カテゴリ:自転車( 57 )

 今日はミヤタロードでタイトルのコースを走りました。ミヤタロードはスプロケットが7速と昔のロードですが、クロスしてるんで平地メインでは使いやすいです。

 まずは「流れ橋(正式名称・上津屋橋)」まで走ります。距離が短く快適な道を考えた結論が、新油小路ー洛南道路ー京都南道路です。私の家からは川端通りを下がって久世橋通りから新油小路に入ると直線です。高速の側道なんで最初は危険かと思いましたけど、実際走ってみると路側帯

e0359590_18040721.jpg

が広いんで原付にはともかく大型車にはそれほど顰蹙では無いと思いますし、交差点は直進と左折が分離して巻き込みの危険も少なそうで想像以上に走りやすいです。さて、困ったんが宇治川の橋の上ですが、車道から橋の歩道に上がれるようになってました。宇治川の上は景色もいいし、家から15km走って来たんもあって休憩しました。さすがに360度見えますが、方向によっては送電線が邪魔  

e0359590_18101791.jpg

です。欄干

e0359590_19273002.jpg

は簡単に越えられそうなほど低く、その上に縦に入った柵が細いので走ると透けて川が見えるんで極度の高度恐怖症の人は渡らへん方がいいです。この橋を越えてからは左折用の側道があって巻き込みにさえ注意したら、今日のコース全線に言えますが他の道と比較してアホチャリが走ってないだけ安全でした。木津川の手前の佐山交差点を左折して土手に上がると「流れ橋」はすぐそこでテレビ番組水戸黄門の1シーンみたいに見えました。

 橋

e0359590_18164311.jpg

まで来たら早速渡ります。以前「探偵ナイトスクープ」で、流れ橋の板の数を数えるていうのがありました。視聴者と探偵が何度か往復して数えますが、何度数えても数が違うのを面白く放送してました。流れ橋では付属施設?の「四季彩館」でローソンの豆大福と自販機の茶を買うてゆっくり休憩しました。ここで入ってたメールを見ると、時刻によっては行こうとしてた吉祥院にある知人経営の喫茶店のオレンジからの「休日の今日も今から開店します。お待ちしてます!」ていうメールです。ではと、「今、流れ橋。昼飯に行くつもりやし。」と返事を送りました。

 終わったらサイクリングロードを八幡市経由で吉祥院まで走ります。さすが文字どおりサイクリングロードは自転車が多いです。レースに出るようなロード(衣装も含めて!)、買いたてのクロス、ヒラヒラのオネーチャン、MTB、地元人の電動自転車他です。それが皆さんキープレフトで走るのには関心しました。橋の下をくぐる以外は坂らしい坂が無いのでミヤタで来たんは正解でした。それと土手の上は見晴らしがいいので、ムチャクチャ小さい愛宕山

e0359590_22061240.jpg

が見えます。

 八幡の駅近くまで来たついでに「飛行神社へ」寄り道しました。やっぱり道路に面したF104のエンジン

e0359590_18234673.jpg

が主張してます。鳥居をくぐると次は大阪湾で引き上げられた零戦のエンジン

e0359590_18234746.jpg

です。次は絵馬の鑑賞で、いつものように「CAさんに採用されますように。」「JALに就職できますように。」「自分のグループ全員がパイロットになれますように。」ていうさすがの絵馬が並びます。お供えを見てみますと、朝日航洋、航空自衛隊OB、大阪航空局、中日本航空他が並びます。「奉納してないから、事故が・・・。」とは思いたくはありませんが、あの西ではない?邦航空?は見た範囲ではありませんでした。

