人気ブログランキング |

 私はほとんど見てませんが、家族が見てる24時間テレビを見てて思いました。


 今年の24時間テレビの標準語は「関西語」やったんですね。関ジャニ・城島L他関西度が高かったです。


 そやから、ニュアンスがよう通じました。


by ashita-doko-doko | 2014-08-31 21:53 | 日記・その他 | Comments(0)

 6月1日の炎天のハイキングの後で頭痛が出たんで診察時に相談しました。すると「水は十分飲んでたか?」「帽子はしてたか?」「サングラスはしてたか?」の3点の質問が有りました。回答は「サングラスはしてませんでした。」です。「光でも片頭痛を誘発するんで必ずサングラスはするべき。」という指導でした。


 自転車の時は常時サングラスをしてますが、登山とハイキングでは冬山と森林限界以上へ行かない限りかけてません。理由は樹林帯と、急に出てくる直射日光と、地図見の組み合わせを考えると無い方が楽やさかいです。


 それで、「以前ネットで赤いレンズのサングラスは偏頭痛が起きにくいと、書いてあるのを見ましたが本当ですか?」と聞きますと、「内の患者さんみんなに言うてるけど、お宅には言わへんかったかな・・・。赤が人相悪かったら、ピンクでも紫でもいいけど。」というご回答です。1年以上前から「頭痛日誌」に登山で出たとか自転車で出たとか書いてるんやから指導してほしかったというのが本音です。


 で、6月6日に少し前のルディプロジェクトのRydonを買いました。レンズは「レーシングレッド」で可視光線透過率32.9%」です。今まで下記の4回使いました。どの程度動いたかは当日の記事を参照していただくとして、多少は「マシ」なようです。(それ以下の透過率が必要な場合は15%のスモークを持ってるんでそれを使います。)


「Jun.15雲ヶ畑」は出た。


「Aug.03織部美術館」は多少出たが服用せず。


「Aug.08-09上高地散歩」はかなりマシ。(レンズより、枕と高地とワインと運転?)


「Aug.24豊郷・彦根」軽いんで服用せず。


 そんなんで、マシになってるようです。ご参考に。


by ashita-doko-doko | 2014-08-29 09:15 | 頭痛 | Comments(0)

 「リニア」と「そうだ京都行こう!」からみでJR東海社長さまへのイチャモンです。「私の独断なんで深く突っ込まないで下さい。」


 リニアが「京都に止まらない。」と発表されて大分と経ちます。京都が、「どうせ来る。」と考えてる間に、奈良の「どうしても欲しい!」ていう工作と、最短距離ていう大義名分が勝ったんでしょう。京都市発行の文書とか、旅行雑誌には「リニアを京都へ!」とロゴが入ってますがチョット来るかどうか微妙です。


e0359590_10073740.jpg


 けど奈良にリニアを停めて観光客が何十%増えるんでしょうか。奈良の観光の邪魔は新幹線からも空港からも遠いことと違うでしょう。たとえば大仏さんと唐招提寺と明日香が離れてて、電車に乗ってその後高いバスに乗らんといかんとか、日常的な縦2本の国道の渋滞とかでしょう。リニアが停まるからというて改善できるんでしょうか。宿泊施設も少ないようですし。


 それにいまだに京都での国際会議の開催は多いですし、震災で減った京都への観光客も増えてます。アメリカの旅行雑誌で京都は「ワールド・ベスト・アワード2014」で1位です。私は「JR東海にとっては京都は不要なんかい!!」て言いたいです。JR東海が京都は不要というんならあの「そうだ京都行こう!」のCMもやめなさい。私はあのCMは好きです。けど、あのCMに写った年はそのお寺やら混むんです。あのCMだけが一人歩きするんならあのCM要りません。


 それと、大阪府のみなさん、一旦名古屋で止めたら関西の地盤沈下が心配ですし、京都の国際会議の出席者は関空を使いますよ。名古屋で止まってる間に中京地域の一人勝ちは困るでしょ。(愛知のKさん、岐阜のNさんすんません。)


 奈良県のみなさん、奈良に駅ができるより、京都に駅があって奈良へも行ける状態でも結局観光客は減らへんのとちがいますか。(観光客は増えてもホテルは増えますか?)


