人気ブログランキング |

ワシの抗CGRP抗体治験日誌。 Vol.4 Mar.15.2019

『この記録は私の抗CGRP抗体治験の記録です。これから治験を受ける方や、偏頭痛の患者さんの参考になればと記録を残します。
読まれた方が治験を希望される受ける場合は、あなたの主治医と相談してください。
また、この問題について、私の個人名、主治医の所属する医療機関法人名、主治医の氏名等は質問されても回答はしません。』

1.関連の検査
 今日も注射前に検査があります。まずは診察券を出した途端に、尿検査の紙コップを頂きました。次は心電図の検査が減って、血圧測定の後で血液検査です。採血量は前回同様普通の検査用の小さい容器が10本ほどありました。私の細い血管で針を刺し直さんと10本分も採血できたのは看護師さんの技術のおかげです。

2.タブレットによるアンケートへの回答
 20件は有りそうなたくさんの項目のアンケートへ回答しました。今回も、自殺願望やら、自傷願望やらの項目も入ってました。この注射で精神状態がおかしなった人が居やはるんかもと思いましたが、コーディネータに質問すると片頭痛患者にはそこまでの心境になる方が居られるようでその確認やそうです。

3.注射
 1.2.が終わってやっと注射になりました。今回も当然のように主治医・看護師・コーディネータ・私(もっと当然!)らがホンマもんかタダの水か不明な注射を、いかにもホンマもんのように注射されました。ただ、今回は1本です。今回もやっぱり痛かったです。看護師さんから「チョット粘りがあるのと、筋肉内への注射の割に量が多いから痛いんでしょうね。」て聞きました。こんなけ痛い目に会うて、プラセボ(ウソ薬)やったらやっぱりイヤです。

4.注射後の経過観察
 今回も「1時間は医院内に居て下さい!」と言われました。今日も「十津川警部」を持って行ってよかったです。

by ashita-doko-doko | 2019-03-15 17:58 | 頭痛 | Comments(0)