家の近所のホームドクターで「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」と「腹部超音波検査(腹部エコー)」の検査を受けました。

 10年ほど前のドックで「迷乳膵」を指摘されました。それまでは胃の検査はドックでのX線撮影だけでしたが、そのときを機会に年1回(一応1-2月頃)の「上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)」を年間スケジュールに入れてました。けど、当時の仕事が多忙で「まぁ、チョット遅れても。」と思いながらことしふゆ「腹透視健保組合の検診を受けてましたが、。  今年の3月07日で再雇用も終わって任意継続になりました。  あと2年で健保組合の補助での検診は終わりです。  ということで、  今年から「腹部超音波検査(腹部エコー)」の  も一緒にお願いすることにしました。



岡目     受けられますが、会shの医院でようh    山科から越える。

今日も自転車を三条京阪に置いておく\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ まずは「椥辻駅まで    乗って。」  西へ歩く。鳥居のある入り口までは距離があった。





予定通り「薬力社」に着いた。この後眼力社て着いてから十字路デ



[PR]
# by ashita-doko-doko | 2017-07-02 22:06 | 健康 | Comments(0)

 日本に「リース」ていう金融方法?(というか導入方法?)が入ってもう50年になります。ですが、果たして、「リース」がどこまで理解されてるかが不明です。

 何年か前に見たニュースですが、
 電話機を買わされた商店主が商売を辞めようと電話機業者へ電話をしたら、「当社とお客様は直接契約してません。リース会社に連絡してください。」と言われた。そこでリース会社に連絡して、「商売を辞めるんで、解約したい。」と言うと「リース契約は解約できません。」という対応で、悪徳業者にだまされた。
 ていう内容です。商店主が消費者団体(事業主が消費者かという疑問もあるんですが・・・。)に問い合わせて、テレビ局がニュースにしたようです。

 このまま読むと電話業者が悪者のようですが、商店主も一般消費者や無いんやから「リース」は知っておこうねとも思いますし。マスコミもリース契約ていうのは(現役を外れて長いので不正確を謝罪・・・。)
1.契約時に期間を決めるので途中解約は不可能。(どうしてもの場合は残額支払い。)
2.減価償却期間のある資産だけ。消耗品とか土地は不可能。(上物の建物は可能。)
3.レンタル業者のように短期間はできません。その代わり2.の条件で何でも可能。
4.自社所有の固定資産を売って、リースで借りる事も可能。(リースバックという。終了後はリース会社から買い取れる。)
という事ぐらいは知っておこうねと、思います

 私も入社当時(40年前?)にコピーの見積もり時に
お客さん「レンタルやったら解約できるか?」
営業  「リースは解約できません!!」
お客さん「リースやのに保守料がなんで必要?」
営業  「リースは金融です!!導入方法であって、当社もリース会社もレンタル業者ではありません。」
 とかの会話が昭和末期までありました。

 今でも、金融業(貸金業者)の看板に「○○リース」て書いてあったり、不動産屋さんの前に「土地もリース」て書いてあると、私の知識が古いのか、レンタルて言うよりリースの方が格好いい言い方なんか迷うこの頃です。

[PR]
# by ashita-doko-doko | 2017-06-26 22:40 | Comments(0)

 郵便貯金は解約しょうかと思います。出金するのに手間と時間が掛かります。子供の授業料を振込み票を見せて出そうとする時に、「委任状を持ってこい。」て言います。母が年で代わりに出そうとすると、本人連れて来いて言います。私の金を出す時も金額によっては「免許証の番号を控える。」て言います。叔母の葬儀代金の振替えに言ったときも、「用途をお聞かせください。」て言いよりますので、「普通の人は公益社に結婚式費用を払わへんと思いますけど、そないにマニュアルて大事ですか。」て言うてやりました。(というより、公益社からの振替え票で依頼してるんやから、端末たたい調べてねて言いたいです。)

