人気ブログランキング |

今日は有給休暇の消費で休みました。(下の子どもには「暇かーー?」て言われました。)そんならと言う事で家内らと昼食に行くことにしました。が、それまで時間も有るので近所の散歩に行きました。


 まず家を出て賀茂御祖神社(通称下鴨神社)へ行くつもりでしたが、途中で賀茂川の堤防を歩きたい衝動にかられたんで手前から西へ歩いたら旧今西錦司邸のあたりに出ました。今西先生が生きてられる頃の庭は、今以上に木も草もボーボーに茂ってました。さすがに、理由は「この植生は賀茂川の氾濫原やからこのまま!」やったそうです。参考に、この辺りは高級住宅街で京都の超有名インナーのメーカーの社長宅、そのお父上宅、ゲーム機器の前社長宅も有ります。


 そのあたりの家の間から堤防に出ます。ここから北山通りまで行って東に行き、植物園沿いに歩きます。はじめの予定ではこのまま高野川まで歩いて帰るつもりでしたが、府立植物園まで来たらアジサイが咲いてるのを思い出しました。ここへはもしかしたら20年近く来てへんと思います。


 中へ入ると「今こんな花が咲いてます。」


e0359590_10071117.jpg


ていう看板があります。その前は針葉樹林帯


e0359590_10071268.jpg


e0359590_10071277.jpg


で、奥秩父やら八ヶ岳へ行きたい衝動に駆られる地域です。


 この時期スイレン


e0359590_10071341.jpg


が咲いてますし、ハス


e0359590_10071317.jpg


は少し早いですが、かえっていい蕾が多いです。ハスのいい時期になると早朝鑑賞やら蓮の観賞会やらが行われます。


 さて、その後は「半木の森(ナカラギノモリ。ここも賀茂川の氾濫原て言われてます。)」を通ってアジサイを見に行きました。品種名を忘れたんで写真の羅列ですが、


e0359590_10071366.jpg


e0359590_10071300.jpg


e0359590_10071348.jpg


e0359590_10071464.jpg


が目につきました。この後は並木を


e0359590_10071430.jpg


見ながら、ほとんど残ってないバラを見て、鉢のアジサイ


e0359590_10071489.jpg


を見て南ゲートから帰りました。


 ほんまの予定は北山カフェへ行きたかったんですが、開店の11:00までに見終わりました。


by ashita-doko-doko | 2014-06-29 19:37 | 京都観光 | Comments(0)

 今日MTBのVブレーキシューの交換をしました。


 の、ついでに「Rインナーケーブル交換」「ケーブル先端の半田処理」「VブレーキのOHと注油」「FRアウター内の洗浄」をしました。


 ここで「ケーブル先端の半田処理」


e0359590_10071063.jpg

ですが、私はすべてのケーブルの先端1cmに半田をかぶせています。はっきり書くと半田処理自体に意味は無いですが、先端がバラけませんし洗浄・注油時にキャップを外す必要がありません。ただ、ステンレス用でないと半田が乗りません。それと、今回は長めにカットしてスプリング裏へ挟んだんで、


e0359590_10071189.jpg


私の自転車整備暦で最高の仕上がりです。参考に今回の可動部・アウター内への注油はワコー製メンテルブを使いました。


 と、ついでにFブレーキをLX


e0359590_10071119.jpg

に交換しました。ちょっと前のですが高級感が出ました。


 そこで、今回えらい事に気がつきました。今までシューの舟はBBBを使こてました。今回シマノのシューを入れようとすると入りません。入らへん時は○○を塗るんですが、今回はそういうことではないのでシマノの舟を入手して入れました。いつものお店に聞くと結局シマノが安心なようです。


by ashita-doko-doko | 2014-06-29 17:53 | 自転車 | Comments(0)