 その木津川の対岸の三川合流点にはタワーが立ってます。知ってはいますが始めて登ってみました。360度見えます。高いので朝の宇治川の橋より見えます。例えば男山

e0359590_22253593.jpg

天王山

e0359590_22263555.jpg

北山

e0359590_22270519.jpg

ていうように見えます。タワーから下りて食事目的の吉祥院へと走ります。八幡までは土手の上でしたが、ここからはすぐ下に家が並んでて特別な道の感覚がありません。途中の河川敷に大きい石があって横に文化財の解説みたいな立て札があります。下りて読んでみると「若狭の地震の後で二条城の補修をした残りの石・・・。(拡大して貼り付けてます。)」

e0359590_21193500.jpg

らしいです。久世橋をくぐってから自転車道を下りてご飯を食べに行きました。その直前の愛宕山

e0359590_22331399.jpg

です。だいぶんと大きいなってきました。

 吉祥院の喫茶店では目玉焼きのせのドライカレーを食べて、コーヒーを飲んで、週刊現代読んで、ビッグコミックを見てゆっくりしました。この後は当然帰るだけです。頭痛の予感が無いので、天神川ー御池ー堀川経由でトムスへ寄りました。目的は、パッド付ライナー、26インチ1.95のシングルトラックのタイヤです。今日は優先順位からパッド付ライナーだけ買うて帰りました。

 *余談です。*
 「最近26インチのタイヤが少ないです。その上に2.05以上の幅が多いので、昔のクロカン用のフレームには入りません。なんとか数品種探せたので来月買います。」

 結局は50.4km走りました。今年の夏は暑つかったですし、秋になったら雨が降るしで、久しぶりの50kmでした。翌朝も頭痛は出てませんし正解でした。と喜んでましたら、足に軽い筋肉痛が出てます。それとまた膀胱炎の兆候です。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-09 22:48 | 自転車 | Comments(0)

 今日は耳鼻の治療に石川医院に行きました。
 で、それだけではもったいない(?)ので、東山ドライブウエイを遠回りして走ってきました。医院は岡崎なんでその後東大路を五条通まで、駐車場へ行く観光の車輌やら、タクシーやら、搬入車輌を避けながら五条まで下がります。この東山五条の交差点からバイパスのトンネルまでのルートはいろいろあって、最短は五条バイパス、安全策は1本南の道の馬町交差点経由、裏技では清水寺の境内通過とか道はあります。今日は安全策の馬町経由で行きました。坂を上り始めた所の路地の入口に道標(南面・西面を合成。)

e0359590_22483928.jpg

がありました。もともとここにあったのか、東大路拡幅時に移動させたのかは不明ですが、向きがおかしいように思いました。さすがに馬町で通学の女子大生が歩いてます。途中には清水焼きの元産地だけあって府の「陶工高等技術専門校」

e0359590_22533105.jpg

がありました。バイパスに出たら草だらけの歩道を押してドライブウエイへの道を行きます。この道は京都中央斎場への道を兼ねてるんで、ベンツ他の特装車(?)が数台のハイヤーを引き連れて走ります。参考に東山ドライブウエイは一応「二輪通行禁止」ですが自転車は走行可能です。先日の台風で木

e0359590_22321188.jpg

が倒れてます。結構簡単に疲れずに阿含宗の三叉路に着きます。ここで子連れの狸が居ましたが、子は東の斜面に親は西の倒木の中に逃げました。ここから左折してチョット走ったら将軍塚の駐車場で、今日も観光バスが停まってます。無線以外でここへ来るのは久しぶりなんで京都市内

e0359590_17454282.jpg

を見てみますと、台風は接近してますがまァぁまァ霞んでますが見えてます。ここでも木が倒れてて

e0359590_14212144.jpg

市の言い訳(ですけど、予算と人員に対して倒れた木が多いんでしょう。)

e0359590_14205090.jpg

が貼ってあります。見たらこれ以上ここに用事も無いので帰ります。

 蹴上へ下りて南禅寺から北へ出たH高校には大学合格実績

e0359590_22561155.jpg

が貼ってありました。結構いい大学に合格しとります。

 この後は銀閣寺前の交差点を通過して、「まさか、大文字焼き屋さんは開いているか?」と、確認しましたがやっぱり閉まってました。この後はイズミヤで昼食のおかずを買うて帰りました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-10-06 18:08 | 自転車 | Comments(0)


 今度はMTBに装着の猫社CC-RD300Wがおかしかったです。


 その不思議を時系列で書きますと、

1.今月18日にGiant装着のサイコンがストールした.

