭がします。2人はサンドミュージアムへ行きましたが私は執着が無いんでJAF会員証だけ貸して自前のコーヒーでゆっくりしました。


 この後は「新・旧餘部鉄橋見に行こう。あの高さと旧橋梁の鉄骨感激するで!」て誘いましたが、それより湯村温泉でゆっくりしたいらしいので直行しました。


 続きは、Vol.2「湯村温泉と帰り。」です。


by ashita-doko-doko | 2016-09-17 01:19 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 例の装置?のパーツと半田付け作業のヘルパー台を買いにマルツへ行きました。バス代もP代ももったいないので自転車で行きました。けど、自転車で行きにくい地域です。自動車は突っ込んでくるし、アホチャリは逆走はするし、一旦停止はしやへんし、一帯が自転車通行禁止やし。


 そんなこんなで麩屋町通りを御池通りまで戻って来たら南西角が「柊家」です。よォ見ると鬼門の角


e0359590_10095613.jpg


が切ってある上に立ちショ〇除けの鳥居がありました。


 この後二条から寺町を上がって食事に河原町丸太町の「パクチー」に行きました。パクチーて言うぐらいでタイ料理屋さんです。ホンマやと思いますがタイ王国商務省認証?のタイ料理屋さんらしいです。今日はビジネスランチ


e0359590_10095693.jpg


にしました。左手前がサラダ、その右がグリーンカレー、その間奥が辛いパクチーのスープ、右がメインのガパオライスでから揚げが2個ついて、タピオカ入り?ココナツミルクのデザートが付いて、790円でした。


 食べた後は鴨川の遊歩道を帰りますが、久邇荘裏で撮影をしてました。また家元?か病院?の関係者の殺人事件?が起るようです。科捜研か、「またお前かーー!」か、葬儀屋さんか、誰かが解決させるんでしょう。


by ashita-doko-doko | 2016-09-14 17:46 | 日記・その他 | Comments(0)

 まず「長野ネタ」です。
 学校登山の話が出てました。私がバイトを経験した白馬岳にも毎年来てたと思います。番組に写ってた蝶ヶ岳やら木曽駒よりは時間だけでは簡単ではないでしょうか。雪渓ていう異次元?も経験できますし。ただですね、記憶だけですが、生徒は登山した後でもうるさいか倒れて飯に来やへんかやし、先生は「早よ朝飯食わせ!バスに間に合わん。」て言うし。ガイドは「酒を出さんと白〇館に言うぞ!」て言うし。
 それはまァいいですけど。あの涼しい地域には住みたいです。この後の京都の暑さネタ関連で夜に寝られるだけでも京都よりよっぽどええとこやと思います。(信濃の国も多少は歌えるし。)
 参考にそばネタの時の『ずら』の使い方は間違いです。『ずら』は基本的に質問時に「これ、美味ェずらァ?」ていうように使います。


 「京都ネタ」
 ほんまに暑いです。特に「今年の京都の暑さ」は格別?でした。7年ほど前倉庫勤務の時に片道16kmの自転車通勤した後で、エアコン無しの倉庫業務してました。が、毎年7月末に熱中症?でゲー吐いて中断して、9月中旬涼しなってから再開してました。昨年の「知恩寺暁天講座」で天気ネタが出てましたが、昼間の平均気温は京都が最高で、夜間の平均気温は大阪が最高らしいです。つまり、大阪に住んで京都に努めてる人は最悪の日常生活ていう話が出てました。
 それと、鴨川の川床ですが、現実はあんなとこで食べるよりエアコンの入ったお店で食べた方が涼しいです。それに裏の話をすると、雨が降った時を考えて中の席も同数あけてあるようです。つまり同等品を食べるんやったら部屋オンリーのお店の方が安いです。(夢も情緒も無い話ですが。)


by ashita-doko-doko | 2016-09-12 09:31 | 日記・その他 | Comments(0)

「不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 今日も行ってきました。


 だいたい4週間ごとに「頭痛の診察」に行ってます。私は10錠/4週間でしたが今年の8月は皆さん多かったようで、「この日も、この日もいろんな人が出たて言うてはる。」て台風の接近の度の発生を指摘された上に、「頭痛が出るのん解っててワインを飲むか?」て呆れられました。


 今回は自転車で行って、歴史資料館と中央図書館とトムスとエディオンに寄り道しましたが出てません。こういう真夏でない炎天はマシなようです。 


今日の診察の特記事項
1.台風は直近を通過するより奄美付近(近似距離)通過中が出やすい。
2.2件以上の要因を重複させない。「低気圧接近中の激しい運動」「雨の直前の酒」「炎天下の酒」等。
3.片頭痛頓服(マクサルト等)で一旦収まってからの頭痛は他の要因を考える。鎮痛剤(ロキソニン等)ではその時に感じてないだけでまだ片頭痛は継続中。







by ashita-doko-doko | 2016-09-11 08:16 | 頭痛 | Comments(0)

