カテゴリ:お出かけ・旅( 30 )

 「最近どこへも行ってないな・・・。」と言う事で、家内と今津の西友さんまで鰻を食べに行きました。因みに、「セイユウ」では無く「ニシトモ」です。

 家を出ていつものように途中(地名のトチュウ)から和邇へ下って、和邇インターから湖西道路へ入ります。途中(行くトチュウ)で時間調整と珍しいとこへ行こというのを兼ねて、白鬚神社

e0359590_20281840.jpg

へ行きました。以前は駐車車両は数台で鳥居

e0359590_20281827.jpg

を見てる人は数人やったんですが、今日行ったら駐車場はほぼ満車やし、鳥居の見える階段にはたくさんの人やし、岩屋の参拝は待たんといかんしで、空いてるのはシャクナゲ

e0359590_20281764.jpg

の前だけです。家に帰って「白鬚神社 インスタ」て検索したらたくさん出てきます。参拝後は今津まで残りの距離を走ります。

 はい、1155頃お店に着きました。今日も混んでて名前を書いて2組目で入れて貰いました。う巻き付き鰻重と小鮎の天ぷらを2人で分けて食べました。美味しかったです。出るとお店の駐車場はもちろん土日祝用の駐車場

e0359590_21012145.jpg

も結構詰まってます。う巻きが付いてるだけで豪華ですしボリュームもあります。美味しく頂いて食べるお店を出てたら、ここの本店というか焼いたり炊いたりしてるお店へ行って、小鮎塩焼き、鮒の子まぶし(滋賀県独自の食品のようなんでリンクを貼りました。)、鰻の蒲焼き、小鮎の炊いたん他を買うて帰りました。今日の買い物は西友さんだけでは済みませんでした。「道の駅藤樹の里安曇川」で小芋、新タマネギ他野菜、丁稚羊羹、たくあん、ハバネロオリーブオイル、他を買うて帰りました。

 帰りはそのまま行きの逆を走って帰ります。今度は逆に和邇インターを出て途中(地名のトチュウ)から大原経由で帰りました。たくさん食べて走ったんで大原へんで睡魔が襲うてきました。家までもうチョットて言う信号で青に気がつきませんでした。

 『ここで書いときます。』
 私の家は左京区の北部(距離的には南部)に有ります。湖西バイパス・湖西道路を使うと「京都」ていう出入りのカンバンを信用してません。例えば家に帰ろうと和邇インターを出ると、京都へ帰ろうと出てるのに、また京都のカンバンがインターから入るように向きます。以前は、当時の西大津駅駅から入るときに「京都」の方へ進むと南へ向いたんで右折(右折禁止)して北へ向きました。再考をお願いしたいです。



[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-05-21 21:39 | お出かけ・旅 | Comments(0)

記録は残してますけど6年前の記憶です。間違うてるかもしれません。

 今年は5年ぶりに「御神渡」が見られるそうです。私は2012年2月に家内と行きました。当日のスケジュール等は、Googleカレンダー・おこづかい帳・写真のデータ・無線日誌から調べました。


  「行く前」
 「今年は寒い!御神渡を一度は見たい!」と諏訪市関連のHPを閲覧してたら、「御神渡・・・!!」のニュースが出ました。それで、翌日事務所で翌週の受注件数を見て「来週月曜休むけど・・・!」て言うことで、その晩ネットで「華乃井ホテル」を予約しました。


  「1日目」
 家を出て当たり前の名神・中央道を走ります。当日の出費の記録(おこづかいちょう)を見ると山科のすき家で朝食を食べたようです。途中の一ノ宮PAではスタバへ行ったり430MHzFMで遊んだりでゆっくり休みました。また当たり前の諏訪ICで下りて、家族の食事でいつも行く「小林うなぎ」で昼食を食べました。食べた後は湖岸へ出て御神渡

e0359590_13315874.jpg

を見学します。氷の厚さは約4.5cm

e0359590_13324176.jpg

ほどはありそうです。湖面へ出て乗ってみました

e0359590_13324014.jpg

が割れませんでした。
 見た後はサンリツ美術館で陶器を鑑賞の後、下諏訪大社へ参拝してからホテルへ入りました。ホテルの前は隣の諏訪赤十字病院のヘリポートです。「不謹慎やけど、飛んできたら・・・、ラマやったらもっと・・・。」と期待しましたが、不謹慎な期待は外れてよかったです。
 このホテルの名物はワカサギ天ぷらの食べ放題でした。たくさん食べました。美味しいのでビールを飲んだんで、記録を見ると日が変わった0230に片頭痛が出てました。