2.念のためGTのMTBを確認するとMODEを押しても表示しない。

3.電池切れであろうと新しい電池に交換。

4.交換後フルリセットをかけたが表示しない。

5.念の為に他の電池に交換しても同じ。

6.「6年ではもったいないけど、買換えか?」と、アマゾンで品定め・・・。・・・。

7.翌実(今日)、「けど、こないだの事も・・・!」と、電池を入れると初期表示有り。


    『装着し動作確認。結局買換えはせんで済みそうです。

電池は事前交換します。 


 キャットアイ(書いてもた!)のSEの皆さん。

 電池交換後すぐにセットアップを始められるサイコンを作ってもらえませんか。時期が来ても事前に電池交換しやへんユーザーもどうかしてますけど、電池を交換してもすぐにセットアップ不可能なソフトもどうかと思います。

 



[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-08-27 20:50 | 自転車 | Comments(0)

涼しいなったら広河原やら佐々里、日吉から美山周回を走る予定です。
というか予定でした。

けど、広河原・佐々里・R162・弓槻他で通行止めです。

当分走れません。

 『Sep.02 追記』
 R162深見峠は片側相互通行の規制になったようです。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-08-25 11:57 | 自転車 | Comments(0)

 えらい涼しいなったんで走ってみました。

 今日はGiantで行こうと車庫から出してくると、ネコ目のコンピュータがストールして初期状態

e0359590_15460490.jpg

を表示してます。オールリセットの後初期状態から何度か失敗してやっと時刻も距離も入力しました。そこへ家内が起きてきて、
ヨメ「未だ出てへんかったん?」
ワシ「コンピュータがストールしてたし、再セットアップしてんにゃ!」
ヨメ「そんな物無かっても走れるんちゃうん。」
ワシ「ロードには験(げん)のもんや。」
ワシ「あの三重県のAさん(実際は実名で言うた。)でもTREKのカーボンのロード(実際はロードて言うた。)には付けてる。」
という言い訳のような状況説明の後家を出ました。

 京見峠へは当然のように然林房の横から上がります。いつも登りは旧道を行きますが今日はバイパスを行きました。あの程度の車輌の数やったら路面がきれいなだけでも走りやすいです。途中で陸上選手では無さそうな筋肉質のオネーチャンが走ってるのを、「次のトランスジャパンに出やはるの?」て、冗談を言いながら追い越してると、電動自転車のジイサンに追い越されました。いくらMTBみたいなギア比でもモーター付にはかないまへん。茶店前で少し休んだら峠を越えて下ります。杉坂の集落までの何個所かで再舗装がすすんでます。という事は当分拡幅工事は無さそうです。杉坂の集落の「凍結注意表示」は27℃

と微妙でした。つまり、一時期と比較して涼しいことは涼しいけど、走ったら走ったで暑いです。この付近でヘリが飛んでるのに気がつき始めました。機体のハラの着陸ギアが見えへんのと、赤と白の塗色から消防ヘリのドーファンのようです。
 杉坂口でR162への合流点には感応式信号機が有ります。ここのセンサーは正面にあります。「ここのも自転車を検知しよるか?」と正面に立つと、赤

の後で緑に変わりました。「めでたしめでたし。」です。この後はトンネルを通らずに中川の集落を経由します。今日も消防出張所には以前からと同じ消防救急車
が停まってました。写してると消防士さんが出てこられたんで、挨拶と消防救急車の会話後ヘリの確認をすると、「ただ、飛んでるだけ。」というお返事でした。慣熟飛行とか、地形を覚えるとか、着陸可能地点を探すとかいろいろおありでしょうが、「ただ、飛んでるだけ。」のお返事はいかがなものかと思いました。この後は、元気に走ったり、後続車に嫌がられたりしながら御経坂峠を越えて御室へ着きました。