 京阪神と奈良の皆さん、人事と思わんと京都経由で大阪までの一括工事を進めましょう。これが関西には一番です。


  そやけど、本当に必要なんは京都が産業・学術・観光で世界に勝つ実力を持つことです。そういう時代が来たら京都人全員で高らかに言いましょう。


 「そうどすか。リニアそんな速よおすか。まァ、一見さんには速よ来れたほうがよろしおすやろねェ。けど、そんなん無かったかていろんな国の皆さんに来てもろてますけどー・・・。へェ、おおきに。」


by ashita-doko-doko | 2014-08-26 16:11 | 日記・その他 | Comments(7)

最近の頭痛報告。

 一言で言うと「夏はアカン!」ですわ。


 特に乗鞍旅行では二日間連続で出ました。主治医には、


「枕が羽毛で首がこる。」「高原で865hp。」「食事にワイン。」「現地まで運転。」「子供の運転のコーチ。」と5個も重なったらそら出るし、「運転のコーチ。」が一番効いたんちがうかと、言われました。


 他には休暇独特の理由で、「休暇1日目の明け方。」「仕事1日目の明け方。」は当然ですが、「何もすることが無いんで、午後エアコンかけてずっと昼寝してた。」ていうのもあります。


 正月休みもそうですが長期の休みは頭に悪いです。それと、枕がへたってきたんで中身を増やそうと考えてます。


 ご参考に!


by ashita-doko-doko | 2014-08-25 16:58 | 頭痛 | Comments(0)

 豊郷町へは名神を使わんと琵琶湖大橋・湖岸経由で行きました。結局1時間40分で着いたんで名神の価値は無さそうです。


 先に「旧豊郷小学校」を見学してと思いましたが、開館直後の都合もあったらいかんので中の見学は帰りしなにして正面の写真


e0359590_10073281.jpg
 
を写しただけで「彦根城博物館」へ走ります。途中の犬上川に架かってる橋は「高宮橋」て言うそうですが通称「無賃橋」


e0359590_10073273.jpg


とも呼ばれてます。江戸時代に彦根藩が作った橋の保守費を近江商人が寄付して、無賃になったそうです。と、いうことは有賃橋のも有ったわけで、長岡京市には「一文橋」の名前が残ってます。この橋を渡るとこを「高宮宿」に入ります。ここには大きいお店やら酒造屋さん


e0359590_10073242.jpg


も残ってますし、多賀大社の入り口と言う事で鳥居


e0359590_10073344.jpg


も建ってます。彦根へは中山道を芹川まで走って右岸下を銀座(彦根銀座)へ行きます。走って着いた所が彦根銀座


e0359590_10073302.jpg


です。この先本町一丁目を右折して「夢京橋商店街」を行きますが、この商店街は銀行両替商


e0359590_10073309.jpg


と表示したりとかこれでもかの商店街です。この先「京橋」


e0359590_10073371.jpg


で彦根城に入ります。


 ここからが本来の目的の彦根城博物館「井伊家赤備えの甲冑」を見に行きますが、当然のように撮影禁止でこの後彦根城を出るまで写真は有りません。唯一の写真はこの方


e0359590_10073335.jpg


です。(これ以上近づけません!)


 帰りは外堀内の施設いくつかを見て行きます。まず元藩校の進学校彦根東高校


e0359590_10073409.jpg


です。卒業生には民主党細野氏、川端氏、評論家田原氏他がおられます。次、京橋からお城に入ったところには時代劇の撮影に使えそうな彦根藩家老西郷家の門


e0359590_10073467.jpg


が残ってます。滋賀大学にも寄りました。ここにもヴォーリス建築「陵水会館(彦根高商・滋賀大学同窓会館)」


e0359590_10073453.jpg


が有りますし、講堂


e0359590_10073486.jpg


も古いです。


 食事は以前滋賀県で仕事をしてたときに行った「カルディ(滋賀県ではカルディ・コーヒー・ファームがパッチモンです。)」の彦根店でハンバーグカレーを食べました。「 オーナーはご健在ですか?」「一線からは引いてます。」やという会話をしてから「袋町(夜に楽しい地域で、昔はもっとしいでした。)」からR8へ出て「旧豊郷小学校」へ走りました。(R8の写真は有りません。)


 はい。やっと「旧豊郷小学校」です。ヴォーリス設計で出資者は丸紅専務の古川鉄治郎氏です。このお話はどっかのHPを見て頂いたらいいんですが、今日の展示で、古川氏から「隣接地の土地の入手は話をつけた。」「建築費15%値引きしろ。」とか、ヴォーリス事務所から「電話の請求書が来てるがそっちで払うて。」「簡単な修理やらの出来る優秀な小使いさんを採用して。」とかの手紙が興味深いです。他には陰画の図面の複写


e0359590_10073519.jpg


やら模型


e0359590_10073561.jpg


も有りました。次の写真3点は有名な「うさぎとかめ」です。


e0359590_10073519.jpg


e0359590_10073567.jpg


e0359590_10073653.jpg


最後にエントランスと廊下を載せますが広いです。


e0359590_10073623.jpg


e0359590_10073613.jpg


 もうひとつの予定の醒ヶ井の「梅花藻」は彦根で雨が降ってきたんでやめて帰りました。


by ashita-doko-doko | 2014-08-24 17:45 | 自転車 | Comments(0)

