人気ブログランキング |

2019年 06月 11日 ( 1 )

不定期かもしれませんが診察ごとに載せます。」


 今月はさすがの抗CGPR抗体を体験しました。28日間で2回(14日に1回)マクサルト服用と、最後の投薬から4週間以上経ってますがまだ効力は続いてるようです。服用した2回は、1回は排便が無かったことと、もう1回は気圧の低下でした。ビールと自転車で出てないのは感激です。この出てない間にいい体を作りたいと思います。


『今日の診察の特記事項』
 コーディネータからの「4週間どうでしたか?」という質問で、「ビールと自転車を楽しんでます。」と言うと、「長い方でも6ヶ月で抗CGPR抗体の効果がなくなるので、油断しないでください。」「それと、怪我をされないで下さい。怪我をされても治験経過の報告事項です。」と言われました。

 主治医からは「今後も、急に回数が増えるまで、このまま予防薬(セレニカR・ミグシス)無しで様子を見ます。」と言われました。

 診察料は普段より安かったです。まだ治験の経過確認中なんで、一部の診療報酬が製薬会社の負担なんやろうと思います。それにマクサルトがまだ製薬会社負担で自己負担無しですし。


『今日の診察後の食事』

 今日からは治験の注射が無いので夜の診察にしてます。そんなんで終ったらそのまま帰りました。


『今日の診察のついで』
 出たついでは無しです。が、月曜日は耳鼻科へ行くので、頭痛の診察前に行きました。


『ここで疑問』

 抗CGPR抗体の効果は1ヶ月と言われてます。私は3ヶ月(3回)の治験終了からの1ヶ月間で2回出ました。まだ効果が続いてるような頭痛の回数です。長い方やと6ヶ月間効果が残るようです。と言うことは、「2ヶ月間投与して、その後2ヶ月間効果を享受する。」というスケジュールやったら、医療費は約48万円(保険診療で15万円。月間12,500円)なんで、手の届く範囲です。

 とはいうても、厚労省は「1ヶ月に1度やから、毎月投与でないと保険診療ではない。」て言うのとちゃうかと思います。


by ashita-doko-doko | 2019-06-11 17:03 | 頭痛 | Comments(0)