 『ご参考:高雄のバス停下から御経坂峠に登る旧道らしき急坂が有ります。SPD以外の時はたまに押して歩きますが、途中で完全に斜面の崩壊で通行禁止になってます。一応工事はしてますが、利用価値で言うと完全復活は疑問です。』

 今日も叔母宅の管理のつもりなんで、昼食は7/11で買うた麻婆ナス丼を全部の窓を開けてから食べました。食事後は換気・侵入確認・散水・道路掃除・水道検針(偶数月)をしてから、テレビを見てゆっくり休憩しました。

 御室の叔母宅を出たらもう帰りますが、どこを廻ろうかと考えます。結局、仁和寺横から原谷経由の鷹峯からトムスに寄って帰ろうという結論です。 この仁和寺から原谷への道は聾学校から後がキツいです。参考に平地用機材(ミヤタ)では押してます。今日は坂用機材(Giant)なんでなんとか上がれました。原谷から先を行くと京都の自転車関係者ご存じ「千束の坂」が有ります。ここを羞恥心なしに(つまり、押さずに・・・。)登るために、いつもは素通りの「長坂古道」を押して登りました。登ってみると路面は古道の雰囲気

e0359590_23083895.jpg

満点ですが、途中の茶室らしい建物付きの家の生垣は無い方が雰囲気はありそうです。写真先の折り返し1回で登り切って



いつもの頭上カーブミラーの地点に着きました。(写真のバイクは逆向きです。)

 この後はどこを行っても変化が無いので、今宮神社経由でチョット相談したいトムスへ寄りました。ところが、トムスさんは20日まで夏休みでした。






[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-08-19 11:55 | 自転車 | Comments(0)

 ミヤタのクラシックロードにはヴィットリアのチューブラー(Rally)を履いてます。

 このタイヤに空気を入れるのに難儀してます。症状は、「空気圧900kPaが1週間で2/3の600kPaに下がる。」「ヘッドをバルブに深く装着するとハンドルが下がらず、浅く装着するとハンドルを押したとたんにヘッドが外れる。」の2点です。使用中のノーブランド(イワイで購入。)のフレンチ/アメリカン両用の2ヘッドが悪いのかと、ヘッドをヒラメに換えましたが入りません。
 ですがMTBの300-450kPaやったら入ります。で、「そうやったんか。このポンプは600-800kPaみたいな高い気圧に途中からは入らへんのや!」と、一応の結論で、コアを押して空気を抜いてほぼ0kPaにしてから、多い目に入れて900kPaになるまで抜いて調整してました。

 ですが、最近購入したGiantには純正のチューブレス(チューブを入れて使用。)が付いてます。1週間ぶりに乗ろうとすると多少は空気圧が下がってます。ところがです。そのままヘッドを填めてポンプを押すと空気が入ります。と、言うことはヴィットリアのチューブラーだけがおかしいという事になります。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-07-12 22:54 | 自転車 | Comments(0)

 もようしたウ〇コ(BS4)を出すのを待って、1020に家を出ました。

 アクエリ、パン、豆大福を買うて予定通りに深泥が池から鞍馬街道に出ます。貴船口から料亭街をゆっくり登って行くと、もう1100を済んでるんで客引きのオネーサンやら観光客がいます。けど、まだ梅雨明け前なんで、川の上でご飯食べたら寒いやろうと心配します。今回は貴船神社に何十年ぶりかで参拝しました。ここも例外なく外国人観光客が多いです。私の横で手を清めてた欧米人は友人に正しい作法を教えてました。何年か前に来たときは旅館街でも押してましたが、登れるギアのロードがいいのか、体調がいいのか、今日はとにかく登れます。このまま行ったら芹生峠まで乗っていけると淡い期待を持ちましたが、一つ目のヘアピンから押しが入りお地蔵さんの下からは完全に峠まで押しました。周回で行って、京見峠から帰ろう(R162の登りは追い越されるときが危険。)と考えると、芹生峠か花脊峠です。花脊の場合坂自体はマシそうですが、距離も伸びますし標高が高いので坂も長いです。(NAVITIMEでの計測では長いて言うても約4kmでした。)その結論がこの芹生峠

