虚空蔵菩薩さんのお寺です。京都では智慧を授かると「十三まいり」で有名です。私は行ってませんが、家内も2人の子供も行ってます。京都だけの習慣のようですが、女の子は一人前の着物を着てお参りする習慣が有りました。大人の入り口と言うことなんでしょう。ひとつ面白いのは帰りしなに「渡月橋を渡り終わるまでに振り返ると授かった智慧を落とす!」という言い伝えがあります。そこで、一緒に行った兄弟やら、親やらがわざと「後にお友達居るわ。」とか、「ハンカチ落とした。」とか言うてひっかけます。


 実はここの本堂からはいい展望です。先日も書きましたが、最近ここで犯人が捕まりました。「京都なんとか殺人事件」ですが。


e0359590_10051091.jpg


 もうひとつ、このお寺の参道には電電宮」があります。電気・電波の神さんです。会員には・・電気とか・・放送とかの会社があります。そして階段の下にはエジソン先生とヘルツ先生のレリーフがあります。エジソン先生は発明王、ヘルツ先生は電波と無線通信への功績でお名前が周波数の単位「Hz」になっています。先日行った時はお守りを買いました。(お寺に売ってます。)


e0359590_10051028.jpg


 また、もう一つ。この近くの観光駐車場近くには安倍清明さんのお墓


e0359590_10051163.jpg


があります。ここもご自分でお調べください。住宅街で近所のご迷惑やと思うんでここには載せません。



[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-10-24 22:54 | 京都観光 | Comments(0)

鄧麗君(テレサ・テン)

 鄧麗君(テレサ・テン)てゆう歌手がいやはりました。永眠されて来年の5月8日で18年になります。今でも特別番組が有りますし、動画サイトで検索してもたくさん出てきます。



 初めて意識したんは昭和60年頃の台北旅行でした。私は部屋に友達?を呼んでないんでテレビを見てました。(実は部屋の最初のテレビは映らへんかったんで替えてもろたんですが、ボーイが「替えたよ。映りいいでしょ。」と言うて手を出したんには負けました。)そんならテレビに出たはりました。当然中国語です。国内では意識してなかったんですが、「えェやん!」と思いました。それから好きになりました。



 それで、帰ってすぐに十字屋さんに行きましたが、全然売ってません。「これやったら、屋台でコピー買うたら良かった。」と思いました。はい、中国語で好きになった私は中国語が欲しかったんです。



 結局はただ1本あったテープを買いましたが、そのテープはCDとHDDのオーディオでは「箪笥の肥し。」状態です。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-10-22 21:00 | 音楽 | Comments(0)

 ちょっと前に「雲ヶ畑−嵐山ツーリング」に行きました。目的は「治療の効果確認。」「SPD習熟」「電電宮のお守り入手。」です。


 家を出てまず雲ヶ畑へ走ります。道の両側は山が迫ります。ここは京都市北区ですが廃校になった学校やら「熊に注意」やら100万人都市の市内とは思えません。いくつかの集落を通過して持越峠へ上がります。今日はMTBなんで乗って上がれますが、52tと42tのロードでは上がれんような「きつい坂」です。ここからは短距離で済ます時は峠を降りて京見峠から帰りますが、今日は「50kmで頭痛は出るか?」が目的なんで中川の材木屋さん街から高尾へ行きます。一部でトンネルのバイパスが出来て快適です。(ここの消防署にはレアな「消防救急車」が有ります。)


e0359590_10050954.jpg


e0359590_10050928.jpg


 この後は50km走りたいけど、無理はしたくないの両立で、細**子邸−大覚寺−電電宮へ行きます。ここの峠から大覚寺の下りで立ゴケしました。ギャップで止まった時に外すタイミングを逸したんが原因です。


 大覚寺まで来たんで法輪寺へ行きます。この境内には「電電宮」が有ります。通信と電気の神様でヘルツ先生とエジソン先生のレリーフやら、テレビ局の名前の入った会員名簿?やらちょっと変わってます。ここの境内からは京都市内が良く見えます。(何ヶ月か前の「京都なんとか殺人事件」のラストシーンで犯人かつかまりました。)この後ここまで来たらついでなんで「安倍清明」のお墓へ行きました。(写真は10月24日に添付してます。)


e0359590_10051038.jpg


 これで50km走れました。頭痛無しです。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-10-17 21:41 | 自転車 | Comments(0)

 前夜発や早朝発は特に最近ですが、疲労と頭痛の「元」なんで前日の1600に家を出ました。恵那峡SAで夕食後「道の駅木曽福島」まで走りますが、2日目は「与川道」の欲求も出てるんで南木曽駅周辺の偵察に寄り道します。この付近から「降水確率はウソか?」と思いたい雨でキャリーのMTBが濡れました。「道の駅木曽福島」に着いたら自動車のシートをフラットにしてP泊したんですが、ベンチで寝てるサイクリストもいて「日本は平和や!」と思いました。


e0359590_10050748.jpg


 朝起きると御嶽山頂部がきれいに見えます。パンとスープの朝食後コーヒーを飲んでから、MTBの準備を兼ねて雨をふき取りました。(濡れた結果きれいになりました。)
 この後、町営Pに車輌を入れて、ウ?コをして、まずは旧開田村入口の地蔵峠へ走ります。途中旧道を行くとこういう石碑やらが有って「御嶽」へ近付いてるのがリアルに伝わります。


e0359590_10050860.jpg


その近くで「出梁造り(だしばりつくり)」のお見事な家が有りました。


e0359590_10050826.jpg


ご主人にお聞きすると明治二十年代に妻籠の古民家を参考に設計されたようです。この後旧国道の峠道を行きます。初めは緩い坂ですが「唐沢の滝」 からは急になります。


e0359590_10050829.jpg


滝からは旧飛騨街道が整備してあり、最後の400mはせっかくなんで担がせていただきます。担いだ先はあの傾いた再生?お地蔵さん


e0359590_10050896.jpg


の「地蔵峠」でここからはダウンヒルです。途中の展望台からの御嶽がこの写真です。この後御嶽は「九蔵峠」からも見ましたが今日は「地蔵峠」からが一番でした。


e0359590_10050907.jpg


 この後は訳有ってお蕎麦も食べんと木曽福島への県道20号とその裏道の集落を走ります。当然、前半の方が元気なんで帰りは下りですが、たまにある登り返しがしんどいです。


e0359590_10050939.jpg


 帰りは、福島の「せせらぎの湯」に入って、途中自前のコーヒーを飲んで、マクサルトを飲んで、中津川の渋滞を耐えて、多治見の渋滞を耐えて、栗東の渋滞を琵琶湖大橋で避けて、京都に着きました。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-10-13 08:34 | 自転車 | Comments(0)

 6日の夜に家から木曽福島へ移動、道の駅で車中泊、7日に開田高原を60km走りました。その家への移動中にちょっと出ました。



 レベルとしてはかなりましです。「運転不可で寝た。」とか「朝再度出て、頭痛で起きた。」というレベルでは有りません。まァ、安全運転のためにマクサルト1錠飲みましたが。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2012-10-10 21:17 | 頭痛 | Comments(0)