人気ブログランキング |

カテゴリ:頭痛( 94 )

ビール禁止宣言!!

ビールは止めます。

だんだんと「抗CGRP抗体の効果」が切れてきました。

『片頭痛』が出るようになって以来、ビールが飲めません。
以前の記事でもビールと他の酒類との比較を書いてるように、250mlでも頭痛が出ます。

「抗CGRP抗体の治験」を受けて以来500mlまでは出ませんでした。
それが治験終了後3ヶ月で効果が切れかけて、350mlで軽い頭痛が出ます。

当分(?)ビールは止めます。
チョットでもマシなチューハイにします。

by ashita-doko-doko | 2019-08-13 21:26 | 頭痛 | Comments(0)

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 今月も抗CGPR抗体の効果を実感してます。28日間で3回(9.3日に1回)マクサルト服用と、最後の投薬から3ヶ月経ってますがまだ効力は続いてるようです。服用した3回は、気圧の低下、1回は炎天の流れ橋往復、週末の各1回で、ビールを飲んで出てないのは感激です。この出てない間にいい体を作って、ビールを楽しみたいです。


『今日の診察の特記事項』
 コーディネータからの「4週間どうでしたか?」という質問で、「まだ効果は残ってるようです。」「ただビールについては、同程度のアルコールの酎ハイと比較して、1時間で治まるレベルの軽い頭痛が出ます。そんなんで、アルコールについての効果はあんまり残ってないようです。

 主治から、「まだ効果は残ってると思うか?」と尋ねられたんで、「平均値が月に6回で、直近が3回なんでまだ効果は残ってると思います。」と答えました。結果的に予防薬はまだ服用する必要は無いようです。それと、「8月中は炎天で自転車に乗らないこと!頭痛が出るのに決まってるんやから!」とロードバイク禁止令が出ました。(その前に休業宣言を出してましたけど。)

 診察料は以前の「580円(追記有り。)」に戻ってます。あえて確認はしてませんけど。


『今日の診察後の食事』

 午後の診察なんで終ったらそのまま帰りました。


『今日の診察のついで』
 出たついでは無しです。あの気温の中どこへも行ってません。


『12.Aug 追記:診察料の差額について』

 先月はマグミットを頂いてませんが、今月は20日分頂きました。その処方箋発行の点数68点の3割負担分でした。マクサルトは先月も今月も頂いてますがが、治験の製薬会社負担で医院から処方箋の発行はありません。


by ashita-doko-doko | 2019-08-06 14:08 | 頭痛 | Comments(0)

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 今月も抗CGPR抗体の効果を実感してます。28日間で2回(14日に1回)マクサルト服用と、最後の投薬から8週間以上経ってますがまだ効力は続いてるようです。服用した2回の、うち1回は気圧の低下で、うち1回は花脊峠周回70kmで、ビールで出てないのは感激です。この出てない間にいい体を作って、ビールを楽しみたいです。


『今日の診察の特記事項』
 コーディネータから、「4週間で服用されたお薬は?」という質問で、耳鼻咽喉科での薬を写した写真を見せました。

 主治医に、「右の発症が減ってるのもうれしいですけど、左の首から側頭部の発症が全く無いのが嬉しいです。」と言いますと、「偏頭痛は個人差でいろんな症状がでる。それも減ってるのが治験の確認になる。」と言われました。それと、「今後も、急に回数が増えるまで、このまま予防薬(セレニカR・ミグシス)無しで様子を見ます。」と言われました。

 診察料は普段より安かったです。まだ治験の経過確認中なんで、一部の診療報酬が製薬会社の負担なんやろうと思います。それにマクサルトがまだ製薬会社負担で自己負担無しですし。


『今日の診察後の食事』

 午後の診察なんで終ったらそのまま帰りました。


『今日の診察のついで』
 出たついでに喫茶店のオレンジへ行って、溜まってた週刊誌を読みました。


by ashita-doko-doko | 2019-07-08 19:02 | 頭痛 | Comments(0)