e0359590_22090061.jpg

です。(ロードでMTBみたいなチェーンラインは格好悪いわ!)押してはいますが最終的には登れました。芹生の集落に下ると「国定公園指定記念」の碑

e0359590_22093907.jpg

がありました。左京区と右京区だけしか書いてないので京都市が建てたようですが、建てる以上は局名・部名・課名は書くべきでしょう。ここから1車線チョットの府道が続きます。あまりに対向車が来やへんので気ィよう走ってると対向車がきて気を使います。途中までで水を1本飲んだんでここで

e0359590_22092819.jpg

水を汲みました。この道は冷たい水が2個所で汲めます。
 R477へ合流すると周山までは、あの悪名高い切り返しのR477とは思えへん車線の国道らしい国道が続きます。黒田の付近に京北トレイルを兼ねた「旧京街道?」の案内

e0359590_23102831.jpg

がありました。昔は小学生の修学旅行はここからトロ峠を歩いて越えて、芹生峠を越えて貴船口から電車で出町柳へ出たようです。川を見ると友釣り

e0359590_22510408.jpg

をしたはります。私も20歳代の頃やってて炎天で暑いのに足が冷たかったんを思い出します。さっきのR477合流点から約15kmを快適に走って周山に着きました。昼はスーパーのサンダイコーで牛乳を買うて、店内のテーブル

e0359590_23103699.jpg

を借りて自前のパンを食べました。
 さて、後は峠を3個(笠峠はトンネルなんで、2.5個です。)も越えて帰ります。まず1個目の栗尾峠は自転車専用になった旧道(ほんまは歩行者も可能ですが、そんな酔狂な人は居らんでしょう!)を登っていきます。自動車を気にせんと登れるのはいいですが、管理されてないので枝と石が散らばってます。峠の手前にはベンチがあって、魚が淵の吊り橋やら周山  

e0359590_09095660.jpg

の集落ながめながら豆大福を食べました。栗尾峠の後の関西電力専用道路?への合流点に自転車だけは通過できるはずの柵があります。が、あの柵はもう少し広くは出来んかと思います。異常な狭さです。私の知人の「4サイド」では通れません。私も乗ったままで通ろとするとキツかったです。この先のR162細野の合流点に信号の車輌検知器が有ります。1度試してやろうと真下に自転車ごと立ったら、ちゃんと検知して青になりました。今日もトンネルでは後続車を確認してから走りましたが、今日は何台かに追い越されました。
 杉坂口から京見峠への道へ左折すると、峠は京見峠1個です。たまに突っ込んで来る自動車に耐えながら登っていきます。今日はお久で峠の下の水場で1本汲んで帰りました。休んでたクロスバイクのオッチャンと  
ワシ「夏の自転車は苦行ですわ。もう歳のせいも有るけど。
オッ「どこ走ってきやはったん?」
ワシ「貴船峠越えて、栗尾峠の旧道から越えてきましたんや。」
オッ「若い人でもしんどいわ。50kmほどやろか?」
ワシ「家に着いたら65kmほどになるでしょうね。」
という会話の後で、峠を越えて、それなりに下って、北山通りから帰りました。

 京見峠の水は家へ帰ってからのコーヒーの水になりました。

次回は「家-鞍馬-花脊峠-別所-周山-栗尾峠-京見峠-家」の70kmに挑戦です。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-06-23 10:32 | 自転車 | Comments(0)

