人気ブログランキング |

「入山届」はどうやって出すの?

 「入山届け」はメジャーな山のメジャーな登山口や駅には必ずあるはずです。そこで書いてそこのポストに入れてください。


 で、すんだら「どうやって出すのか?」の講釈は不要です。出せへん場合があって、出せへんから、出す方法を書かんとあかんのです。私も思い出すと、家族で行った「畳平からの乗鞍剣が峰往復」「栂池自然園一周」「白馬大雪渓散策」は出してませんでした。(そんなとこで出さんでええやんと思う方は起きそうな事故を考えてみてください。)


『ポストはあっても、ポストに用紙が無い。』
 無いことは多いです。以前、鈴鹿の霊仙山へ登るのに醒ヶ井駅で出そうとしたら用紙が無いので、裏に氏名・家の電話・下山ルートを書いておきました。記憶では書いてあったのは数人なんでバス1台分弱の登山者は書いてないことになります。今は、その用意に家で入力した任意フォーム等を2枚出力して、1枚は無いときの用意に、1枚は意識が無いときに連絡先がわかるように持ってます。もうひとつ、用紙の補充が無いということは、回収にも来てないのかも知れません。そんなときはやっぱり結果的に事前に送っ方が確実でしょう。


『ポストはあるが、ある理由でなぜか出せない。』
 混んでたり、筆記用具が不足してる場合もあります。私の経験では、雨で濡れて書けないということもありました。筆記用具の手持ちが無いのは問題外ですが、この場合も家で出力した入山届をポストに入れたらいいんです。(警察によってはHPにフォームは問わないと書いてあります。)他に、駅で出そうとしたらバスに乗れへんとか、座れへんとか、トイレが・・・の場合もこの方法は使えます。


『マイナーすぎてポストが無い。』
 京都の北山のバス停とか福井県の林道にはそんな気の利いたモノは元来存在しません。そんなときは、事前に各警察のHPの「入山届」に入力します。現地へ行ってからポストが無かったら現地から携帯・スマホで入力をします。他に出す方法は、ほとんどの各警察が郵送の受付もしてますので、確実に行く場合は事前に送付したらいいでしょう。(追記・日本山岳協会では警察署・交番・駐在所での提出も薦めてます。)
 それと、場所が不明て言う場合があります。比良の「生き物の里(2014年3月末で閉鎖)」「げんき村」は中まで行かんと書けません。せめて土日だけでも駅とバス停に「ここで提出してください。」の看板を立てるか、長野県の観光地のように「ここからは登山の領域です。正しい装備で、カードを提出して登ってください。」と登山口に表示すべきでしょう。


『個人情報が漏れそう。』(追記)
 ネットのニュースか出典は忘れましたが、そういう理由(言い訳?)も存在するようです。そういう場合も各警察本部のHPで入力すれば、一般人の目に触れることはないです。しかし、考えましょう。出さんと登って行方不明になったら報道機関の餌食ですよ。警察と自治体に情報が漏れるほうが数段マシやと思いますけどォ。


 それでも、出せへん時にはどうするか。その場合は同居人か勤務先の人に「この山に行くけど、・・・日までに帰えらへんかったらこの計画書を・・・警察に送ってね。」と伝えておいたらいいんです。


by ashita-doko-doko | 2014-10-01 16:34 | 登山 | Comments(0)