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 今月はさすがの抗CGPR抗体を体験しました。28日間で2回(14日に1回)マクサルト服用と、最後の投薬から4週間以上経ってますがまだ効力は続いてるようです。服用した2回は、1回は排便が無かったことと、もう1回は気圧の低下でした。ビールと自転車で出てないのは感激です。この出てない間にいい体を作りたいと思います。


『今日の診察の特記事項』
 コーディネータからの「4週間どうでしたか?」という質問で、「ビールと自転車を楽しんでます。」と言うと、「長い方でも6ヶ月で抗CGPR抗体の効果がなくなるので、油断しないでください。」「それと、怪我をされないで下さい。怪我をされても治験経過の報告事項です。」と言われました。

 主治医からは「今後も、急に回数が増えるまで、このまま予防薬(セレニカR・ミグシス)無しで様子を見ます。」と言われました。

 診察料は普段より安かったです。まだ治験の経過確認中なんで、一部の診療報酬が製薬会社の負担なんやろうと思います。それにマクサルトがまだ製薬会社負担で自己負担無しですし。


『今日の診察後の食事』

 今日からは治験の注射が無いので夜の診察にしてます。そんなんで終ったらそのまま帰りました。


『今日の診察のついで』
 出たついでは無しです。が、月曜日は耳鼻科へ行くので、頭痛の診察前に行きました。


『ここで疑問』

 抗CGPR抗体の効果は1ヶ月と言われてます。私は3ヶ月(3回)の治験終了からの1ヶ月間で2回出ました。まだ効果が続いてるような頭痛の回数です。長い方やと6ヶ月間効果が残るようです。と言うことは、「2ヶ月間投与して、その後2ヶ月間効果を享受する。」というスケジュールやったら、医療費は約48万円(保険診療で15万円。月間12,500円)なんで、手の届く範囲です。

 とはいうても、厚労省は「1ヶ月に1度やから、毎月投与でないと保険診療ではない。」て言うのとちゃうかと思います。


by ashita-doko-doko | 2019-06-11 17:03 | 頭痛 | Comments(0)

まず結論を言うと「成功!」でした。

 「抗CGRP抗体」の治験を受けました。3ヶ月間ですが大成功でした。前年までの7年の平均で3ヶ月間合計24回マクサルトを服用したのが、治験中は7回でした。(日を合わせてませんので概算です。)単純な計算で約1/3以下に減ってます。事前に、「今まで治験では平均値1/2に回数が減少。」と聞きました。それが1/3なんで大成功と思います。

 特に排便が少ないこと等の精神状態と、飲酒に効きました。ほぼ発症は「0」です。私は片頭痛が慢性化した頃からほぼ飲酒を止めています。現実としては、ウイスキーを30cc,日本酒を90ccは問題ありませんがビールは250ccで片頭痛を発症しました。それが、日本酒180cc、ビール500cc、チューハイ350cc飲んでも出ません。
 ただ、自転車で走った後の発症は、治験終了時には特に回数が減っていませんでした。現に5月の白馬村への家出では毎日出てました。が、以降は旧京北・美山周回の90kmと旧信楽柘植周回60kmでは出てません。
 山間部でのジョギングは短距離での1回がありますが発症してません。登山は期間中に行っていません。

 長所は、
1.注射は痛いですが月一回です。予防薬は服用しない。
2.それだけで被治験者平均で50%頭痛回数が減少。(私の場合は1/3に。)

 欠点は、
1.注射が痛いです。インフルエンザワクチンの痛さを越えます。(液体の粘性と、量の多さが痛さの理由らしいです。)
2.予定価格が96万円。7割引で約30万円。一般的な予防薬・頓服(マクサルト等)とは比較になりません。

 総合評価は、
 職業をお持ちの現役の方で、発症すると業務を休まざるを得ないレベルの方には特効薬です。ですが私のような年金生活者には効果の割に高額です。それに、私にとって一番減らしたい「自転車」に対しては効果が薄いので、保険適用されてから投薬するかは微妙です。

by ashita-doko-doko | 2019-05-19 09:00 | 頭痛 | Comments(0)