 今日は有給の消化で休みました。ではと、当日休みの家族で「宮津魚定食と綾部温泉(実は?)日帰りの旅」に行きました。


 まずは最初の目的地宮津市に走ります。とは書きますが数日前からウ〇コがちゃんと出やへん上に、腹は張ってもなんも出やへんという苦痛でPAごとにトイレで苦しみました。宮津に着いてから食堂の開店までの時間調整で宮津駅に行きます。そこに「海の京都」のパンフレットがあって「伊根の舟屋を見たいけど、伊根へ行っても温泉あるか?」て言うんで、「国道で舞鶴まで走っても土日以外は護衛艦も見学不可やし、綾部温泉入って帰るだけよりえェんちゃうか。」という事で「伝建地区伊根の舟屋を見学して、大内峠から天橋立を見て、大宮の温泉に入ろうか。」に計画が変わりました。ところで、ウ〇コは宮津駅で出て、一応は苦痛だけは無くなりました。そんなことをしてる間に開店時刻になったんで第一の目的地である駅前の「富田屋(とんだや)」


e0359590_10095207.jpg


に食事に行きました。以前仕事で来てた頃は1200頃に入っても座れましたが、最近は仕事以外にネットで見た観光の人も来て、外にお客さんが並ぶほど混んでます。私らも他のほとんどの人も刺身定食を食べてましたが、焼き魚定食も美味しい干物で捨てがたいです。


 さて、食べた後は道の駅に寄った後で、宮津駅であっさりと決まった「伝建地区伊根」へ走ります。すぐに天橋立駅を通過し消防署と日本冶金の交差点を右折して旧岩滝町を過ぎて籠神社まで来ると右は海です。伊根では「伊根湾めぐり遊覧船」に乗ることにしましたが、乗船時刻まで散歩して途中の舟屋


e0359590_10095391.jpg


を覗くと海が見えます。家の並んでるのを見ようと近所の「八坂神社」の拝殿に登ってみました。海沿いに集落


e0359590_10095313.jpg


が続いてます。帰りしなに見ると拝殿横に波の彫刻


e0359590_10095300.jpg


がありました。この神社の祭礼には装飾した屋台船が出て「海の祇園祭」て言われてます。以前のNHK朝ドラ「ええにょぼ」はここが舞台です。乗船場に戻ると団体客用の臨時便が出るそうで乗りました。船に乗って2Fに上がると手摺にカモメ


e0359590_10095358.jpg


がエサを待ってます。乗船場のお店と船内でカッパえびせんを売ってます。船で湾内を回ってる間に写真


e0359590_10095413.jpg


e0359590_10095417.jpg


を撮りましたが携帯のおまけのカメラではこんなもんです。船を降りたら道の駅でみりん干(伊根産の地物)を買うて温泉目指して走ります。他の2人が天橋立見たいて言うので行ってる間に籠神社


e0359590_10095447.jpg


へ参拝しました。バスも停まってますし結構の人出で平日とは思えません。ここで天の橋立の股覗で有名なポイントまで行けますが、タダでいいポイントまで行けるんで与謝野町役場前で右折して何とか離合ができる道を大内峠へ行きます。ここは真横からの天の橋立


e0359590_10095452.jpg


を「一の字」みたいに見られます。前回8年ほど前に自転車で丹後半島一周をした時の思い出深い(その時は嫌な当社社員にストーカーされてひどい目に会うて、その上にパンクして駐車場でチューブラーの張り替えをしました。)場所です。見た後はもう一つ峠を越えて大宮温泉へ行きました。平日で空いててゆっくりできましたし、ここには「足つぼウォーク」ていうのがあって、ただ石が生えてるコンクリートの道ですが入浴中で当然裸足なんで痛いです。出てからのアイス最中も美味しかったですし、夜に入ると露天風呂からの峰山町と大宮町の質素な夜景?はきれいです。


 これで全行程終わりで与謝天橋立ICから高速?に入ります。トイレへ行くのに京丹波PAに行きましたが、ここは「道の駅丹波味夢の里」と一緒になって広い上に、営業時間が2100までです。八つ橋他の京都のお土産も、クロイ電機?ワインも、美山牛乳も、芦生なめこも、竹中のオイルサーディンも、丹後の干物も、焼鯖寿司も、各地のバラ寿司も、護衛艦の手ぬぐいも、みょうこうのチョコレートも、大江の鬼饅頭


e0359590_10095534.jpg


も、ご当地きてぃも、丹波黒豆のパンも、道の駅なんで野菜も売ってます。今度ここを起点にロードバイクで走ってみたい衝動に駆られました。
 けど、心配なんがR9とR27の分岐点の「やまがた屋」の存在です。一般国道を走る車輌はこれからも使うでしょうが、丹後半島まで行く旅行者がわざわざ一般国道を走らへんでしょうし。


 この後は宇多野のビッグボーイで夕食後帰りました。


by ashita-doko-doko | 2016-09-03 00:18 | 京都観光 | Comments(0)