ちょっと前の記録ですが、9月15日に予定してボツになった土山日野甲賀周回に行きました。


 高速で土山まで行って自転車を下して走ります。本当はロード向けのコースなんですが11月12日の整備の成果確認を目的にMTBで行きました。「道の駅」の長時間駐車は顰蹙なんでトイレは無いけど空いてる「土山支所」に停めました。寒いんでコーヒーを飲まんとまずは青土ダム・r9経由で大河原へ行きます。どうせ汗をかくからとウインドブレーカーなしで走り始めますが、某橋の2℃の表示を見たとたんにやっぱり着ました。土山・日野の境は平子峠ですが大河原へは十分登ってますし楽に着きます。ここの峠から蔵王ダムへは快適なダウンヒルですがちょっと寒いです。今日は鎌掛峠とため池にそそられてるんで、その先北畑口からは鎌掛(かいがけ)峠経由で土山へ戻ります。が、峠の手前で「蒲生氏郷(がもにゃんのモデル)の二代前の居城」の案内を見つけて寄ってみました。こんな案内看板


e0359590_10051310.jpg


があって、井戸跡やら曲輪やら堀跡やらの解説があります。土山への道は途中まで「御代参街道」を


e0359590_10051315.jpg


を走り、無名?峠を越えてから昔懐かしいため池であろうダム湖横を走ります。この道は昔ラリーでよう使われてまして、私も競技で走りましたが当時はダートの林道でした。昼ごろ土山支所Pへ戻って、復活させてから快調なホエーブスでラーメン付きの食事にしました。


 食事の後は前から行きたかった甲賀町の「大原ダムの紅葉」と「油日神社」です。「大原ダム」へは鈴鹿よりの「蟹が坂」まで走りますが、その前に田村神社の参拝と「蟹が坂飴(今の感覚で食べると甘くない麦芽糖。)」を買いに道の駅へ寄ります。甲賀市周辺は緩い坂の丘陵地帯で、その地理を利用したゴルフ場が多いです。ということは道も劇坂も劇下りもなく鈴鹿南部の山を見ながら走って楽しいです。


e0359590_10051429.jpg


いくつかの坂を越えて行った油日神社は重文の楼門の反も、三間社流造の本殿も見事で、在所の皆さんの努力に頭が下がります。


e0359590_10051427.jpg


e0359590_10051428.jpg



 この後はゴルフ場・土山IC・旧東海道経由でPへ戻りおやつの後帰りました。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-12-01 22:00 | 自転車 | Comments(0)