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 さすがのCGPR抗体も5月の連休には力不足でした。28日間で9回3.1日に1回)出て、内5回マクサルトを服用しました。服用した内4回は自転車で、1回はロードバイクで旧加悦町周回7峠、他3回はMTBで白馬村の家出3日間です。ビールと天候では出やへんのに自転車では出ます。


『今日の診察の特記事項』
 「白馬村の自転車で3回出ました。遊びすぎですわ。」と言うと、「治験中に無茶すると、いいデータが出やへん。」と言われました。「いえ、私にとってはごく普通のゴールデンウイークの生活です。」と言うときました。


『今日の診察後の食事』

 今日は注射が無いので早いこと終わりました。で、帰りにパンを買うて帰りました。


『今日の診察のついで』
 出たついでは無しです。


by ashita-doko-doko | 2019-05-10 18:18 | 頭痛 | Comments(0)

『この記録は私の抗CGRP抗体治験の記録です。これから治験を受ける方や、偏頭痛の患者さんの参考になればと記録を残します。
読まれた方が治験を希望される受ける場合は、あなたの主治医と相談してください。
また、この問題について、私の個人名、主治医の所属する医療機関法人名、主治医の氏名等は質問されても回答はしません。』

1.関連の検査
 今日はもう注射はありません。経過の確認の尿検査・血圧測定・血液検査です。採血量は前回同様普通の検査用の小さい容器が10本ほどありました。

2.タブレットによるアンケートへの回答
 20件は有りそうなたくさんの項目のアンケートへ回答しました。今回も、自殺願望やら、自傷願望やらの項目も入ってました。

3.注射
 注射は前回までの3回で終わりです。

4.コーディネータからのお話
 今回で治験は一応は完了なんで経過入力用のタブレットは返却しました。
 ただ、「6ヶ月後の最終検査まで頭痛回数のデータにご協力をお願いします。」と言われました。「はい。」と答えますと、「その間マクサルトは当社で負担します。」という特権付きでした。(ラッキーです!!)

5.治験終了のお話
 今日からもミグシスとセレニカRは服用しやへんようです。理由は最後の注射から何日後に元の回数に戻るか(増えるか?)の確認をするようです。そんなんで次回以降の診察時の「頭痛日誌」の内容次第で服用開始らしいです。

by ashita-doko-doko | 2019-05-10 18:05 | 頭痛 | Comments(0)

 不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 さすがのCGPR抗体でした。28日間で5回5.6日に1回)出て、内2回マクサルトを服用しました。出たんは2回とも自転車で、1回はMTBで自然歩道の落合-高雄間を押したときと、2回目は花脊梅ノ木周回です。お酒やら天候では出やへんのに自転車では出ます。

 お酒は「金麦350ml」「宴会でアサヒプレミアム小ジョッキ2杯。」「キリンチューハイ350ml」でしたけど服用するほどの頭痛は出てません。


『今日の診察の特記事項』
 「5回出ましたけど、マクサルトの2回で自転車です。4ヶ月ぶりの90kmで出ました。」と言うと、主治医と治験コーディネータから「90kmは長すぎる。私らでも片頭痛が出るわ。」て言うて頂きました。他に前回採血した検査の結果を聞きました。軽い貧血(40年のおつきあい。)を除いて特記事項は無いそうです。


『今日の診察後の食事』

 今日は治験の第3回目の注射の日で、終わってから近所のハンバーグ屋さんに行きました。


『今日の診察のついで』
 出たついでにアヤハで自動車のバッテリーと、魚のエアポンプの交換パーツを買いに行きました。その後で医院のハシゴで石川耳鼻咽喉科へ行く時間調整に、吉祥院のビッグコミックとポストとを熟読しました。


by ashita-doko-doko | 2019-04-14 21:57 | 頭痛 | Comments(0)

