車体アース板(静電結合)の制作.

 ダイヤモンドの製品で「マグネットアースシート」

e0359590_21234274.jpg


ていうのがあります。モービル運用やら自動車にバーチカルアンテナを建てたときに車体アースに使います。これが結構の価格で、あのAmazonでさえ2,450円です。走行中の文字通りモービル運用なら買いますが、バーチカルを立てた移動運用にはもったいないです。

 そこで私は、「どうせ、金属板が磁石で貼ってあるだけちゃうん!」と、これを自作

e0359590_21340745.jpg

してみました。
 金属の板は一応はなんでもいいので缶ビール350mlの空き缶を金ばさみで開き2枚をつなぎました。つなぎ方は塗装をペーパーで落として接着代とし、接着代に電導グリスを塗ってホッチキスで留めます。それに任意長のビニール皮膜電線を圧着端子で接続し、先に着けたワニ口でMコネをくわえてます。車体へは100均のマグネットで貼り付けてます。私はモービル運用をしませんので、それ以上の風対策は考えてません。
 私の記事にある「バーチカルアンテナ」はこのアース板を使用してます。使用結果はその記事を見てください。

 最後に、超高級車へのキズが心配な方や走行中の風が心配な方はオリジナル商品を購入してください。私は駐車しての移動運用に限定して作成しました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-09-17 18:36 | アマチュア無線 | Comments(0)