 旧朽木村周回の60kmから元気に帰ってきたんですが、「もう1回60km行こか・・・。」と越畑ー笠トンネル周回を走ってきました。

 入口の鳥居本へは当たり前の金閣寺・福王子経由で行きます。鳥居本の伝建地区を予想以上に少ない観光客を見ながらゆっくり登ります。観光客はほぼ全員が欧米人です。平野屋さん前の愛宕神社一の鳥居前を左へ行きます。この先六丁峠手前では押しました。この峠の先はこれでもかのヘアピンの劇坂で川まで下ります。下った所に落合橋と落合トンネル

e0359590_21275012.jpg

があります。夜には行く気が起こりそうな場所ではありませんが、それだけに殺人事件の現場としてテレビドラマに出てきます。たいていがこの橋から落とされて欄干とかに指紋とかゲソ痕とかが付いてて、榊研究員とか大門刑事とか鶴丸検事とか副所長が解決させます。この先にも断崖の上に狭い道があって、斬られた武士やら渡世人が突き落とされるシーンに出てきますし、途中の旧保津峡駅(トロッコ保津峡駅)の吊り橋も映画に出てきます。この辺でウ〇コもよおしてきたんで保津峡駅

e0359590_21275126.jpg

に急ぎます。1人待って個室に入るとたくさん出ました。秘境駅のHPを見ると、都会にある秘境駅と紹介されてます。確かに京都市右京区ですが最短の水尾の集落まで3.8kmほど有ります。緩い坂を登っていきますと水尾に着きます。この地域は柚(京都ではゆうと発音。)の産地なんで「鳥の水炊き付きのゆず風呂」で有名で、私の現役中の知人は毎年新年会登山で愛宕に登って、ゆず風呂に入って、鳥の水炊きを食べるのを恒例にしてました。この集落から神明峠へのキツい登りが始まります。ここはなんとか歩かんと上がれました。この峠は亀岡と水尾の間の峠やと思います。それはなんでかと言うと、水尾から来て越畑へ行こうとすると、峠まで上がってきたのにまだ登ってます。結局次の集落である樒原の手前まで登り続けました。この集落から次の越畑までは棚田

e0359590_21541586.jpg

で有名です。この集落には「蕎麦の名店」が有ります。美味しいらしいですが、ここまで来る価値は理解できません。が、そんなこと言うと東吉野村のよしの庵さんも、綾部市の四百年屋さんも、開田高原のふもとやさんも存在価値が無くなります。ここの坂を下るとため池「廻り田池」で南丹市

e0359590_21541818.jpg

に入ります。南丹市にはいったとたんに2車線になって、道がいいていうのは朽木の逆です。写真を撮ろうと携帯を出すと電話が入ってました。(前のauやったら入ってません。)電話を終わって見るとため池

e0359590_21541926.jpg

は満水状態でした。  

 最近の体調としては十分走ったんで、帰りの準備として笠トンネル入口の京北町細野へ走ります。途中まで植林した杉林が両側に続く1車線の道を行きます。夜に小さめの車輌でスポーツ走行をすると面白い道です。家から小さいパン2個とバナナ1本を持ち出して食べましたが、当然足りひんので昼食に予定してたラーメンのキャプテン10年ぶりぐらいに行きました。このお店は「イノシシラーメン」で有名で、ジビエていう単語が流行る前からジビエがカンバンのお店です。このお店も自転車のお客さんも多いらしくバイクスタンドが出来てて、ありがたく使わせていただきました。さて、この先のトンネルから杉坂口の信号までダンプも走る国道で乗用車も速いです。そんなんで入口で後続車が無いことを確認してから思いくそ走りました。杉坂口まで帰ってきたら残るは杉坂の集落から京見峠を残すだけです。さすがに杉坂の集落には園芸用と思える「台杉」

e0359590_16215784.jpg

が育ててあります。今日は休憩のついでに道風神社

e0359590_16204904.jpg

参拝して字の上達(象形文字がチョットでもマシになるように?!)をお願いしました。参拝後もうあかんとゆっくり走って、京見峠からから下りは今日もバイパスを走りました。

 実はこのGiantを買うてから行ってないのでトムスへ寄って、「このGiantは北嶋店長に始めて組んで貰いましたが、きれいに組んであるのと、サドルの高さが私の身長に丁度でした。」て言うてから帰りました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-06-10 16:26 | 自転車 | Comments(0)