『この記録は私の抗CGRP抗体治験の記録です。これから治験を受ける方や、偏頭痛の患者さんの参考になればと記録を残します。
読まれた方が治験を希望される受ける場合は、あなたの主治医と相談してください。
また、この問題について、私の個人名、主治医の所属する医療機関法人名、主治医の氏名等は質問されても回答はしません。』

1.関連の検査
 今日も注射前に検査があります。まずは診察券を出した途端に、尿検査の紙コップを頂きました。その後は血圧測定で血液検査です。採血量は前回同様普通の検査用の小さい容器が10本ほどありました。私の細い血管で針を刺し直さんと10本分も採血できたのは看護師さんの技術のおかげです。

2.タブレットによるアンケートへの回答
 20件は有りそうなたくさんの項目のアンケートへ回答しました。今回も、自殺願望やら、自傷願望やらの項目も入ってました。今日はこの「自殺願望」について聞いてみました。すると、片頭痛の発症で「精神状態がおかしい。」「自分の頭痛はいつまで続くんやろう。」て、考えてる人が居るんでその延長での自殺願望の確認をしてるようです。

3.注射
 1.2.が終わってやっと注射になりました。今回も当然のように主治医・看護師・コーディネータ・私(もっと当然!)らがホンマもんかタダの水か不明な注射を、いかにもホンマもんのように注射されました。ただ、今回は1本です。今回もやっぱり痛かったです。看護師さんから「チョット粘りがあるのと、筋肉内への注射の割に量が多いから痛いんでしょうね。」て聞きました。こんなけ痛い目に会うて、プラセボ(ウソ薬)やったらやっぱりイヤです。

4.注射後の経過観察
 今回も「1時間は医院内に居て下さい!」と言われました。今日はもちょっと前の「山と渓谷」を持って行きました。

5.治験終了のお話
 今回の治験での注射は終わりです。来月で治験関連の通院は終わりなんで、「頭痛報告用のタブレットと充電器と、その入ってた箱を持ってきてください。」と言われました。来月の通院日からはまた以前のセレニカRとミグシスの服用を再開です。

by ashita-doko-doko | 2019-04-14 21:34 | 頭痛 | Comments(0)

『この記録は私の抗CGRP抗体治験の記録です。これから治験を受ける方や、偏頭痛の患者さんの参考になればと記録を残します。
読まれた方が治験を希望される受ける場合は、あなたの主治医と相談してください。
また、この問題について、私の個人名、主治医の所属する医療機関法人名、主治医の氏名等は質問されても回答はしません。』

1.関連の検査
 今日も注射前に検査があります。まずは診察券を出した途端に、尿検査の紙コップを頂きました。次は心電図の検査が減って、血圧測定の後で血液検査です。採血量は前回同様普通の検査用の小さい容器が10本ほどありました。私の細い血管で針を刺し直さんと10本分も採血できたのは看護師さんの技術のおかげです。

2.タブレットによるアンケートへの回答
 20件は有りそうなたくさんの項目のアンケートへ回答しました。今回も、自殺願望やら、自傷願望やらの項目も入ってました。この注射で精神状態がおかしなった人が居やはるんかもと思いましたが、コーディネータに質問すると片頭痛患者にはそこまでの心境になる方が居られるようでその確認やそうです。

3.注射
 1.2.が終わってやっと注射になりました。今回も当然のように主治医・看護師・コーディネータ・私(もっと当然!)らがホンマもんかタダの水か不明な注射を、いかにもホンマもんのように注射されました。ただ、今回は1本です。今回もやっぱり痛かったです。看護師さんから「チョット粘りがあるのと、筋肉内への注射の割に量が多いから痛いんでしょうね。」て聞きました。こんなけ痛い目に会うて、プラセボ(ウソ薬)やったらやっぱりイヤです。

4.注射後の経過観察
 今回も「1時間は医院内に居て下さい!」と言われました。今日も「十津川警部」を持って行ってよかったです。

by ashita-doko-doko | 2019-03-15 17:58 | 頭痛 | Comments(0)