雲ヶ畑往復。

  今日は出るのが所用で遅くはなりましたが雲ヶ畑まで走りに行きました。バイクはミヤタのロードです。


 途中で「もくもくバス」に追い越されましたが、今日はジャンボの他に小型タクシーが4台走ったんで盛況やったようです。と思いましたら白梅橋に10人ほどの団体が体操してました。けど、2台はすれ違いましたが残り2台は下って来ませんので、団体で桟敷取り付きか岩屋不動まで行ったんかも知れません。そのもくもくの終点の岩屋橋はこんな所


e0359590_10070944.jpg


です。サンショウウオだけやなしに、狐やら鹿やら、熊もいるかもしれません。この奥は道は続いてますがロードでは走れませんし、昼には京見峠はともかく高尾を越える時間が無いんで、帰りは写真を写しながら帰りました。


 まずは廃校になった「雲ヶ畑小学校」


e0359590_10070917.jpg

です。廃校になっても時計がほぼ合わせあるるんで地域の皆さんがまだ利用できるんでしょう。 京都では自治会活動は小学校の学区単位です。では、廃校になったらどういうか、「旧○○学区」が単位として残ります。


 バス停「出合橋」


e0359590_10071039.jpg


です。中学生やったか初めて北山へ、というか登山業界へ入るきっかけになったバス停です。余談ですが、コースは「魚谷峠−医王谷−芹生−貴船」やったと思います。当時の松尾谷は林道の着いてない「木馬道」の続く谷で魚谷峠手前には滝がありましたし、貴船の旅館街まで舗装はしてなかったと思います。今は京都バスも撤退して「もくもくバス」ていう弥栄のジャンボタクシーが走ってます。ちなみに1日2往復です。


e0359590_10071058.jpg

 そのバス停に「ホタル観賞会」 


e0359590_10071052.jpg


の案内がありました。自転車友達と来てもいいんですが。後で考えたら、その晩は「6m&Downコンテスト」やったわァ。


 この後は山幸橋から市原・宝ヶ池を回って帰りました。「がっちりマンデー」を見てなかったら、京見か高尾を回って帰れたんですが、まァ最近はこんなもんです。


by ashita-doko-doko | 2014-06-15 11:23 | 自転車 | Comments(0)

 今週の週刊現代のグラビアに「キャンギャル50年」ていうのが載ってます。内田有紀さんも、西田ひかるさんも、設楽さんも、紀香さんも、ベッピンさんやし、嫌いやない。


 そやけど、なんで『松本孝美さん』が載ってへんのや。なんであの時代のモデルさんから外されてるんや。


 信じられへん。コカコーラも、JCBも、ANAも、ソニーも松本孝美さんやったやないか!!


 7月21日のMステに「夏のCMソング」て有ったんですが、あの有名な「♪~~コッカコーーラ」の曲はなっても松本孝美さんは映ってなかった!あァ、ひどいーー!!


by ashita-doko-doko | 2014-06-12 21:32 | 日記・その他 | Comments(0)

Jun.07.2014今日の散歩。

 今日の散歩です。


 吉田神社から黒谷さん(黒谷金戒光明寺)へ行って、真如堂(真正極楽寺)へ行きます。今日も会津墓地はきれいです。本当は哲学の道から南禅寺経由で帰るつもりがここで雨が降ってきたんで吉田山を越えて帰ることにしました。


 吉田山を山頂付近の北の「茂庵」て言う喫茶店のあたりから超えるつもりで、いい雰囲気の階段


e0359590_10070807.jpg


を上ります。実はいつもこのあたりの散歩にはこの階段を使いますが、この上への住宅へ行く私道やと思います。ここがその住宅


e0359590_10070858.jpg


で大正時代に京大の先生が共同で開発された住宅街と聞いてます。いい雰囲気で約5戸の並んだ住宅街が大文字を背中に何組か並んでます。しかし、残念なことに階段を上る生活やら老朽化を避けられずに更地も出てきてます。 参考にここからの大文字は


