3月8日に上部消化管の内視鏡検査を受けます。2年ごとに受けて今回で3回目?です。ご存じでしょうが、一度「要精検」とされると後は「病状進行?の検査」なんで保険適用です。それで「ドックのオプション」にせず「ホームドクターが自分で検査。」にしてます。


 1回目は経口で、私の場合は喉の麻酔(ゼリー状の麻酔薬を喉でうがいのように転がす。)も上手らしく苦痛はありませんでした。2回目は経鼻でしたが、私の鼻腔は弱いらしく鼻血が出ました。正直、モニターが真っ赤になったのでびっくりしました。それでも経鼻にする予定の理由は、検査中に主治医と会話ができる事と、比較的早めに食事ができる事です。


 で今回の検査ですが今回も経鼻で検査してもらいましたんで、鼻腔の通過中は痛かったですが帰ってすぐに遅い朝食も食べられました。


 で、ポリープはいくつもありましたし、食道にも炎症はありましたが、それ以外の腫瘍はなさそうで結果的には異常無しということでした。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2014-03-08 11:25 | 健康 | Comments(2)

 この意見は、私の主治医の意見です。すでに専門医に通院中の方はあなたの主治医の意見を優先に治療を進めてください。


 今日主治医の先生から次の2つのお話を聞きました。


1.低気圧が来たときに片頭痛は発生するが、気圧が下ったから発生するんではない。下がりつつあるときに発生しやすい。その時に、激しい運動をしたり、酒を飲むていう別の要因と重なるからより発生しやすい。


2.「加齢により動脈硬化が進んだ60歳ぐらいから発生しにくい。」は信用するな。因果関係は無い。(追記:統計的には60歳を超えると減るらしいです。)


 らしいです。


 確かに天気が悪いからというても、家でゆっくりしてるときにあんまり片頭痛は発生しませんし、私はもう60歳を超えてますが減ってません。


 ご参考に。



[PR]
by ashita-doko-doko | 2014-03-07 22:56 | 頭痛 | Comments(0)

 東海道の土山宿から草津宿を走りました。他に行きたいところはあったんですが、「R1の旧草津川トンネルを撤去し、上にある旧東海道も無くなる。」という記事を見て、行くことにしました。根性と体力があったら周回もいいでしょうがそんな元気もないんで久しぶりに輪行


e0359590_10064799.jpg


で草津線甲賀駅まで行きます。草津へは早めに着いたんでこんな写真


e0359590_10064863.jpg


を写したり、トイレへ行って時間調整をします。約40年前この駅を通学で通過してた当時は草津線にはSLが走ってましたが、さすがに給水給炭の施設と転車台は有りません。草津線の111て言う車輌の運転席の後は


e0359590_10064834.jpg


のように自転車を置いた横に座れます。甲賀へは所要時間の1/5程の時間を上り電車待ちに使いながら着きました。


 ここ旧甲賀町は忍者のほかに製薬で有名です。起源は「忍者の兵糧丸・眠り薬の研究の成果。」「忍者が行った先で、いい薬で信用を得られるように研究した成果。」「近江商人も含め薬は重量の割に高価でかさばらない。」等と聞いてます。そんなんで駅の展示も


e0359590_10064888.jpg


駅前の会社も


e0359590_10064873.jpg


r24を走ったところの工場もです。


e0359590_10065386.jpg


このr24は旧土山町まで行きますが、R1からR307への近道なのか11t車やらトレーラーが多いです。その上に最短距離やさかいか坂がきついです。やっと、土山IC手前の岩室で11t車やらから解放されました。


 で、甲賀駅から11km走って出発点の土山宿から走ります。土山は宿場を売りにしてて、各家の前にたとえば「旅籠〇〇屋」というような石碑が建っています。その上に旧本陣の土山家が今もその場所に住んでられます。(ついでに言うと、支所Pも観光用に使えるらしいです。)


e0359590_10065427.jpg


e0359590_10065419.jpg


 この先、水口宿への途中には黄門さんの撮影に使えそうな松並木


e0359590_10065493.jpg


を通ったり、R1を横切ったりかすったり、一応一里塚


e0359590_10065411.jpg


やらを見たりしながら水口宿へ走ります。水口宿の東の見附(入口)には宿場の地図があって貰いましたが、水口宿通過時刻を書いてる間に飛んで行きました。(水口の皆さんせっかくの資料ををゴミにしてすんません。)その地図には旧水口宿の枡形(鍵の手)が載ってましたが手持ちの地図で通過し、田圃の中を通過して「横田の渡し」


e0359590_10065400.jpg


の横の横田橋を渡ると旧石部宿のある湖南市です。


 石部宿への途中にも天井川があります。


e0359590_10065481.jpg


石部宿はあんまり宿場を売りにしてないようで本陣も問屋場も表示がありません。


 石部宿の後の名神高速の手前には「灰山」て言うのがあって、野洲川の水害で危険やったらしく大きく南へ迂回するのが旧東海道です。はっきり言うて遠回りで今の県道も直進ですが、江戸時代の人もいややったらしく通行禁止にするまで迂回する人が少なかったらしいです。今日もそこを行きましたが、工事をしてたりダンプが走ったりと自転車にはうっとうしいです。迂回を過ぎると「大角家和中散本舗」て言う大きい家があって重要文化財です。


e0359590_10065586.jpg


昼の間は雨は無いというつもりでしたが写真を写してると雨が降ってきました。実は、栗東市には30年以上前に仕事中によう行ってた「カルディ」て言う喫茶店へ行こうとたくらんでましたがこの雨でやめて、旧東海道ともう一つの目的「旧草津川隧道」へ走りました。(全国の皆さん滋賀県ではカルディコーヒーファームがパッチもんです!)


e0359590_10065536.jpg


e0359590_10070110.jpg


写真を写して少しで中山道と合流し


e0359590_10070113.jpg


草津宿本陣


e0359590_10070283.jpg


を見学しました。もう、ここまで来たら駅までアーケードがあって濡れません。その後駅前の屋根の下で輪行状態にして帰りました。


 「2018.Mar.09.追記」

 GoogleMap(08.2018)を見ましたら、天井川は無くなってます。見といてよかったです。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2014-03-02 11:19 | 自転車 | Comments(0)