  「2日目」
 朝食後、家内からクレームが出ました。「御神渡はえェけど、諏訪まで来たのに雪が無い!!」「雪の上を走りたい!!」て言いよります。「高速は道が解らん。」て言いながら、「雪の上は走りたい。」とはこれ如何にとは思いながら霧ヶ峰まで行きました。記憶では集落がなくなった頃から圧雪状態やったと思います。月曜で空のリフトが回ってるスキー場から八島湿原方面へと行くと、2車線全面が圧雪路

e0359590_13324110.jpg

です。冬の八島湿原を見たかったんですが、全く車輌の無いこの環境でスタックしたら山岳遭難です。1人ずつ何度か走ってから「片倉館」の温泉に入って、諏訪SAで八幡屋キットカット信玄餅他のお土産を買うて、諏訪SAでの食事の後で帰りました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-02-03 13:57 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 「平湯館」が民事再生を申請したらしいです。(去年の3月のことですんません。)

 「夏にどこへ行こうか?」「白馬村は遠い。」「志賀はもっと遠い!」て言うので、いつもの平湯館を検索したら、タイトルの記事が出てきました。口コミを見ると、「古い。」「設備が悪い。」「風呂が寒い。」「ご飯が・・・。」て出てきます。確かに、関西人にしてみたら、味は濃いわ、料理はこれでもかほど手を入れてるわ、風呂行くまで遠いわ、風呂は寒いわで口コミ通りです。

 けど、税込み¥10,800.でA5和牛は出るし、風呂までの期待を持たせる廊下の奥の、掛け流しの浴槽とあの広い樋から流れ落ちる露天風呂の雰囲気。(風呂へ入るまでの雪を踏むのは冷たかったですが。)あの3,000坪(その固定資産税も負担?)の土地から湧く自家源泉100%掛け流しは値打ちもんでした。当たり前の事かもしれませんが、雪の日にはフロントガラスの雪が下ろしてありました。

 再生は困難でしょうし、あの風呂が無くなったら残念ですが、一度は行ってみたいです。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2017-07-25 10:03 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 「2日目東京」

 朝ご飯は当然のビュッフェです。パンの種類が多いのとスクランブルエッグが美味しい以外はあんまり特記事項はないです。特に家内の食べた和食の品揃えは多少不満やったようで、朝食チケットだけで3,000円(+税サ)の価値はもう一つです。ただ、あのホテルの朝食付きで10,800円の価値は十分でした。女性の目からはアメニティもいいのがそろえてあって、クーポンの価値が解ります。出発は土産他を宅配に預けた後で通勤時間を多少は外して出ました。

 実はホテルを出るときからウ○コをもよおしてはいるんですが出ません。やっと蒲田駅出発後に出そうなんで大森駅でウ○コ(ブリストルスケール5程度)を出し切ってすっとしました。で、もう一度京浜東北線に乗って国鉄と銀座線と東武を乗り継いでとうきょうスカイツリー駅へ行きます。
 この駅に来た目的は「すみだ水族館」です。まず目につくのは熱帯魚の水槽

e0359590_21201465.jpg

で、きれいに管理がしてあって手ェの大きさほどのエンゼルがいました。クラゲを飛ばして、次にペンギンがいてちょうど朝食中

e0359590_21224883.jpg

でした。1羽づつ「○○ちゃん、鰯2匹です。」「はーい。」て言うふうに個体1羽ごとにチェックしていきます。たまに、「あっ!○○ちゃんがもう1匹!」て声がします。どうも横からもう1匹食べよったやつがいよるようです。個体の管理には、右手羽関節にいろんな色のタイラップを巻いて識別してるようです。金魚のフロアにはいろんなんが居ました