e0359590_10070877.jpg


この角度です。


 肝心の「茂庵」は開店前で入れませんでした。どうも、こことは時間帯が合いません。コーヒーが530円ていうのも積極的に時間を合わさない(合わせない?)理由です。結局は飲めませんのでお店の前から竹中稲荷社の裏へ出ます。ここには写真のような祠と言うか霊神の碑


e0359590_10070853.jpg


があるとこへ出て、その上の吉田山の三角点あたりに出ます。で、すぐ帰ることにした「雨」ですが、実はここまで来ると止んでました。それでちょっとだけ廻り道の京大医学部を通過しますが、そこにあるのが大正時代に建った洛友会館


e0359590_10070805.jpg


です。今でも会議室・レストランに使われてるらしく一般でも食べられるらしいです。


 この後は鴨川の堤防から帰りました。


by ashita-doko-doko | 2014-06-07 22:44 | 京都観光 | Comments(0)

 *注意事項*


 『ご案内やお勧めのつもりで記録は残してません。私が登った日の記録です。あなたが行かれるのは勝手ですが、その結果の事故等の補償はしません。また本文は一般的な日常語です。』


 車輌で行きましたがピストンは変化が無いので、迎不動に駐車し新免の新宮神社まで自転車で走ります。今日は天気が良すぎるのか登山者より水遊びの車輌の方が多いです。


 神社の社務所左から動物避けフェンスを開けて尾根を行きます。今日は黄砂とPM2.5が飛んで来てる割には周りの風化した花崗岩で眩しいです。道は植林された松の間を歩きますがだんだんと湖南アルプスらしい道、つまり花崗岩のハゲ山やら、痩せた尾根を行きます。そやけど暑いです。水はたくさん飲んでますが眩しいのでだんだん悪い予感がしてきます。鎧ダムからの道と合流するとトラロープ場やらが出てきます。途中には「何人かで押して落としたろか!」というような絶妙なバランスで乗ってる岩も有ります。山頂手前ではほぼ岩場という場所も出てきます。ちょっとわかりにくいですか手前の偽ピークからの山頂方向


e0359590_10070649.jpg


 です。このピークの手前から左を巻いてコルへ下ってから、左を巻いてピークへ登ります。要所にはロープがかけてあって助かります。けど、山頂からの下山時は登れそうなんで偽ピークへ直登しました。山頂 


e0359590_10070608.jpg


からは湖南地域が見えます。当然比叡山も比良も見えます。ここでは食事と430MhzFMで1局交信しました。で、参考にここの三角点


e0359590_10070609.jpg
 
は石では無しに真鍮のピン?です。三角点はやっぱり石でないとなんか有難味が無いです。


 ここからは鎧ダムから駐車地の迎不動に下山します。新免からの道を過ぎて少しで日陰になります。谷沿いの道を行くと砂で埋もれた鎧ダム(2年前の写真で上流向き。)


e0359590_10070628.jpg
 
に出ます。高校生の頃の記憶ではまだ一部水がたまってたんと、砂防資材?運搬用の軌道の階段を下りたような記憶があります。このダムの原型


e0359590_10070768.jpg
 
はオランダ人の木曽川等の三川分離工事で有名なヨハネス・デ・レーケが作ったそうです。


 ここで車輌に戻った後は太神山のお寺を往復しょうと企んでましたが、あまりの暑さに負けたんで昼寝をしてから自転車を回収して帰りました。


 で、その帰りに麦畑


e0359590_10070799.jpg

を見ました。初夏を麦が実る秋という意味で「麦秋」て言いますが、「麦秋」て言うと笠智衆さんと原節子さんの映画を思い出します。あの美しかった日本語はどこへ行ったんや!!


 最後に、今日は帽子、給水十分やったんですが片頭痛が出ました。診察日に質問すると「サングラスはした方がいい。」というお話になりました。


by ashita-doko-doko | 2014-06-05 22:00 | 登山 | Comments(0)