 PD-A520を2,400円で落札しました。

 現在、ペダルを3組持ってます。GiantのロードにはMiyataに付けてた片面SPD片面フラットのPD-A530、GTのMTBにはプラスティック製のオフロードペダル、PD-A530を外したMiyataのロードには手持ちのクリップ付きペダルです。ところがSPDに慣れた身にはクリップのついた面を上にして足を入れるのがイヤになってきました。そうかというて普段使用のバイクはスニーカーでも気軽に乗れる方がいいです。  

 そんなんで、ではとヤフオクでSPDペダルを探しました。何回か負けたり、価格から諦めましたが3回目やったかにPD-A520を落とせました。当然中古なんでクリートの傷は有りましたが、キャッチ部も含めてきれいです。結構いいのを落とせたと思います。
 使用した感覚では、クリートがはまったときのクリック音の大きさから安心感が感じられるのと、いい意味でのロード用なんでビンディングシューズ限定で裏が踏めません。

で、今Giantについてる530をMiyataのロードに、

e0359590_18000330.jpg

今回入手した520をGiantのロードに、

e0359590_18001666.jpg

ていうのが良さそうです。現物を見ると総合評価として価格相応以上のペダルを買えたようです。

 さて、なんでロードバイクでビンディングシューズにSPDペダルを使うかです。最大の理由は歩けることです、もともと 運動能力に自信がありませんし、何年か前から無理に漕ぐと股関節と大臀筋の付近が痛いです。そんなんで遠慮無く歩けるビンディングシューズつまりSPDにしてます。それに走った先での見学やらにも歩きやすいです。もう一つの秘密の理由は、トイレの床(タイル)で滑らへんことです。 

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-06-08 22:46 | 自転車 | Comments(0)

17.May.2018 旧朽木村周回

 新車で今日は「朽木村周回(当初の予定は旧京北町・美山町周回)」に行ってきました。

 朝0600にアラーム一発で起きたんですが・・・、・・・。なんやだるいですし、左の首から上が凝ってます。朝食を食べる気も起こりません。予定では食事後すぐ出て、スプリングス日吉の温泉Pに駐車して、走って、温泉に入って帰るはずやったんですが、70km以上走る気力はどこからも出てきそうにないです。少し倒れてると動けそうになったんで、朝食後に旧朽木村周回の50kmやったら走れるという自信から、スプリングスひよしから朽木温泉に行き先を変えました。

 R367を走って、まずローソン朽木店で昼食用のパンとスープを買うてから思いつきました。

「いつもは道の駅に駐車するけど、この気温で汗をかいてから車輌に乗るのはイヤや!」

 その結論で安曇川を渡って朽木温泉のグランド横に駐車しました。見たらゲートボールかなんかの大会ですごい人と駐車車輌

e0359590_18095952.jpg

です。それも、滋賀県名物の白・グレー・茶と色とりどりの軽四で、都会やったら免許証を返納しそうな人ばっかりです。あれだけの人と走り終わった頃に風呂で重なったら待ち時間が心配です。「まァ、とりあえずは目的を達してから考えよう。」と、ロードを屋根から下ろして桑野橋への裏道からR367に合流して、梅ノ木まで走ります。すぐに堀場製作所の研修所

e0359590_06453209.jpg

が有りました。山荘風の建築で景観に治まってますが、脱走しても何にも無いし、バスもないし、猿は居るし、鹿も出るし、夜には目ェが光るしで、悲壮感が漂いそうです。川の流れでは源流方向ですし登りますけど、坂がきつい後には下りがあってもったいないです。遊びの車輌の多い土日もイヤですけど、ダンプやらの11tもイヤです。けど結果的には予想より大型車は少なかったです。たまにピザ屋さんやら鯖寿司屋さんがありますし、途中で食事の人もいるんでしょう。梅ノ木手前では懐かしい谷を橋で越えます。まず「貫井谷」
e0359590_06505520.jpg