 見た後でもう1度東武に乗って浅草の浅草寺へ行くと外国人観光客を主とした観光客(東京へ来たら私らも観光客。)が多いです。その上に雷門の瓦の葺き替えで屋根が見えへんので提灯の銘板

e0359590_21260800.jpg

だけ撮っときました。ここでやっとここでスカイツリー

e0359590_21264242.jpg

が見えました。で、昼ご飯は鰻の昼食を食べました。ほんまもんの江戸前の鰻で美味しかったです。その後はまた乗り継いで九段下へ行きます。

 九段下からは歩いて今回の私の主目的靖国神社

e0359590_20165217.jpg

へ行きました。私の考え方としては「A級戦犯の合祀」には反対です。けど、その人らに「行け!」て言われて行かれた御祭神には罪はないです。それで日本人としては一度は参拝すべき神社と考えてました。やっと今回来れました。当然のように他の神社と違います。同期会の桜・パール判事の顕彰碑

e0359590_20152600.jpg

・特攻兵の方の像・軍馬軍犬の像がたってます。それと気がついたんは参拝の方が鳥居をくぐるごとに拝殿に頭を下げられる事です。神社の存在価値を考えると当然なんですがやっぱり特別な神社と思います。家内は「時間を掛けんといて。寄生虫博物館へ行きたい。」て言いますが、ここまで来て遊就館を見んと帰れませんので簡単に見ました。まずは、零式艦上戦闘機て大きいと思いました。他には有名なご祭神の写真と遺品遺書の展示室です。これだけの若い方が生きてられたらもっと復興は早かったでしょう。もしこの方々が生き返って来られたら、「いい国を作ってくれた!」と感激されるだけの生き方をしてきたかと反省しか有りません。最後は花嫁人形です。
 感想は「日本民族全員が参拝しなさい。我々はここまでして守るべき国に住んでいる!」と言いたいです。ただ、いまだに、諸外国から物資を止められた事で戦争になった事、戦死の美化、アジアの開放への功績の展示が多いことです。この3点は事実ではありますが、これを露骨に出す事には問題があると思います。特に中国大陸への派兵は完全に侵略と思いますし、侵略しておいて「・・・支那事変・・・国難に・・・捧げられた・・・。」はおかしいです。同時にA級戦犯が合祀されてるのも事実です。神社側がA級戦犯を合祀から外せないというなら、国有化して、A級戦犯を外して、戦没者慰霊の施設にして、赤い新聞から右翼呼ばわりされたり、諸外国から文句を言われることのない施設にすべきです。靖国神社は神道の施設で、千鳥ヶ淵は仏教施設ていう分け方もいいかもしれません。そうして英霊に頭を下げられる施設にすべきやと思います。
(問題のある記載ではありますが、日本での数の理論と社会通年ではほぼ仏教は国教というてもいいと思いますし、何度も書いてますが神道は土俗信仰であって宗教では無いというのが私の考え方です。)

 出たら最後の目的地目黒寄生虫館 へ行きます。渋谷で乗り換えて目黒駅から歩きますが、この15分が暑かったです。興味本位で行って申し訳ないですが、日本に住んでるとアニサキスを除いた寄生虫以外実感は無いですが、まだまだ寄生虫は世界にはびっこってるようです。しかし、ここは結構見学者が多いです。外国からの観光客の比率も多いです。帰りはあまりの暑さにちょうど来たバスで戻りました。

 これで予定はすべて完了ですし東京駅まで山手線に乗りました。着いたら余裕を十分足した時刻の指定席を確保してから、お土産と夕食(駅弁)買いました。指定を買うて正解で、自由席はほぼ満席のようです。実は、発車してからの車内案内が楽しみにしてた「いい日旅立ち」を聞けて感激です。帰りも輪郭だけですが富士山が見栄ました。富士山が見えると特急料金を20%値引きしてもらえたほどの感激があります。



[PR]
by ashita-doko-doko | 2017-07-09 21:40 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 伊勢丹で「10,800円で一流ホテルと一流旅館に泊まれるクーポン」を伊勢丹カード契約者に対して1日限定で売ってました。夏に高原に逃げるときに使うつもりで買うて、どこへ行こうかと涼しそうな契約施設はを探しましたけど決めかねました。そんなんで、前からいっぺん行きたいて言うてた横浜と浅草と靖国神社をたくらみまし。

