人気ブログランキング |

Nov.17.2018 花脊~周山周回サイクリング。(Dec.04 追記。)

 今日も走ってきました。

 今日の目的というか目標は、花脊峠を押さんと登って、大布施春日神社のイチョウの紅葉を撮って、80km走ってくる事です。

 家を出て、アクエリを買うて北へと走ります。いつもみたいに深泥が池まで走ってきて、京都有数の劇坂を登ってみたい衝動に駆られて有名な劇坂を登ってみました。が、この標識前

e0359590_23052964.jpg

で断念して押しました。とは書きながら、押したら押したでクリートが滑りそうで不安です。その後は普通に市原から鞍馬街道を順調に走って鞍馬に着きました。駅ではトイレを借りて天狗(口の吹き出しにはを長くして待っています。」と書いてあります。)

e0359590_20311278.jpg

やら駅の写真を撮ってると、電車が着いてたくさんの観光客が降りてきやはりました。途端に駅前が自転車も押しにくいほど混みます。さて、ここから倒れへん程度に漕いでいきます。道の両側の植林帯ではたくさん倒木

e0359590_20373166.jpg

が放置してあります。そんなんを見ながらやっと百井分れに着きました。ここまでもそうですが、歩いて押そうとする毎に「写真を写す。」という大義名分で降りて休みます。距離はここまでの方が長いですが、坂はここからの方がきついしヘアピンカーブの内側は特にきついです。場所によってはいくつものガードレール

e0359590_01074850.jpg

の折り返しが木が倒れたことによって見えます。と、ここでも写真を写すのを理由に降りて休みます。その見えてる折り返しの後もういくつかのカーブを曲がって一度も押さんと花脊峠

e0359590_20453530.jpg

に着きました。参考に所要時間は山門前からバス停まで65分(Dec.04 追記・Oct.2004 にはGTのMTBで60分でした。)でした。今まで何度か登ってますが、最近の体力で押さんと登れるとMTBみたいなギアが着いてても嬉しいです。さすがにここまで来ると写真のように「11℃」と結構寒いです。ここに居ても水を飲む以外にすることもないので下り始めます。峠から別所集落までのコーナーの連続と、その後のガードレールのある川沿いの道を走って大布施の三叉路に着きました。農協駐車場には珍しくRoadie'sCafeさんていうクッキングカー

e0359590_18582998.jpg

が停まっててホットドリンクを売ったはります。350円とチョットお高くはありましたが、暖かいマシュマロトッピングの美味しいココアと自前のパンで昼食にします。場所は予定通りですけど、予想外のココアで美味しい昼食になりました。食べてる間に、その店主のオッチャンがDiscブレーキに食いついてきて自転車の話になりました。

店主「Discですね。」
ワシ「Discは下りで楽ですよ。」
店主「グラベルロードですか?」
ワシ「GTのグラベルロードも一応は考えましたけど、MTBも持ってますし止めました。」
店主「レバーを握っていいですか?」
ワシ「どうぞ。」
店主「効きそうですね。カンチはリムは汚れるし、効きは悪いし。」
ワシ「リムは汚れませんね。それに握力もあんまり要りません。」
店主「トムスクラフトで買わはったんですか。トムスがやってたバイクの店はどこへ行きました?」
ワシ「紫明通りにあったと思いますよ。今は何に乗ってはりますの?」
店主「ランドナーに乗ってます。先日自転車博物館でエルスの写真を写しました。」

ていうことで、タダのドリンク屋さんではありませんでした。他にホットドッグも売ってはって、お食事処は美山荘だけ(?)ていう地域では、マアマアお客さんは居るようです。
 ゆっくりした後は春日神社の「いちょうの大木」

e0359590_17103219.jpg

を見に行きましたが残念ながら散ってました。7-10日ほど遅かったようです。仕方なく一応こんな写真を写しだだけで周山へと走ります。

 いつものことですけどここからR477を走ります。緩い下りやし、2車線やし、車輌はマアマア少ないしで快適です。途中常照皇寺向かいの観光Pでトイレに行きました。けど、トイレの中に移動式仮設トイレがありました。下水の処理かなんかの理由なんでしょうけど使いにくかったです。話は変わりますけど、このトイレの横に栗の木が2本あって季節になるとたくさん栗が落ちます。以前いい時期に来たらみんなが拾てました。どっちにしても、R477も含めて鮎シーズン以外は使いやすいです。周山に着いたら「Keihoku Goudou chousha-mae」のバス停

e0359590_19064280.jpg

のベンチで自前の豆大福とステンボトルのコーヒーで休憩して、栗尾峠の登りへの鋭気を養います。バス停の前を単車やら自動車は走りますけど太陽も照って暖かいです。今日も栗尾峠はトンネルを通らずに峠を越えました。当然のように自転車と歩行者専用なんで深くは考えてないんでしょうけど倒木が残ってます。それに、路面には落ちた枝、落石、鹿の糞があるんで走りやすい場所を選んで登ります。ついに、峠直下では倒木で電柱

e0359590_09431976.jpg

までが倒れてました。快適に下った後は引きつけられるように「キャプテン」のラーメンを食べます。花脊でパンを食べて、周山で豆大福を食べても、ここへ来たらやっぱり「キャプテン」へ行ってしまいました。ラーメンを食べて暖まったら杉坂口まで疾走します。ここを左折したら京見峠を越えるのが普通ですが、微妙に80kmになりそうにありません。「今日は絶対に久しぶりに80km走って・・・。」ていう目的(目標?)があるんで持越峠へと走ります。白梅橋バス停から雲ヶ畑街道を走るとこの道でも木が倒れてます。一番酷かったのはU組作業所付近

e0359590_20134616.jpg

で、このとおりでした。この後は鴨川左岸から河原町通りに出て、家へ帰ったらめでたく80kmを越えました。

 頭痛は多少はあってもたいしたことが無いので安心してましたが、残念ながらちゃんと翌朝に発生しました。
 けど考えようによっては、「発生したかて210円の薬代だけやし、210円の負担増やったら遊べた方が楽しい!」も事実です。飲める頃は走った後で、「プハー!!」て言うてビールを飲んでたんで支出は似たようなもんですし。

Commented by 峠おやじ at 2018-11-18 22:52 x
まあ、このクッキングカー、ツールドフランスの山岳賞ジャージ、マイヨ・ブラン・ア・ポワ・ルージュ柄やないですか! だったらランドナーやエルスも頷けますね。

しかし晩秋の北山定番ラインですな。懐かしいわあ。
Commented by ashita-doko-doko at 2018-11-19 13:44
ココアを飲んでるときには何にも考えてなかったんです。ところが帰ってから写真を見たら、店名は「Roadie's・・・」やしなるほどと思いました。

それと、そう秋にはこのコースをと、走りましたけど、イチョウには遅かったです。もう10日は早いほうが良かったようです。
by ashita-doko-doko | 2018-11-18 22:05 | 自転車 | Comments(2)