まだ千本日活があった。

  頭痛の通院の帰りに、 「マリヤ」ていう喫茶店のおぜんざいを食べたいていう衝動に駆られて探してる途中に、千本通りの裏を走って「千本日活」の前を通りました。まだ営業をしてたんかと驚きました。


  昔からHな映画専門やったと思います。ご近所には「千中ミュージック」ていうミュージック?のお店もありました。それ以前は水上勉さんの小説「五番町夕霧楼」にも出てくる遊郭があったそうです。


  肝心の、「マリヤ」ですが場所が思い出せません。父が笹屋町に努めてた時代なんで思い出せんで当然なんですが。


e0359590_10093809.jpg


(参考に、それらしい場所には黒塗りが入ってました。)


 ところで、DXな某ミュージック?のお店ではカラーコピーを舞台に置いて、お客さんに魚拓みたいなコピーを配ってた(売ってた?)て聞いてます。コピーのメーカーは言えません。記憶は棺おけに持って行きます。(ちょっと、大げさでした?)


[PR]
by ashita-doko-doko | 2016-06-19 10:05 | 京都観光 | Comments(0)