 「1日目横浜」
 ちょっと早いですが1日十分に使おうと朝食抜きで0712の新幹線に乗ります。梅雨の最中ですが伊吹山も富士山も見えました。(どうでもいいですが、伊吹山が見えると5%値引き、富士山が見えると20%値引きで、合計25%引きしてもろたほどの感激です。)で、新横浜から乗り継いでまずはホテルへ行って荷物を預けます。1000やからお店も開いてるやろうと元町商店街へ行きますが、この地域の習慣なんか半分の店が開いてませんでした。ではと山側のクラフトさん街

e0359590_20165767.jpg

を見てからもう一度行きました。さすがに1030になると開いてたんで、下見をしてあった婦人靴屋さんへつきあいます。だいぶんと時間はかかりましたが気にいったんが有って、微調整までしてもろていいお店でした。次は外人墓地

e0359590_20211096.jpg

へ行きました。当然ですが外国人のお墓が並んでホーンテッドマンションみたいです。古そうなお墓は棺桶1個分ほど有りそうで、つまり土葬やったんでしょう。入り口の戸が開いてたんで入りましたが、帰りに見ると立ち入り禁止でした。よう考えたら大谷さんのお墓を歩いてる欧米人も「参拝者以外立ち入り禁止」でも入ってるんで似たようなもんでしょう。この前には気象台があって新館がきれいな打ちっ放し

e0359590_20153145.jpg

なんで見たら安藤忠雄さんの設計でした。下界へ戻るのはアメリカ公園からがエスカレーターを使えて楽でした。

 お昼ご飯は当然に中華街です。当然に中華屋さんのお店が多すぎるんで、どこへ行こうか考えます。昔は、「片言の人がやってる中華屋さんは美味しい。」て言いましたが、どこのお店もそれらしいしゃべり方(留学生?出稼ぎ?)の人が店の前に居るのでどこもランクが不明です。一応の飲茶屋さんを覚えておいてから、歩いて行くと広東飯店て有りました。地元の人の寄り合いに使われたり、昼食の会社員が出入りしてるんで一応のランクやろう入りました。 貝柱・イカの海鮮ソース炒めと、豚バラのやわらか煮を分けて食べました。正解でした。
 食事の後は山下公園(こういうモザイクの給水施設?

e0359590_20212597.jpg


e0359590_20212688.jpg

がありました。)、赤煉瓦館を歩きます。あるビルの屋上に京都に住んでると見ることも無い「F」の点滅してるネオンを見ました。途中に横浜税関の大きいビル

e0359590_20213185.jpg

が有りました。横浜赤レンガ倉庫では雑貨やら傘やらを見るて言うのでその間コーヒーを飲んでました。これで一応は思い残すことも無いので汽車道経由

e0359590_20534638.jpg

で横浜ランドマークホテルへ行きます。ビルの穴からホテルは見えてますが結構遠かったです。参考に横浜市のマンホール

e0359590_20524864.jpg

です。(参考に、吹田市は言わずと知れた太陽の塔です。)

 ホテルの部屋は広かったです。デラックスツインでバスルームには浴槽の他にシャワールームが有りました。これで朝食付きで税サ混み10,800円で泊まれる伊勢丹のチケットは安いです。夕食は隣のビルで牛タン定食と焼きホヤ一人前を2人で食べました。ホテルにあった優待券で合計600円引きやったんで、追加の焼きホヤは値引き分で食べられたわけです。そのビルの1Fには成城石井が有ったんでおやつを買うて宅配用に段ボールの箱をもろて部屋へ戻りました。
 部屋でゆっくりしてると台風が接近してるのか雨が降り始めました。それがやっぱり58階建てで推定標高約240mです。そんなんで雲かガスか雨かが横切ると窓の前が曇ります。せっかくレインボーブリジビューて言われてましたが見えませんし、目の前の観覧車の電飾も見えません。

e0359590_20172810.jpg

台風なんで両方とも消灯かと思いましたが、たまに見えるんで雲か雨で見えへんようになるようです。

e0359590_20172919.jpg

[PR]
by ashita-doko-doko | 2017-07-09 20:54 | お出かけ・旅 | Comments(0)

湖北の観音様へお参り。

 『お断り。当然のように文化財なんで撮影してません。よって、ネットから複製禁止と記載の無い素材をお借りしてます。当然のように注意事項が無い場合でも、無断でお借りするものではありません。そのため約1ヶ月を目途に消去いたします。以後はご自分で検索してください。
 また、即刻消去のご依頼がありましたら消去いたします。』

