Jun.09.2018. 越畑・笠トンネル周回

 旧朽木村周回の60kmから元気に帰ってきたんですが、「もう1回60km行こか・・・。」と越畑ー笠トンネル周回を走ってきました。

 入口の鳥居本へは当たり前の金閣寺・福王子経由で行きます。鳥居本の伝建地区を予想以上に少ない観光客を見ながらゆっくり登ります。観光客はほぼ全員が欧米人です。平野屋さん前の愛宕神社一の鳥居前を左へ行きます。この先六丁峠手前では押しました。この峠の先はこれでもかのヘアピンの劇坂で川まで下ります。下った所に落合橋と落合トンネル

e0359590_21275012.jpg

があります。夜には行く気が起こりそうな場所ではありませんが、それだけに殺人事件の現場としてテレビドラマに出てきます。たいていがこの橋から落とされて欄干とかに指紋とかゲソ痕とかが付いてて、榊研究員とか大門刑事とか鶴丸検事とか副所長が解決させます。この先にも断崖の上に狭い道があって、斬られた武士やら渡世人が突き落とされるシーンに出てきますし、途中の旧保津峡駅(トロッコ保津峡駅)の吊り橋も映画に出てきます。この辺でウ〇コもよおしてきたんで保津峡駅

e0359590_21275126.jpg

に急ぎます。1人待って個室に入るとたくさん出ました。秘境駅のHPを見ると、都会にある秘境駅と紹介されてます。確かに京都市右京区ですが最短の水尾の集落まで3.8kmほど有ります。緩い坂を登っていきますと水尾に着きます。この地域は柚(京都ではゆうと発音。)の産地なんで「鳥の水炊き付きのゆず風呂」で有名で、私の現役中の知人は毎年新年会登山で愛宕に登って、ゆず風呂に入って、鳥の水炊きを食べるのを恒例にしてました。この集落から神明峠へのキツい登りが始まります。ここはなんとか歩かんと上がれました。この峠は亀岡と水尾の間の峠やと思います。それはなんでかと言うと、水尾から来て越畑へ行こうとすると、峠まで上がってきたのにまだ登ってます。結局次の集落である樒原の手前まで登り続けました。この集落から次の越畑までは棚田

e0359590_21541586.jpg

で有名です。この集落には「蕎麦の名店」が有ります。美味しいらしいですが、ここまで来る価値は理解できません。が、そんなこと言うと東吉野村のよしの庵さんも、綾部市の四百年屋さんも、開田高原のふもとやさんも存在価値が無くなります。ここの坂を下るとため池「廻り田池」で南丹市

e0359590_21541818.jpg

に入ります。南丹市にはいったとたんに2車線になって、道がいいていうのは朽木の逆です。写真を撮ろうと携帯を出すと電話が入ってました。(前のauやったら入ってません。)電話を終わって見るとため池

e0359590_21541926.jpg

は満水状態でした。  

 最近の体調としては十分走ったんで、帰りの準備として笠トンネル入口の京北町細野へ走ります。途中まで植林した杉林が両側に続く1車線の道を行きます。夜に小さめの車輌でスポーツ走行をすると面白い道です。家から小さいパン2個とバナナ1本を持ち出して食べましたが、当然足りひんので昼食に予定してたラーメンのキャプテン10年ぶりぐらいに行きました。このお店は「イノシシラーメン」で有名で、ジビエていう単語が流行る前からジビエがカンバンのお店です。このお店も自転車のお客さんも多いらしくバイクスタンドが出来てて、ありがたく使わせていただきました。さて、この先のトンネルから杉坂口の信号までダンプも走る国道で乗用車も速いです。そんなんで入口で後続車が無いことを確認してから思いくそ走りました。杉坂口まで帰ってきたら残るは杉坂の集落から京見峠を残すだけです。さすがに杉坂の集落には園芸用と思える「台杉」

e0359590_16215784.jpg

が育ててあります。今日は休憩のついでに道風神社

e0359590_16204904.jpg

参拝して字の上達(象形文字がチョットでもマシになるように?!)をお願いしました。参拝後もうあかんとゆっくり走って、京見峠からから下りは今日もバイパスを走りました。

 実はこのGiantを買うてから行ってないのでトムスへ寄って、「このGiantは北嶋店長に始めて組んで貰いましたが、きれいに組んであるのと、サドルの高さが私の身長に丁度でした。」て言うてから帰りました。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-06-10 16:26 | 自転車 | Comments(0)