人気ブログランキング |

元号(年号)はいつまで使うつもり?

 日本には年号(元号とも書きますが、以後年号と表記しますが有ります。特に明治維新後は歴代の天皇陛下が即位されると年号が代わってきました。けど平成の陛下はお隠れになるまでに平成が終わります。そうすると年号への執着は、昭和までの執着ほどではないような気がします。

 これを機会に、健保も、銀行も、各請回収も、西暦に統一してはどうでしょうね。そうすると年号が変わる度のソフトの変更も不要やし、疾病とか寿命とかのデータも取りやすいですし、計算も簡単やと思います。身近な所では運転免許の有効期間もまたがると計算がややこしいです。当然、卒業証書とか、議会の議事録とか裁判所の判決等の表記なんかは併記をしたらいいんです。

 私も会社で西暦に統一されてましたが、昭和の時には絶対に昭和を併記し続けてました。けど、来年で平成も終わりますし、大変失礼ながら浩宮様のお年を考えるとまた約30年が一応の区切りのような気がしますし、その次の陛下に秋篠宮様がなられたら数年で終わりです。

 そろそろ、「西暦を基準にして、年号は併記。」にするべきと思いますが、いかがでしょうか?

 皇太子様と秋篠宮様の寿命に対する記載は問題のある記載ですが、単に日本人の男性の平均寿命を考えての記載です。天皇家の弥栄と皆さまの長寿をお祈り申し上げる気持ちに変わりはありません。

Commented by 峠おやじ at 2019-04-01 22:01 x
さすが、ご慧眼です。
半月前にすでに問題提起してらっしゃったですね。

私ゃ、折あしく母が転んだとか痛いとか卒寿とか
大騒ぎしてたので食いつけませんでした。
Commented by ashita-doko-doko at 2019-04-02 13:12
 平成の時はなんとも思いませんでしたが、今回の改元はそう思います。
 大きい理由は、昭和が長かったことと、御隠れになって考える余裕が無かったことです。
 今回は全くその逆なんで改元のデメリットが目立ちます。

 最後に、この文書の日付は去年の3月です。弟宮さまとの年齢差から、この文書を思いつきました。
by ashita-doko-doko | 2018-03-16 17:51 | 社会・政治 | Comments(2)