 26日家内の祖母の実家へ行きました。家内の母の葬儀参列へのお礼の訪問です。

 まずはお仏壇に昨日買うたお菓子をお供えして合掌します。そのあとお昼ご飯に特製ご飯抜きお弁当を頂きました。ご飯はこの家の自家製のお米の搗きたてです。+αのおかずは、刀豆の炊いたん、菜の花の辛し和え、九条ネギとイカのテッパイ(ヌタ)です。+αのおかずも自家製です。一緒に出てきたお沢庵3種盛りも自家製です。
 1時間半ほどの食事が終わってから「うちの軽の後をついて来てください。」て言われて予定通り観音さんの鑑賞に行きます。

 まずは小谷寺へ行きます。湖北で小谷城なんで、当然のように小谷城のある小谷山の下にあります。そんなんで浅井家も祈願のお参りに来たはったそうです。  このお寺には本尊「如意輪観音半跏思惟」

e0359590_23185306.jpg

ていう天平期らしい雰囲気の仏像が二重の御厨子に入ってられます。いつもは御開帳以外は公開してないらしいですが、小谷SIC開通記念の公開でご案内していただいたようです。他には馬に乗って繭と糸取りを持ったはる千手観音さんがおられて、さすがに楽器用の糸で有名な地域やなあと思います。ただ、心配なんはこのお寺を地元の人が管理されてるて言う事です。それで経費も無いんやと思いますが床も補強してあるらしく、段差もありますし傾いてたりします。

 次はこれでもかの旧高月町向源寺の十一面観音です。通常は「渡岸寺の十一面観音」て言われてますが、住職は「うちは向源寺です!」て怒らはるそうです。ここの観音さんは国宝で超有名ですが、収蔵庫に保管されてるので後ろからも見られます。「収蔵庫は補助金も出るし防火防犯の対策もできるが、信仰の対象が収蔵庫でいいのか?」というお寺もあるそうです。けど、鑑賞する立場としては真後

e0359590_23185226.jpg

も拝めるのは感激です。収蔵庫には大日如来さんもありますが威厳あるお姿はさすがにお見事です。

 最後は同じ旧高月町の「正妙寺」「西野薬師堂」です。ですがどっちも同じ敷地内です。まずは「正妙寺」には「十一面千手千足観音」

e0359590_23582829.jpg

があります。観音さんは普通は怒った顔やないんですがえらい怒ってはります。そこへ、文字通り足の横に18足(合計19足?)の足が並んでて、ほぼ唯一の存在やそうです。
 次は同敷地内の「西野薬師堂」ですが、「十一面観音」「薬師如来」

e0359590_23185348.png


さんがいやはります。薬師如来さんの雰囲気がなんかおかしいと思いました。在所の解説の方にお聞きすると、薬師如来やのに薬瓶が無いのと、右手に印が無いて聞いて、「それでか!」と思いました。十一面観音さんは燃えたかなんかで頭のお顔の大きさが体の割に小さいのと塗りが違いました。それとここで「中風に効く!」て言うお箸を売ってはりますので母用に1膳買いました。

 全部回った後は自家製アズキともち米を臼で搗いたお餅のおぜんざいをいただいて、もう一軒(続き柄忘れた。)にご挨拶に行った後長浜ICから高速で帰りました。ですが、引っ越しシーズンやら学校が休みやったりで名神は混んでました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2017-03-28 22:51 | お出かけ・旅 | Comments(0)

大阪散歩

 今日は京阪電車で大阪です。大阪歴史博物館である大学の130周年記念の展示


e0359590_22350250.jpg


をしてます。せっかく招待状をいただいたんで行こうとは考えてましたが、やっと終わる2日前にやっと行ってきました。


 本山さんていう方のコレクションやそうですがちょっと渋いです。銅鐸はともかく、埴輪に、儀式用?の石の棒です。ですけど、それはそれなりに新発見やらがあったそうです。1つ面白い展示物がありました。糞化石


e0359590_22350353.jpg


で、文字どおりの「うんこの化石」です。これは顕微鏡やらで見ると何を食べてたんか、寄生虫の感染の有無が解かるんやと思います。


 出ると適度な時刻なんで今日も超高級庶民向け料亭で昼食後ワイズを覗いてから三休橋筋を北へ歩いて、大阪東洋陶磁美術館で展示中の「朝鮮時代の水滴」を見に行きました。ついでに今日も国宝飛青磁を見せてもらいました。