です。水の流れは少ないですが入ってみると、ヌメル滝の連続したルンゼみたいな谷で源頭から登りきって、ちょうど武奈ヶ岳山頂に出ると感激します。次は「三舞谷」

e0359590_06505633.jpg

です。滝は少ないですがハーケンやらザイルやらド真剣の装備でないとアカン谷やったと思います。どっちにしても俗に「山で迷うたら谷に下りるな!!」は比良では常識でしょう。梅ノ木で借りたトイレの横にシャガ

e0359590_06454716.jpg

が咲いてました。

 ここを右折して旧朽木村最奥地へと走ります。途中で十分追い越せるのに追い越してくれへん車輌を、下車して行って貰うとハマーでした。皆さんがどんな自動車を買われてもいいですけどチョットこの辺りの道を走る自動車では無いと思います。キャンプ場手前から京都市左京区

e0359590_06454895.jpg

です。何人の小中学生が住んでるかは知りませんが、学校は京都市立やなしに大津市立に通学やと思います。その先の三叉路を右へ行きます。ずっと前のラリーをやってる頃、オフィシャルとしてこの三叉路で先行車と待ち合わせをしてました。空き地にツクシを見つけた私らは、先行車が来るまでツクシを取ってたんを思い出します。(もちろん家で食べました。)さっきの京都市の入口から2.1km走った所で高島市朽木

e0359590_06455234.jpg

に入ります。入ったとたんに、舗装も割れてますしガードレールもありません。

 ここから最奥地の生杉口まで滅多に来やへん自動車に追い越されながらのどかな山村を走ります。ここで1日数本の高島市営バスに追い越されました。たまに止まって新しい携帯(ガラホ)のテストをします。ほぼ全区間で使用可能でした。au携帯の頃はほぼ全区間で圏外なんで、「送信不可」にしてカメラ単体にしてた頃と比較すると大きい違いです。途中に比叡山横川のお札を貼った札場

e0359590_06455395.jpg

が有ります。以前聞いた話では「弓坂峠」へ行く峠道で昭和中期までは郵便屋さんが越えてたらしいです。10年ほど前に某峠の大家N氏と越えかけましたが時間切れで止めたことがあります。最奥に近い集落生杉口の休業の休憩所で大休憩をします。ここでトイレに行った後でサイコンを見たら「0km」にリセットされてました。予備の手持ちでしたが取付けて数日です。この集落から峠へ登るともうほぼ中心街まで下りです。この区間も携帯のテストをしながら下りました。
 もうすぐR367ていう地点から麻生方面へ行きます。この集落に以前北山クラブの友人が住んでたんで、会えへんでも集落の雰囲気を見るのと距離を60kmにするのを兼ねて走ってみます。もう十分60kmになるやろうという地点まで行ってR367へ行きます。支所の前の橋を渡って温泉へと近づきます。ここの橋を渡るところで牛が生きてる証明の臭気が漂います。ここでは乳製品の即売もあるらしいですが臭気の後の乳製品には考えさせられます。温泉への道に入って朽木スキー場の案内看板

e0359590_20233084.jpg

ですけど、コルチナダンペッツォ銀メダルの猪谷千春さんみたいな滑り方です。この先で左折して朽木温泉への坂道が始まります。汗をかいた体で自動車に座らんと温泉に入れるのと、駐車・昼飯・コーヒー・温泉を1個所で済ませられますけど、入口から温泉までエグい登りです。ギアを使い切ってやっと登りきりましたけど、麻生まで往復して、駐車場へ登ってきたのに60kmにまだ1km足りません。仕方なく昼食のスープ用の湯を沸かしながら駐車場を何周も走って60kmにしました。

 パンとスープの昼食後はコーヒーを飲んで温泉に入って帰えりました。

 最後にあの坂を登ったことは後悔しますけど、快適でした。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-05-18 22:14 | 自転車 | Comments(0)