山と渓谷7月号の付録のDVDに「レスキュー篠原明彦の軌跡」が入ってます。山岳遭難のレスキューの先駆けとして超有名な方で、レスキューは1700回以上、救助は2000人以上て言われてる方でした。(と、書きますが詳細は検索してください。)
 亡くなれて、民間会社によるヘリでのレスキューも実質終わってしまいました。


  それと、もう一つおまけがあります。当然なんですが東邦カラーのラマが何度も映ります。パイロットの方のお話も出てきます。


  ラマの記録と記憶を私なりに残すためにも今月の山渓を買いました。


e0359590_10093891.jpg
 




[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-25 08:39 | 登山 | Comments(0)

まだ千本日活があった。

  頭痛の通院の帰りに、 「マリヤ」ていう喫茶店のおぜんざいを食べたいていう衝動に駆られて探してる途中に、千本通りの裏を走って「千本日活」の前を通りました。まだ営業をしてたんかと驚きました。


  昔からHな映画専門やったと思います。ご近所には「千中ミュージック」ていうミュージック?のお店もありました。それ以前は水上勉さんの小説「五番町夕霧楼」にも出てくる遊郭があったそうです。


  肝心の、「マリヤ」ですが場所が思い出せません。父が笹屋町に努めてた時代なんで思い出せんで当然なんですが。


e0359590_10093809.jpg


(参考に、それらしい場所には黒塗りが入ってました。)


 ところで、DXな某ミュージック?のお店ではカラーコピーを舞台に置いて、お客さんに魚拓みたいなコピーを配ってた(売ってた?)て聞いてます。コピーのメーカーは言えません。記憶は棺おけに持って行きます。(ちょっと、大げさでした?)


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-19 10:05 | 京都観光 | Comments(0)

「京都人は褒めてて、裏ではけなしてる。」


「京都人の言葉は逆の意味!!」


「一見さんお断りて偉そう!!」


て、言われてますけど、「シチュエーションを考えたんか??」て思います。


 何か月か前の「ケンミンショー」で、「ピアノお上手ですね。」の意味を聞くて言うのがありました。私はシチュエーションも考えんと無茶な質問やなァと思いました。例えば、ピアノを弾きだすと隣の家が窓を閉めたとか、ピアノの練習を始めた時期から愛想が悪いとかの前兆があって、「ピアノお上手ですね。」て言われて、褒められてるはずがないやんて気が付きませんか。
 もう一つは本音を言わないて言われますが、本音の付き合いもしてない相手に正確なことを言うはずが無いですやん。そんなんとか、初めて食べに行ったお店で次いつ来るかわからんお店で、「また来ようか。」て言われた時には本音の評価を言うより場の雰囲気を維持する方が得策でしょう。なんかに誘われても、「えェなァ、そらおおきに。」で済ませられたら気が無いてわかってほしいです。行く気が有ったら最低でも「・・・の時期は忙しいから、・・・頃にして。何時ごろから始める?」ぐらいは合わせるはずです。「行けたら行くわ。」て問題外です。最終は、行けへんし行かへんかっただけですし。
 それを「本音を言わない!!」て、よそではいい人ばっかりが住んではるんでしょうね。


 もう一つ、「一見さんお断り」ですが、例えばお茶屋の支払いは完全後払いです。(もっと言うと、もてなした側が、呼ばれた側を待たせて決済するのは無粋!)帰りのハイヤーも、二次会のクラブ代も、舞妓さんへのお土産も、全部お茶屋の立替です。そんなん一見に貸せるわけが無いんです。それに業界での競争相手とか、仲がいいかどうかも考えて部屋を決めるのに、一見さんにはどの部屋に入っていただいたらいいかが不明ですし。


 状況も、裏も考えんとけなすのは簡単ですが、勉強してもっとマシな評価をしてほしいです。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-12 10:16 | 京都観光 | Comments(2)

   奈良の皆さん、リニア新幹線の奈良ルートが決定したようでおめでとうございます。大仏様も、首を長くしてた鹿さんも、私の嫌いなせんとくんもさぞお喜びでしょう。知事の努力と、最短距離の大義名分の効果に対して、京都人の1人としてお喜び申し上げます。


   まだ二十年もあります。入りやすいお食事処も、夜7時でも買えるお土産屋さんも、増えた観光客が泊まれるホテル(参考に、今は46位!)も、ほかの都市並みの安いバス(参考に、橿原神宮石舞台間26分間今は370円!)も、きっと整備できるでしょう。期待してます。私がまだ生きてたらぜひ見に行きたいです。


   京都のみなさん、産業・学術・観光で世界に勝つ努力を維持し続けましょう。その時には京都人全員で声高らかに言いましょう。
 
「そうどすか。リニアてそんな速よおすか。まァ、一見さんには速よ来れたほうがよろしおすやろねェ。けど、そんなん無かったかていろんな国の皆さんに来てもろてますけどー・・・。へェ、おおきに。」



[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-10 08:31 | 京都観光 | Comments(0)

   「北海道男児保護」で終わっていいんかいなと、思います。見つかってよかったですし、けがもしてなかったし、水も飲んでたし、たまたま見つけてもらえたし、自衛官自前のコンビニおにぎりも食べたし・・・。
   まァ、よかったとしょうか。けど、もう一度考えましょう!「男児は帰り道を探して、その施設にたどり着いたのか?」と、「行方不明やなしに、家へ帰れへんから施設に居たんと違うか?」の二点についてですわ。


   ひょっとして、子供ながらに、「ここまでされたら、帰った時にもっと怒られるはずや。」と考えて、歩いてるうちに宿泊施設を見つけて、「やっぱり帰れへんし、もうちょっとここに居よう。」と、考えての結果やったら教育問題ですやん。育児放棄とか、子育てでどこに質問しようとか、母子(父子)家庭での教育費とかの問題と一緒に考えるきっかけになった事件やと思います。この事件で山岳遭難についての解説がされてる新聞やらテレビのニュースがありますが、教育関係・心理学関係の先生の問題やと思います。


   最後に、「自衛官自前のコンビニおにぎりを食べた。」て記事がありますが、演習の準備で行くときの昼食て部隊から出やへんのですね。初めて知りました。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-05 10:09 | ニュース・芸能 | Comments(0)