 帰りは途中から京都までの定期券があって安いので阪急を使うつもりで梅田へ歩きます。今回初めて露天神(お初天神)


e0359590_22350391.jpg


へ行きました。「♪この世の名残、夜も名残・・・。」


e0359590_22350347.jpg


で有名です。「縁結びの絵馬」もあるそうですが、結果が「♪未来成仏疑いなき・・・。」の心中やのに縁結びていうのもいかがかと思います。実はもう一つ阪急を使う理由があります。村男Ⅲ世アクリルカラビナを先日紛失したんでかすかな希望を持って「忘れ物セ・・」に行きましたがありませんでした。


 特急に乗ったら熟睡をして起きたら河原町でした。大阪では歩いてたんと電車に乗ったら暑かったんとでTシャツやったんですが、地上へ上がると皆さんコートを着たはりました。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-11-13 23:25 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 今回2日目はただ走っただけなんで「Vol.1鳥取砂丘まで。」と「Vol.2湯村温泉と帰り。」の2部に分割しました。。


 1600台に到着して部屋へ行きますと化粧部屋まである広い部屋ですが、喫煙経験者の私(やめて30年!!)でも恐れ入る煙草臭(ある種の休憩施設のあの臭気!)です。これには家内が切れて「あまりに臭気がひどいんで部屋替えて!!!」て電話を(私が)して替えていただきました。狭いですが丁度の狭さで落ち着くし6Fになって景色はいいしで替えてもろて良かったです。
 落ち着いたら荒湯へ散歩です。荒湯の付近の石の上は温泉で熱いほどです。ここでゆっくりと足湯


e0359590_10095835.jpg


を楽しみました。「夢千代の像」より目についたんは川沿いにある手形とサインの金属板です。たとえば「あの有名な御存じ島田紳助さん」


e0359590_10095911.jpg


「ミスタータイガース掛布雅之氏」


e0359590_10095997.jpg


「中国は広島生まれゼンジー北京さん」


e0359590_10095957.jpg


らの皆さんがおられます。(人選は独断と偏見満載です。)その散歩への通路ですがPから道路へ出ず、山沿いに屋根付きの廊下があって別館に入って道路へ出られました。その途中には道路へ出る通路もあります。本館・別館で全く廊下などの雰囲気が違うので、元は別の旅館やったんかもしれません。
 けど、「その頃私はみんなで宴会場に居ました。トイレぐらいは行きましたが。」て言うて、この通路から出て殺人をやって戻って来れるて言うネタで「ナンチャラ殺人事件」をやったら面白いて思いました。


 部屋に戻ったら晩ご飯に備えて温泉です。浴室に入ると温泉臭がしましたが、ちょっと慣れると塩素臭が気になります。食事は「♪温泉7*00円・・・。」やからと思う内容のバイキングでした。ここには露天風呂もあるんですが93段の階段を登ります。


 さて16日朝です。0600になったとたんに93段の階段を登って露天風呂へ行きました。1人で入る露天風呂は快適です。朝食もバイキングですが朝の方が変化があって面白かったです。特に自分で焼く鰯はおいしかったです。燃料2個で10匹焼いて私は内6匹を食べました。


 さて帰りですが、初めは「三田のアウトレットへ行こうか?」て言うてましたが、子供が明日は仕事なんで、「それより道の駅でなんか見ながら早よ帰ろ。」て言う事になって、私の「餘部の新旧の橋見て出石(いずし)蕎麦食べて・・・。」の提案は却下されました。問題は経路で、この付近は京都からある意味僻地でバイパスと中国道を使うと多少は速いですが、距離も伸びるし通行料を払うほどは速くもないです。それより温泉の前をR9が通ってるんで、せっかくのR9を福地山へ走りました。
 この後は、ループ橋を走って、ようか「道の駅但馬蔵」でお土産買うて、福知山で一応昼食食べて、和知ICから高速に入って、丹波PAで仮眠して、晩のおかずを買うて帰りました。



 例の問題で今回のチェックアウト時には「昨日は申し訳ございませんでした。」て、言うていただきましたが、「いえ、こちらこそ素早い対応で感謝してます。」て返事しました。
 ただ、今回で思いましたが某湯〇リゾートのチェーンの「♪温泉7*00円・・・。」を年中統一価格「♪温泉8800円?」に値上げして設備を考え直されたらいかがでしょうか?安い宿泊費はうれしいですが、部屋のテーブルの角は削れてるし、襖の取っては無いし、他いろいろはいかがなものかと思います。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-09-17 12:13 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 今回2日目はただ走っただけなんで「Vol.1鳥取砂丘まで。」と「Vol.2湯村温泉と帰り。」の2部に分割しました。