 今日も4週間ぶりの通院でした。


 で、その途中の地下鉄から国鉄?への乗り換え時の写真


e0359590_10073282.jpg

です。旧国鉄色「特急きのさき」です。「わざと国鉄色を残して、見てる人に鉄分の補給をしている。」のか、「ただ、抹消寸前で全塗装がもったいない。」のかは、鉄分の不足してる私には解りません。今日は「えらい空席が多い!」と思いましたが、2両目からの普通席は混んでました。


 ですが懐かしいです。以前は、仕事で宮津・峰山へ行くときも、中央線で登山に行くときもこの車両でしたから。


by ashita-doko-doko | 2014-08-22 23:31 | 日記・その他 | Comments(0)

 移動運用時にバッテリー電圧を監視しようと企みました。


 必要な数値は「10−14V」なんで、まずツェナーダイオードとシリコンダイオードで最低電圧を約10Vにかさ上げし次にフルスケールを「4V」にします。電圧計にはマルツのラジケータを使いましたが、価格の割りにデータシートが添付されていて親切です。データシートの「0.0005A/650Ω」から電圧計としてのフルスケールは「0.325V」です。その数値から「4V」振らすには「7.35kΩ」の抵抗が必要と値は出ますが、パラで近似値を作るより見やすい位置で振らすために半固定抵抗で振れ幅を調整してます。


 パネルのスケールは仮に貼った紙に目盛線数値を鉛筆で下書き


e0359590_10073126.jpg


をしてから、スキャナーで読んで画像ソフトで清書し貼りなおしました。(再生紙に出力したんで見栄えが質素ですが・・・?)


e0359590_10073121.jpg


 最終的な使い方としては、



  1. 移動用の配電ボックスに組み込む。

  2. 独立させて、必要な時に端子に接続。

  3. 電流・抵抗も測定可能としプローブも付けて「移動用テスター」とする。


等が考えられますが、1.2.で使う場合は必要な時だけ振らせるように押しボタンを付けるつもりです。


by ashita-doko-doko | 2014-08-16 12:30 | アマチュア無線 | Comments(0)

 私は学生の時、北アルプス最大級と言われる山荘でアルバイトをしました。2シーズン目でしたが1/3ほどのアルバイトが下山しました。理由の詳細は忘れましたが、「採用されるはずが、採用されなかった!何故か?」という抗議の回答に不満を持った者がいたんやと記憶してます。けど、そんな他人事に、それも1/3が一緒に辞めるかと思いました。


 問題はそのあとで、夏の最盛期(最盛期なんでバイトも必要なんですが・・・。)にバイトが2/3では当然対応困難です。それで、山荘を経営してる白〇館はスキー場の経験者を緊急招集してバイトに採用、内勤の人の交代、同一経営の他の小屋の従業員の応援で対応しました。


 私の考えとしては、口には出しませんが、「そんなん、はっきりした回答もなしに来たらあかんの違うん。」と、いう考え方やったと思いますし、「せっかく去年やって面白かったバイトを、ワシは下山しやへんで。」と思てたように思います。考え方はともかく私は残りました。その年は従業員の人とボイラーでご飯を炊いてて他の仕事のお手伝いはしてなかったんです。けど、その事件以来皿洗いやら、弁当作りやら、昼の賄いもしました。


 まァ、どっちにしてもいい経験でした。あれで「信用できる人間や。」と思われたんかも知れませんが、その後何年かその地域の山へ登ると顔を覚えていただいてました。そういう意味では当然1年目より面白かったです。ひとつ後悔してるのは当時の主任O氏には親しくしていただいたんですがそれ以来お会いしてません。一度は「お世話になりました。」て言いたかったです。他には、当時の副主任M氏とは30年前に偶然白馬駅前の白〇館前でお会いしてご挨拶をしましたし、バイトの先輩S氏とは某馬尻でお仕事中に、名前を忘れた方とは3年前に白馬駅前の白〇館案内所でお会いしました。


