お正月にも、働き方改革か?

 スーパーとかパン屋さんやらで、お正月は休みとか3日から開ける店増えたような気がします。事実、ニュース番組を見てても増えたようです。レトルトやら冷凍食品もある時代に元旦から開店しておく必要性が有るんやろうかと思います。それに、昔はその用意も含めての正月のお重(お煮染め・おせち)やったんやと思います。

 コンビニのように空いてて当然のお店でも、地域で交代とか業界内での輪番とか臨時で休業してもいいのではと思います。オイルショックの時代のガソリンスタンドは、事実そうしていました。
 コンビニの終夜営業は防犯の役目もありますけど、それやったらタクシーの休憩場所に指定して、最低限の休業時専用の自販機と防犯通報機(警察・救急直通)を置いたらどうでしょう。

 空いてるお店やら輪番店はネットかPCで見たらいいんですし、お店の前に当月・翌月の夜間・終日閉店日を掲示しといてもいいでしょう。

 運送業も交代で休んだらいいと思います。何十年も昔は正月から荷物は来ませんでした。テレビ等報道機関・交通機関・神社とお寺やら特殊な業界以外は休んだらいいんです。

[PR]
by ashita-doko-doko | 2018-01-05 21:33 | 社会・政治 | Comments(0)