 途中でなか卯?でも行くつもりで南ICまで走りましたが・・・。ゆうべから家内は胃が不快らしいので、7・11でおにぎりとパンを買うて、私が走ってる間に2人はおにぎりを食べて、西宮名塩SAでトイレへ行ってドライバー交代後に私がメンチカツサンドを食べました。が、メンチカツは電子レンジで暖めるべきやったんと、そもそもマヨネーズがこれでもかほど塗ってあって垂れそうで車輌内で食べるべき食品ではありませんでした。そんなしながら佐用JCから鳥取へ高速かバイパスか存在価値の不明な道路を走ります。そういう道を走って「道の駅清流茶屋かわはら」へ着きました。さすがに梨がたくさんあります。残念ながら行きしなからかさばるのもなんなんで、トイレとラクダのきてぃちゃんだけで帰りました。昼食を食べてから「鳥取砂丘」に行きます。お土産を買うかどうかは別にして無料看板の駐車場に停めて道路を渡ると当たり前の「鳥取砂丘」


e0359590_10095612.jpg


です。家内と上の子供は初めてで、「ほんまに砂漠(?)や!」て感激してます。ここでは有料でラクダに乗れますし、有料でラクダの写真も撮れます。たかがラクダで金掛かるのも嫌なんで、この距離


e0359590_10095761.jpg


で撮りました。入り口から1.5kmほど歩いて海のそばまで行きます。数日前の雨で砂は多少は固まってるんで歩きやすいですが、映画モロッコの解説「ハイヒール脱いで外人部隊を追いかけますね。サヨナラ、サヨナラ。」を思い出すような砂漠です。やっと日本海が見える丘の上に来たんで「海まで行こか?」てけしかけますが、「下った後登る気力無いわ。」て言うのでやめて戻ります。戻りしなの窪地に水がしみ込んで消えていくんで


e0359590_10095892.jpg


さかのぼっていくと15cmほどの幅の流れ


e0359590_10095833.jpg


になって、もっと行くと源流


e0359590_10095815.jpg


がありました。帰りにもラクダが見えますが風向きが変わったんかラクダ臭がします。2人はサンドミュージアムへ行きましたが私は執着が無いんでJAF会員証だけ貸して自前のコーヒーでゆっくりしました。


 この後は「新・旧餘部鉄橋見に行こう。あの高さと旧橋梁の鉄骨感激するで!」て誘いましたが、それより湯村温泉でゆっくりしたいらしいので直行しました。


 続きは、Vol.2「湯村温泉と帰り。」です。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-09-17 01:19 | お出かけ・旅 | Comments(0)

 何度か温泉に入って熟睡して、朝になってからまた入ってやっとチェックアウトです。


 今日は諏訪を昼過ぎには出たいので、美術館の鑑賞と八島ヶ原湿原で迷いましたが八島ヶ原はもっといい季節に行こうという結論になりました。で、駐車をさせてもらいまずは北沢美術館(設立30周年記念展示)、次にサンリツ美術館(目玉は国宝富士山)へ行きました。


 ホテルに「駐車させてもろておおきに。」て言うたついでに、お蕎麦のお店と地スーパーを教えてもろてからそのお蕎麦屋さんに行きました。もう一つ感激の無かった〇洲の手打ちそばの昼食後、地物食材とお土産の酒を買いに地スーパーの「いちやまマートへ」行きました。産直の地野菜他の食材で、手持ちの保冷ケースとレジ横の段ボール1個の量になった食材を積んで諏訪ICから入って帰りました。実は、昨夜熟睡したはずが眠たいんで、途中から家内に運転してもらい、気が付いたら恵那山トンネルを出て神坂PAでした。


 この先、小牧JC、一宮IC、八日市ICで渋滞して、まだ京都まで断続的に渋滞してるらしいので、竜王ICで下りて守山市のビッグボーイの夕食後琵琶湖大橋と走って帰りました。


 で、この旅行含め帰った翌日までの3日間片頭痛が出てません。


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-08-14 18:40 | お出かけ・旅 | Comments(0)