 『Nov.10.2018 追記』

 その後、副主任M氏と11月03日白馬村内サイクリング中にオバチャンとの世間話をきっかけに、家を教えて貰い面会がかないました。


by ashita-doko-doko | 2014-08-12 16:15 | 登山 | Comments(0)

 帰り道は、一応は最短で、最安価な高山清見インターへ安房トンネル経由で走ります。と、書きますが、あの釜トンネルまでのトンネルの狭さと、悪い路面はなんとかしてほしいです。高山ではスーパーでお酒のお土産やら、混雑したSAを避けるための昼食を買うて途中道の駅に寄って帰ります。が、ここで1人がスーパーでバッグの忘れ物をしたんでスーパーまで戻るというおまけ付きでした。(バッグは有りましたし、中身も無事でした。)翌日は台風11号が上陸予定で、滋賀県では大雨の中を走りました。


 


 さて、今回は「ペンションかりん」さんに泊りました。


 上高地に便利で、涼しい高原で、1万円ちょっとの条件で探して見つけたペンションです。しかし、大きいおまけ『温泉』が付いてました。ここの温泉は乗鞍高原の湯ですが「硫黄泉」


e0359590_10073092.jpg
 
でほぼ白骨温泉状態です。あのにおいと泉質、それも無加水で、掛け流しで、終夜入浴可です。ここに無いのはネームバリューとあの雰囲気(滝から湯が流れてるあわの湯?)だけです。そのにおいが廊下にも部屋にも伝わります。


 それと、食事もよかったです。毎夕食はVol.1.2の最後に載せてますが、特に感激したんは、サツマイモのポタージュ、鰈にかかった大根のおろしですが、朝食も日替わりの自家製パンを各自4個頂き、食べきれへん分は走行中のおやつに頂きました。(実は食事に熱中して写真は撮ってません。サイトで見てください。)


by ashita-doko-doko | 2014-08-09 22:52 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 今日は「松本城」へ行きます。ほんまは「乗鞍高原のウォーキング」へ行くつもりで用意しかけましたが本降りです。その上に、上の子どもが歴史が解らん(信長のシェフでマシにはなってます。)くせに城好きで「松本城へ行きたい!」ということで行きました。駐車場はお城の横です。そんなんで降りたとたんに「松本城」



e0359590_10072786.jpg


です。南側から天守を半周して料金を払います。当然ですが昔からのお城なんで階段が急で狭いんで、その度に渋滞します。渋滞中には暇なんで展示を見たり、仕口を見たり、見事な柱のチョウナ痕を見ました。(暗いんでケータイしかない私は撮ってません。)


 見学後はお蕎麦を食べて「なわて通り」ていう観光スポット街を歩きました。私は皆について歩いてましたが子どもらは鯛焼きを食べてました。その裏の川


e0359590_10072717.jpg


は松本城の堀を兼ねてたんで石垣になってます。(とは言いますが、どうも目路はコンクリートで固めてるようで残念です。)この川の南側には中町と言う地域が有ってそこも行こうと思い「この後、中町はどうや?」とは言いましたが、雨も降りかけて、皆は「そんなんよりお土産探しに百貨店行く!」と言いよります。私も雨はイヤなんで車輌の回収に歩きました。


 が、私だけで回収に行って正解でした。裏道を歩いてると松本城の旧土塁の断面に解説 


e0359590_10072837.jpg


が貼ってあんのを見つけたんです。こんな断面


e0359590_10072898.jpg


e0359590_10072945.jpg

と高さもわかりますし、民家の築山


e0359590_10072988.jpg


に活用された例もあるようです。次はお城の内側から見た土塁


e0359590_10072991.jpg


です。京都には太閤さんが造らはった「御土居堀」が一部残ってますが、松本城の方が時代背景からより実戦向けやったんかもしれません。貼ってある地図を見るとほとんど残ってませんので、松本市でも開発等で無くなったんでしょう。ついでに管理人さんの詰所?にあった作業用の車輌もおまけで写しました。


e0359590_10073004.jpg


 では、経過時間を見ながらお土産を探しに行った井上百貨店へ走ります。ナビも付けてますが、恐ろしい?ことに最近は松本も地図無しで走れますし、安曇弁も多少はしゃべれるんで変な京都人です。


 車輌回収後は家族を回収して、ペンションに戻って混まへん間に温泉に入ってたら食事時間まで寝てしまいました。


 今日の晩ご飯は「栗茸・サラダ・地御坊のスープ・カレイのソテー大根おろしとネギ・チキンステーキ」でした。


by ashita-doko-doko | 2014-08-09 22:39 | お出かけ・旅 | Comments(0)