 今回は死んだ叔母の口座の確認時に「相続代表者本人(90歳の母)を連れて来い。」て言うんで連れて行きましたが、老人をさんざん待たせた上に金融商品の宣伝に来よります。衝動的に、
「90歳の老人を連れてこいて言うておきながら待たせるな!配慮は無いのか?」
「待たせた上に金融商品の宣伝はやめろ!」
「相続関連の担当が少ないんやったら予約制にしろ!!!」
と吠えてしまいました。母は「かっこわるいけど、早いこと済んでよかった。」て言うてました。

 現実に盗んだ通帳から盗むやつもいるし、他の遺族が気づいてない間に遺産を持って行くやつもいるやろう。けど、何があっても本人連れてこいは無いやろうと思います。「あそこまで行ったら嫌がらせ!」ですわ。

 広義の意味での金融て言うのは、ある程度のリスクを容認するから便利なんです。日本円は盗まれたら再発行不可能やけど外国行っても電気のない場所でも使えるし、ほんまは怖いけどキャッシュカードで夜中にコンビニでお金出すのは便利やし、クレジットカードはサインをマネされたら困るけど一点物でも衝動買いできるし、衝動買いも売り上げの内やし。経営が順調やったら設備をリースで導入して、経費で使こて償却の手間も無いんです。

 通常貯金と定額貯金合計で健康保険何年分かになります。解約して支払うて、「0円」になったらおつきあいはやめます。

[PR]
# by ashita-doko-doko | 2017-06-26 10:23 | くらし | Comments(0)

 富士ゼロックスの利益水増しがニュースになってました。続きに、富士フイルムが経理・監査部門を統合するようです。

 まずはそれほど複写機業界は問題を抱えてました。コピーは売れへん、保守のカウンター料金は値切られるし、紙はネット、トナーもネットかトナー込みでの保守料金、小規模事務所はインクジェットのコピー兼用プリンターを買う。そんならと、パソコンやらソフトを売っても、仕入れでは利益はもう一つやし、ハードの価格は量販店と比較(本当はパーソナル用とビジネス用は別物。)されるし、一緒に複合機売ったらいいけど売り急いで安いプリンター売るしで本業には効果が薄いしの状態でした。それでも売り上げ至上主義は継続してるし、かというて無茶したらブラック言われるし、どやしつけたらパワハラて言われるしの結果、私のいたRJも約5年前に目標8000人やったかいなの指名解雇がありました。
 私は、その何年か前に運輸部門に出向になり、そのまま本業の部門に戻らず他の部門(これを書くと本人が特定されますか?)に移りました。いい(?)時期に「1抜けた!(京都市しか通じひんかも・・・。)」できました。

 以前聞きましたが、富士フイルムはデジタルカメラがはやり出すと「フィルム」が売れず、富士ゼロックスの荷物やったそうです。当時は、「なんで関連会社に助けてもらうのか?」ていうプライドもあったんかもしれません。今やから言えますがどんな業界も永久に儲かるはずは無いんやからその時の統合の仕方が不十分やったんでしょうね。

[PR]
# by ashita-doko-doko | 2017-06-26 10:01 | 社会・政治 | Comments(0)

木枯らし紋次郎。

 BSジャパンで「木枯らし紋次郎」を放送してます。何十年も前の番組なんでたいした写りと違います。けど、今日は扇千景さんと二木てるみさんが出てはりました。

そのほかに目が行くのが撮影してる場所です。今日の二木てるみさんが襲われる道は「石榑峠」みたいです。あの白砂の道は舗装前の「石榑峠」の道です。他には湖南アルプス登山口の堂山へ上がってる谷の入り口のようです。(か、鎧ダムかもしれません。)
 他に、タイトルバックに出てくるヘアピンカーブが2つ続くダートは、一度は走ってみたい衝動に駆られる道(林道)です。

[PR]
# by ashita-doko-doko | 2017-06-23 19:56 | 日記・その他 | Comments(2)